脱毛に使う医療用レーザーにも種類があった!それぞれどう違うの?

2018.05.08
Pocket

医療用レーザーを用いた脱毛を美容クリニックが提供していますが、クリニックによって価格帯が大きく異なることがあります。これは使用する医療用レーザーの機種などによっても変わることが理由の一つとして挙げられます。では、脱毛に使用する医療用レーザーってどのくらいの種類があるのでしょうか。また、それらの特徴なども調べてみました。

医療用レーザーと脱毛のメカニズム

医療用レーザーとは、レーザー光を用いて医療現場での治療・施術を行うことができる医療機器です。主に、歯医者や眼科、皮膚科などで用いられる機会が多いのが特徴的です。

どんなメカニズムで脱毛するの?

医療用レーザーも、脱毛サロンで導入されている光脱毛と同様、特定の色や何らかの物質などに作用する波長の光を照射することで治療を行います。
脱毛の場合は、黒(メラニン色素)に反応して熱エネルギーを発生させる波長のレーザー光を照射することによって、毛根の細胞組織を破壊し、毛を抜けやすくする処理を行います。
レーザー光の場合、細胞組織を破壊するまでの行為が一連の流れで出来るので、永久脱毛に近い効果が得られます。

医療用レーザーのメリットとデメリット

医療用レーザーのメリットは、「メラニン色素にのみ反応する波長のレーザー光」を照射するため、周辺の皮膚にダメージを与えることはありません。また、先ほども触れましたが、医療用レーザーによる脱毛処理で、ほぼ「永久脱毛」と同じ効果が得られます。施術ができるのは、医師や医師の指示を受けた看護師のみですので、安全に脱毛をしてもらえます。

デメリットに関しては、肌の色やほくろ、あざがある部位の脱毛ができないことが挙げられます。中でも、肌に含まれたメラニン色素にレーザー光が反応してやけどのような症状を引き起こしてしまう可能性がありますし、レーザー照射後の肌に感染症が起こることも考えられます。

痛みがあると聞いたけれど…

レーザー脱毛は、ピンポイントでレーザー光を照射します。面で照射する光脱毛とは異なり、光エネルギーが1カ所に集中するため痛みを感じることがあります。「輪ゴムではじかれたような痛み」と表現されることがありますが、照射部位によってはやけどのような皮膚症状が起こることもあるので注意が必要です。美容クリニックによっては、施術中の痛みを和らげる麻酔クリームを塗布してくれるほか、施術後に服用できる鎮痛剤を処方してくれることもあります。

医療用レーザーの種類とその特徴

脱毛ができる医療用レーザーは主に6種類。それぞれに長所と短所があります。

①YAGレーザー

美容外科が導入している一般的な医療用レーザー機器。日焼けした肌や、濃くて太い男性のむだ毛の脱毛などにも適しています。

②ロングパルスYAGレーザー

血管腫等の皮膚症状の治療に使われます。赤色に反応しやすい波長で、より深いところまでレーザーが届きやすい性質があります。VIOラインや男性のひげ、日焼け肌の方にもおすすめです。

③ダイオードレーザー

脱毛ヘッドは照射範囲が広く、効率よく脱毛できる機種です。発射するのは近赤外線で、痛みや皮膚トラブルが少ない特徴があります。

④アレキサンドライトレーザー

毛に含まれているメラニン色素だけを選んで作用させる効果があります。そのため、VIOラインなどにも汎用的に使うことができます。冷却ガス噴射効果もありますので、皮膚トラブルを避けることができます。

⑤G-MAX

先述のアレキサンドライトレーザーとYAGレーザーを搭載したレーザー機器です。その場に応じて照射する波長を変更することができるため、全身どんな毛にも対応できるメリットがあります。

⑥ライトシェア・デュエット

照射口が大きく、時短で脱毛処理が可能です。照射部位を吸引しながら光を発するため、皮膚の痛みが軽減できる上、毛根に効率よくエネルギーを集めることができる利点があります。

美容クリニックを探す時のポイント

美容クリニックで脱毛を検討している時どのような点に気をつけるべきでしょうか。

導入しているレーザーの種類

単純に「この美容クリニックに行きたい」というだけでは、医療用レーザーとの相性が合わなければ苦痛を伴う施術になってしまう可能性が生まれます。
導入しているレーザーの種類を知り、メリットやデメリットを把握することで、脱毛部位や体質に応じた脱毛ができます。複数のレーザーを導入しているクリニックを選ぶことも一案ですね。

施術実績

レーザー機器が完備されても、脱毛に対する実績がなければ、不安が残りますね。美容クリニックでは、脱毛のメニューがあるか、その施術実績があるかを確認しましょう。

立地や費用面も考慮

美容クリニックで永久脱毛を検討しても、通うのに大きな交通費がかかってしまう場合や、高額な脱毛費用を支払うことがネックになれば、本末転倒です。途中で通うことを辞めてしまうという方もいるほどです。通いやすい立地か、他のクリニックや脱毛サロンと比べて費用面ではどうかなど、総合的に判断しましょう。

おわりに

レーザー脱毛には機械ごとに得意な点があることが分かりました。自分が希望する脱毛部位に効果を発揮してくれる機器を導入しているクリニックを探すことも一案ですね。費用面や交通アクセスなどがネックになっている場合は、脱毛サロンを選んでみることも一案です。脱毛機器の向上が進み「痛くない・早くキレイになれる」サロンも増えていますよ。