超簡単!続かない人にもおすすめできる脱毛グッズ2選

2018.12.25
Pocket

処理をしてもすぐに生えてくるムダ毛は、女性にとって大敵といえる存在です。脱毛は専用サロンやクリニックで施術を受けるのが確実な方法ですが、脱毛サロンが自宅の近くにない方や、料金の高さから手を出せない方もいるでしょう。
そんな悩みを持つ方こそ、自宅で簡単にできる脱毛方法がおすすめです。今回は、数ある脱毛方法の中から厳選した、簡単にできる2つの脱毛方法について解説していきます。

自宅で簡単にできるおすすめ脱毛グッズ【家庭用脱毛器】

家庭用脱毛器は昔からある商品であり、当初はローラーで毛を抜くタイプが主流でした。現在では光(フラッシュ式)やレーザーを使用した機種も販売されており、自宅でサロンのような脱毛ができることで人気を集めています。

サロン並みの高機能な家庭用脱毛器は、次のような機種があります。

・光脱毛器…ケノン、パナソニック・光エステ、ラヴィ・ILP光脱毛器
・レーザー脱毛器…トリア・パーソナルレーザー脱毛器

光とレーザーのどちらも、毛のメラニン色素に反応する性質を持ちます。脱毛したい部分のムダ毛を剃った肌に光かレーザーを照射することで、毛根に熱でダメージを与えて毛の再生力を弱める仕組みです。
しかし、脱毛のメカニズムは同じでも、光とレーザーにはある明確な違いがあります。

光脱毛の特徴と脱毛効果

脱毛で使用する光は複数の波長を持ち、自然光に近いので広範囲に拡散します。そのため、一度に脱毛できる範囲が広くなり、照射する回数を少なくすることが可能です。また、家庭用脱毛器はカートリッジを使用するため、コストの削減にも繫がります。

しかし、複数の波長はエネルギーが弱いため、脱毛効果も弱くなるというデメリットがあります。

レーザー脱毛の特徴と脱毛効果

脱毛効果の高いレーザーは、波長が単一であることが最大の特徴です。複数で拡散する光と比べると、ムダ毛に対して一方向にエネルギーが集中します。そのため、光脱毛よりも高い脱毛効果が期待できるのです。

しかし、エネルギーが強い分、照射したときの痛みが強くなるというデメリットがあります。痛みに弱い方は、レーザー脱毛器を継続して使用するのは難しいかもしれません。

家庭用脱毛器の価格

光とレーザーを使用した家庭用脱毛器は脱毛効果が圧倒的に高い分、本体の価格も比例して高くなります。最も評価の高い光脱毛器の「ケノン」は約60,000円、安いもので「パナソニック・光エステ」の約25,000円です。

しかし、脱毛サロンやクリニックに通う時間と料金を考えれば、むしろ安く済むのが家庭用脱毛器のメリットです。光とレーザーを出すカートリッジを交換するコストがかかりますが、何年も使えることを考えれば購入する価値はあるといえるでしょう。

簡単にできるおすすめ脱毛グッズ【電気シェーバー】

ムダ毛を剃る「除毛」タイプで最もおすすめの方法は、手軽に剃れる電気シェーバーでしょう。
電気シェーバーは肌を濡らす必要がないので、肌の角質などに影響を与えることがありません。そのため、肌への負担を最小限に留めて、肌に優しい除毛が可能になるのです。特に、肌トラブルを起こしたくない、顔のムダ毛処理に最適なアイテムといえます。

電気シェーバーの種類

電気シェーバーはレディースシェーバーとも呼ばれており、顔用やボディー用、VIO専用など数多くの種類があります。
ボディー用は剃る面が広いので、脚や腕、ワキなどを手早く処理することが可能です。そして、顔用は刃が小さくなっており、眉などの細かい部分を失敗なく剃れるように考慮されています。

また、刃にアタッチメントを装着することで、シェーバー、トリミング(完全に剃らずに毛を短くする)、角質除去などが可能な機種もあります。ボディー用シェーバーとアンダーヘアを減らすトリミングを1台で兼用するという使い方も可能です。

VIO専用シェーバーは粘膜が多いデリケートゾーンだからこそ、安全性を考慮しているのが特徴です。剃って伸びたチクチクがしないよう、ヒートカッターの機能を兼ね備えている機種もあります。

そして、部位ごとにおすすめのシェーバーはこちらです。

・ボディー用…ブラウン・レディーシェーバー、パナソニック・サラシェ
・全身用…オムニ・シェーバーminiノヘア
・顔用…パナソニック・フェリエ、貝印・bi-hada
・VIO用…ラヴィア・Iラインシェーバー、ヴィート・センシティブタッチ

電気シェーバーのコスト

電気シェーバーの価格は、顔用で1,000円台、ボディー用やVIO用で3,000円以下と、意外とリーズナブルです。本体以外に必要なコストは、シェーバーの電源に必須の乾電池、専用の替え刃だけで済みます。一度買えば長く使えるので、1つは持っておいて損はないでしょう。

まとめ

自分で簡単にできる脱毛グッズをご紹介しましたが、いかがでしたか?
家庭用脱毛器は進化を続けており、脱毛効果を実感しているユーザーも多くいるようです。家庭用脱毛器に数万円は高いと感じるかもしれませんが、サロンやクリニックに通うと10万円以上かかると考えれば、元を取るどころか安く脱毛できます。

また、シェーバーは気付いたときにさっと自己処理できるので、応急処置として最適です。決して高いものではないので、1つは持っておくことをおすすめします。