家庭用脱毛器「Need」とは!?その機能を解説します!

2019.03.27
Pocket

高機能な家庭用脱毛器である、「Need」という機種をご存知ですか?

本体価格が約20万円となり家庭用脱毛器としては高額でありますが、新しい脱毛技術のSHR方式ができる唯一の家庭用脱毛器という特徴を持っています。あまり広まっていない脱毛器だからこそ、どのような効果があるのか気になる方も多いでしょう。

今回は、Needの機能や脱毛効果、メリット・デメリット、カートリッジの種類について解説します。

Needの仕組みと脱毛効果

Needは「Need式フラッシュ」という独自の照射方法を利用した脱毛器で、サロンでも使用されているプロ仕様の家庭用脱毛器です。

Needの脱毛の仕組みは、毛が生える司令塔である「バルジ領域」に熱を与え、毛が生える機能を弱らせる「SHR方式(蓄熱式脱毛)」という脱毛方法です。従来の脱毛方法は、毛のメラニン色素に反応する光を照射し、毛根周辺に熱ダメージを発生させて毛の再生力を弱めます。

一方、SHR方式はメラニン色素に反応せず、バルジ領域だけに体温程度の熱でダメージを与えて毛が生えることを抑制(制毛)します。照射時の熱が従来の方法よりも低いため、痛みや火傷といったリスクがほとんど起こらないのはSHR方式ならではの特長です。

Needのメリット・デメリットとは?

家庭用脱毛器で唯一のSHR方式脱毛ができるNeedですが、次のようなメリットとデメリットがあります。決して安い買い物ではないので、特性をきちんと把握しておくことが大切です。

Needのメリット

Needは家庭用脱毛器の中でも高い脱毛効果が魅力ですが、それ以外にも次のようなメリットがあります。

・毛周期に関係なく脱毛できる
・日に焼けた肌でも照射可能
・カートリッジを使用するとさまざまな美容ケアができる
・照射範囲が広いのでスピーディーに脱毛できる
・照射レベルを1~10段階で調節可能

SHR方式であるNeedは、毛が生えていない状態でも脱毛効果が得られるため、毛周期に合わせなくても照射ができるというメリットがあります。

毛周期とは、毛が生え変わるサイクルのことで、従来型の脱毛だと毛が生えているタイミングに合わせて施術する必要があります。

しかし、SHR方式はバルジ領域に熱を与えるため、毛が抜けているときや、メラニン色素がない白髪でも変わらない脱毛効果が期待できるのです。
また、従来の脱毛方法では、日焼けでメラニン色素が増えた肌は火傷のリスクがありますが、SHR方式なら肌の色も問わずに照射ができます。

照射範囲も広いのでスピーディーに照射が完了する上に、照射レベルを自由に設定できるので、部位に合わせてより効果的な脱毛ができるでしょう。

Needのデメリット

Needのデメリットといえる点は、次の3つがあります。

・家庭用脱毛器で本体価格が最も高い
・ジェルとカートリッジの費用がかかる
・照射可能回数が少ない
・返金保証がない

約20万円という価格は、サロンやクリニックでの脱毛も検討できる金額です。
自宅で気軽に脱毛できるメリットがありますが、簡単には手が出せないのはデメリットといえるでしょう。
また、照射時にジェルを塗る必要があり、カートリッジも消耗品なので、その分の費用もかかることを心得ておかなければなりません。

家電量販店で販売している家庭用脱毛器は約30万回 できる商品もありますが、それに対して、Needは照射できる回数が5,000~6,000回と、かなり少ないことが分かるでしょう。
また、通販で販売している家庭用脱毛器の多くは返金保証制度がありますが、Needにはその制度が備わっていないのはデメリットといえます。

Needのカートリッジの種類とは?

メリットの項目でも触れていますが、Needはカートリッジを変えることで異なる効果が得られるのが特長です。

1つは脱毛する上で必須となる「EPI用カートリッジ」、2つ目はシミ、シワ、乾燥肌の改善といった美肌効果がある「SKIN用カートリッジ」です。

SKIN用カートリッジは、5連射フラッシュ方式により、肌のハリやシワやシミの改善、バストアップといった美容効果が期待できます。他社の光脱毛の家庭用脱毛器でも美肌効果がありますが、バストアップまでできるのはNeedならではの魅力でしょう。

カートリッジを購入した場合、価格は両方とも約15,000円 です。カートリッジの寿命が短い上に本体価格も高いので、脱毛するだけと考えると高いと感じてしまいます。ただし、脱毛と美容効果も両方欲しい、という方はNeedを選ぶのも1つの方法でしょう。

まとめ

家庭用脱毛器のNeedについて、お分かりいただけましたか?
約20万円という高額な理由は、最新式の脱毛方法であるSHR方式を採用していることも、少なからず影響しているのでしょう。

痛みや火傷のリスクがなく、毛周期も関係ないという点はNeedならではのメリットです。また、脱毛だけでなくバストアップまで期待できるのは大きなメリットでしょう。

ただし、価格がネックになったり、照射可能回数が少なかったりというデメリットがあるので、他の機種としっかり比較してから購入することをおすすめします。