仲間内でプールに!何日前までに脱毛の施術をしておけばいい?

2018.08.08
Pocket

脱毛のお手入れによって肌がデリケートになるのはなぜ?

サロンでは光脱毛、そしてクリニックではレーザー脱毛による施術が一般的に行われています。
光とレーザーとでは光線の出力の大きさに違いこそあるものの、いずれも照射によって発生する熱の作用で発毛組織にダメージを与え、毛が生えてこないようにする脱毛方法です。

毛が生え変わる毛周期のうちの成長期にタイミングを合わせてお手入れをしますが、光脱毛の場合は10~15回、レーザー脱毛の場合は5~8回繰り返すと脱毛が完了となります。

光脱毛は、脱毛の効果が緩やかですが、肌への負担や痛みが少ないのが特長です。
一方レーザー脱毛は、比較的早く効果が実感できますが、肌への負担は光脱毛より大きく、人によっては照射の時にパチンとゴムで弾くような刺激を感じることもあります。

用いられる光やレーザーには、黒い色にのみ反応するという性質があり、明るい色の肌を直接傷めつけることはないとされています。
とはいえ、毛根の細胞を熱処理してしまうほどの高温が発生するので、皮膚にまったく影響がないという訳にはいきません。

脱毛の施術後にしておくべきことと、してはいけないこととは ?

脱毛の施術を受けたばかりの肌は、とてもデリケートです。
体調が悪い時や肌が敏感になっている時などは、皮膚がヒリヒリしたり、炎症を起こして赤みを帯びたりすることもあります。たとえ見た目には変化がなくても、とても敏感になっているのでちょっとした刺激に反応して肌トラブルを起こしかねません。
さらに熱を帯びた肌は、水分を失いがちです。皮膚が過度に乾燥すると、かゆくなったりすることもあります。

そのため、脱毛後には濡れタオルや保冷材などを肌にあててクールダウンさせ、きっちり保湿ケアをしておく必要があります。通常は、脱毛の照射の1~2週間後に毛が抜け落ちますが、冷却と保湿をして肌の状態を整えておけば、脱毛後のトラブルが起こるリスクを最小限に抑えることができます。それだけでなく、毛がするりと抜けやすくなって脱毛の効果を実感しやすくなるというメリットもあります。

絶対に避けるべきことは、刺激を与えることです。
スキンケア用品に含まれるケミカルな成分による刺激、ゴシゴシこすったりする摩擦による刺激、そして最も肌に悪いとされているのは紫外線による刺激です。
光やレーザーの照射を受けた肌は、バリア機能が弱まっています。そんな時に紫外線を浴びてしまうと、皮膚細胞へのダメージが大きくなってしまいます。肌の真皮部分にあるコラーゲンが傷ついて肌が弾力を失ってシワシワになったり、色素が大量に生成されてシミやそばかすができやすくなったりします。
脱毛のお手入れを受けたばかりの肌には、刺激を与えないよう、細心の注意を払わなければなりません。

脱毛の施術から何日が経過すれば、プールに行っても大丈夫?

脱毛のお手入れ期間中に、プールに行きたい!そんなふうに思うこともあるでしょう。
もちろんプールに行っても構いません。ただし、タイミングは慎重に選びましょう。
プールに入れば、塩素を含んだ水が肌に触れることになり、屋外であれば紫外線を浴びることにもなります。

塩素は水質を保つための消毒剤として使われています。プールの水に含まれているのはごく少量で人体に悪影響を及ぼすようなことはありませんが、デリケートになっている肌にはあまり良いとはいえません。

そして気を付けたいのが紫外線です。
本来ならば紫外線のダメージから肌を守る日焼け止めクリームも、効き目に優れたSPFやPAの値が高いものは肌への刺激も大きくなります。そのため、脱毛直後のデリケートな肌に塗ると、乾燥が進んでしまったり、かぶれてしまったりすることもあるのです。

やはり脱毛のお手入れ直後のプールは、控えたほうが無難です。施術後7日~10日間のインターバルを開けるのが理想です。

プールに行ったら、日焼けをしないように気を付けましょう。
既述した通り、脱毛に用いられる光やレーザーは黒い色に反応するので、メラニン色素が多い褐色や小麦色の肌に照射すると、やけどのリスクが高まります。
プールに行くときは水着の上にラッシュガードを羽織るなどして、肌の露出をなるべく控えるように心掛けるといいでしょう。

脱毛の施術後○日間は○○○しないほうが良い!

飲酒 :12時間
発汗を伴う運動:1日間
入浴:1日間
マッサージ・エステ:1日間
サウナ・岩盤浴:1日間
制汗剤・日焼け止めクリームの使用:1日間
毛抜き・カミソリによる自己処理:7日間
プール:7~10日間
予防接種:10日間

まとめ

脱毛直後は、新陳代謝がアップしたり体温が上昇したりするような行為は、避けるのが賢明です。体内に熱がこもりやすくなり、肌トラブルを引き起こしやすくなるからです。
美しくなるために脱毛のお手入れを受けているはずなのに、施術後に気を抜いたために肌トラブルを起こしてしまっては本末転倒です。
脱毛のお手入れが完了するまでは、施術を受けたパーツの肌をいたわってあげるといいでしょう。