レーザー脱毛器「ライトシェアデュエット」を徹底解析!

2019.01.11
Pocket

脱毛クリニックの脱毛機器の中で、ライトシェアデュエットは日本トップクラスのシェアを誇ります。ライトシェアデュエットはダイオードレーザーを使用した脱毛機器ですが、どのような特徴や脱毛効果があるのでしょうか?
これからレーザー脱毛を受けたい方は、脱毛クリニック選びの参考にしてみてください。

ライトシェアデュエットの特徴とメリット

ライトシェアデュエットは高い普及率もあり、「アリシアクリニック」や「リゼクリニック」といった、大手の脱毛クリニックに導入されています。
このように、数多くの利用者がいるライトシェアデュエットには、以下のような特徴とメリットがあります。

一度に広範囲の施術が可能

従来のレーザー脱毛は照射範囲が狭く、位置をずらしながら何度も施術をする必要がありました。しかし、ライトシェアデュエットは「HSハンドピース」という大型のヘッドがあり、一度に広範囲の施術が可能になります。

どれくらい大きいかというと、従来型の小型ヘッドでは直径約2cmの円形のものが、HSハンドピースなら2.2cm×3.5cmの長方形と、面積はおよそ3倍以上です。腕や脚といった部位に使用することで、ほかの脱毛機器よりもスピーディーに施術が終了します。

また、円形では隙間ができやすく、レーザーの照射漏れ(打ち漏れ)が起こりやすくなります。一方、長方形なら隙間ができないので、照射漏れを起こす可能性が低くなるのです。

痛みが少ない

「レーザー脱毛=痛い」というイメージが一般的でしたが、ライトシェアデュエットなら、痛くないレーザー脱毛が可能です。それは「HSハンドピース」に秘密があります。

HSハンドピースには、「皮膚を吸引して照射する」という機能があり、集中的にレーザーを照射できるので、レーザーの出力を弱くしても脱毛効果を得ることが可能です。つまり、出力を下げることで、照射時の熱や痛みが軽減されるので、痛みが少ないレーザー脱毛が実現したのです。

また、吸引することで肌とヘッドの間が「真空状態」になるため、それによって痛みを感じにくくするという相乗効果も期待できます。
ただし、痛みが少ないだけで「無痛ではない」ので、痛みに極端に弱い方は痛いと感じることもあるので注意が必要です。

冷却ジェルの必要なし

通常、脱毛の施術では毛のメラニン色素に熱を与えるため、火傷のリスクを下げるために、「冷却ジェル」による肌の冷却が行われています。しかし、ライトシェアデュエットは「冷却ガス」を肌に吹きかける方式のため、ジェルを塗る必要がありません。

肌に直接ジェルを塗られる不快感や、急激な冷却による体温の低下といった、冷却にまつわるデメリットを回避できます。

肌が黒くても施術可能

ダイオードレーザーの波長はレーザーの中で最も長いため、肌の表面にあるメラニン色素に反応しにくいという特徴があります。そのため、日焼けしてメラニン色素が多い肌でもレーザーの影響が及ぶことがなく、肌トラブルのリスクを軽減することが可能です。

ライトシェアデュエットの脱毛効果とは?

ライトシェアデュエットは独自の吸引技術により、レーザーをより効率的、かつ集中的に照射することができます。使用するダイオードレーザーは波長が長く、奥深くにある毛根にしっかり作用するため、痛みが少ないのに高い脱毛効果が期待できるのです。

また、特筆すべき点といえるのは、「産毛や細い毛にも効果が期待できる」ことでしょう。

脱毛は本来、太く濃い「メラニン色素が多い毛」の方がより多くの熱ダメージを与えられます。しかし、産毛や細い毛はメラニン色素が少なく、照射をしても脱毛効果が出にくいとされていたのです。

ライトシェアデュエットは毛の状態に対し、出力設定を細かく調整できるので、産毛や細い毛でも脱毛効果を発揮します。また、吸引することでレーザーのパワーを効率よく与えられることも、産毛に対応できる大きな理由です。

ライトシェアデュエットが向いている人・向かない人

ライトシェアデュエットが向いている方は、以下のような条件にあてはまります。

・痛いのは嫌だけどレーザー脱毛をしたい
・全身脱毛をよりスピーディーに終わらせたい
・冷却ジェルを塗られるのが苦手
・産毛も脱毛して完璧なツルツル肌にしたい

一方、ライトシェアデュエットにもデメリットがあり、人によってはこの機種が向かない人も存在します。

レーザーの種類によっては、脱毛効果に加え「美肌効果」が期待できるものもあります。それが「アレキサンドライトレーザー」で、シミやほくろが薄くなる、毛穴の引き締めといった美肌効果が特徴です。ダイオードレーザーよりも波長が短く、肌の表皮に近いメラニン色素に反応することで、このような美肌効果を発揮します。

しかし、ダイオードレーザーは波長が長いことから、表皮へのレーザー効果が弱くなるのです。まったく効果がないとはいえませんが、美肌効果を求める方にとって、満足いく結果は得られないといえるでしょう。

まとめ

ライトシェアデュエットの特徴と脱毛効果について、お分かりいただけましたか?
吸引方式や冷却ガスといった数々の工夫により、レーザー脱毛は痛いという概念を覆す大きなきっかけになったといえます。

しかし、美肌効果を求める場合だけは、ライトシェアデュエットでは不足するというデメリットがあります。脱毛だけを集中的に行う方こそ、ライトシェアデュエットはぴったりの脱毛機器といえるでしょう。