脱毛ローラーはどれぐらい効果がある?痛みはあるの?

2018.07.09
Pocket

脱毛ローラーってどんな器具?

脱毛ローラーとは、金属製のスプリング(コイル状のばね)によってむだ毛を絡め取る美容雑貨です。Y字状の持ち手の二股になった部位の両端にそのスプリングが付いています。肌の上で転がすだけで、むだ毛がスプリングに絡みついて根元からむだ毛が抜けるというものです。

使い方はとても簡単で、産毛が気になる部位にスプリング部をあて、優しく転がすだけです。スプリングが回転することによって、産毛が巻き込まれ抜けていくという仕組みです。

脱毛ローラーはバラエティショップのほか、スーパーの美容雑貨コーナーなどで購入可能です。1,000円前後で購入できる安価な商品のため、美意識の高い方やむだ毛にネガティブな気持ちを持っている方は購入経験があるかもしれませんね。

この脱毛ローラーは顔の産毛を取ることに特化した商品を中心に、産毛レベルの体毛なら、足や腕も対応可能としている商品も存在しています。
脱毛ローラーの商品も多岐にわたり、先に挙げたY字状の商品もあれば、ロープのような形状のものなど、さまざまな特徴を持っていますので、購入の際には複数の商品を検討することをおすすめします。

痛みや効果ってどの位?

脱毛ローラーは、物理的に産毛を抜く器具です。肌へのあて方が力強かったり、商品によっては産毛だけではなく皮膚も挟んでしまったりということも考えられます。その時には痛みや傷を伴うことも考えられます。

また、産毛に長さがある場合はスプリングに絡みつく場合に強い痛みを伴うことがあります。ただし、産毛自体は抜けやすいため、肌への当て方が適度の場合は痛みをほぼ感じることなく毛を抜くことができます。
痛みに敏感な人によれば、時折「チクチク」というような抜ける瞬間の違和感があるという声も届いています。

敏感肌の方が脱毛ローラーを使うことで、金属アレルギーのような症状を引き起こすことも考えられます。肌に赤身や吹き出物ができやすくなる可能性もあるので、使用前には注意が必要です。

脱毛ローラーの効果についてですが、「産毛が抜けるため肌のくすみ感がなくなる」という効果があります。上手に使うことで産毛の根元から抜けてくれるため、肌色がワントーン明るくなるメリットが生まれます。

ただし、商品によっては毛を絡め取った途中から切れ毛が発生し「肌触りがざらざらする」「化粧ノリが悪くなる」「お手入れ前と変わらない」という結果が生じることもあります。

脱毛ローラーの使い方に慣れれば、毛が切れてしまうほか、肌を巻き込んでしまうというようなデメリットは少なくなりますが、肌へのダメージなどを考慮した使い方をしていくことが大切です。

また、「脱毛ローラーは全体的に産毛をなくすもの」という捉え方はせず、「気になった産毛をその場でなくすもの」というように、ピンポイントで産毛をなくす道具としてとらえると使いやすくなるかもしれません。

脱毛ローラーよりも脱毛サロンの方が良い理由

使い勝手がよい脱毛ローラーに出会えれば、安価な投資で産毛の除毛が叶います。ただし、「自分にとっては使いにくかった」「思ったより効果が得られなかった」「痛みが強くて使い続けられない」というような結果から、脱毛ローラーの使用を断念したという声も多く届いています。
そのため、脱毛サロンで顔脱毛を検討する方もみられるようになりました。

かつては、脱毛サロンでは脱毛機器の構造上「産毛の脱毛はできない」「顔脱毛はできない」というように禁忌が多くありました。現状でも顔脱毛を提供していないIPL脱毛サロンも存在しています。

このところでは、顔脱毛に特化した脱毛機器が開発される他、SHR脱毛など「黒色に反応しない光照射ができる脱毛機器」を中心に顔脱毛を提供するサロンが増えてきました。特にSHR方式の脱毛は産毛にも適用しますので、顔の産毛もキレイにすることができます。

脱毛サロンで顔脱毛を行うことに対する時間の拘束などはありますが、エステ品質の保湿ジェルを使うなどフェイシャルケアも同時に行っていきますので、産毛がなくなると同時に美肌も手に入れることができます。

特に光は肌の内部にあるコラーゲンの生成を促す効果もあるので、定期的に光脱毛を受けることでふっくら肌を作り上げることもできます。
しかし、顔に光照射することで、痛みに対する不安の声もあります。

目や眉毛、喉元の甲状腺にあたる部位や頭髪など禁忌部位を避けた照射になりますし、柔らかい皮膚へのダメージを考慮して、出力レベルなどを考えての光照射となりますので、痛みはほぼありません。

費用面で比較すると、間違いなく脱毛サロンでの施術は脱毛ローラー以上に費用がかかります。しかし、自分にとって使い勝手が良い脱毛ローラーや除毛グッズをいくつも購入することと比べると、絶対的にサロンでの顔脱毛の方がお得かもしれません。
それに、フェイシャルケアもセットされる脱毛サロンであれば、ふっくら肌に導いてもらえるため更にお得です。

まとめ

脱毛ローラーは自分の使い勝手に合った商品を見つけられれば、いつでもどこでも気になった時に産毛を解消することができますが、痛みや肌トラブルとも背中合わせとなります。脱毛サロンでの顔脱毛を検討しながら、自分にとって都合がよい産毛ケアを模索していきましょう。