脱毛を受けるのは生理後の1週間がベストって本当?

2018.10.13
Pocket

女性には特有のサイクルがあります。リセット期である月経(生理)前後は気持ちも体もとても敏感になります。では脱毛を受けるのはいつの時期が一番いいの?と不安な気持ちを持つ方も少なくありません。ここでは、脱毛を受ける時期に関してまとめました。予約を入れるタイミングが計れない、という方もこれならもう安心です。

生理中でも脱毛は受けられる

もちろん、生理中でも光脱毛を受けることは可能です。ただし、人によって生理中は「生理痛がひどい」「だるくて眠い」というように体調に影響が出てしまうときがあります。そういったときに強い光を肌に浴びることは、あまり良いことではありません。光が原因となって誘引される頭痛なども存在しますので、生理中の体調によっては脱毛を避けたほうがよいでしょう。

VIO脱毛はNG

生理期間中は脱毛を受けられると記しましたが、VIO脱毛を受けることはできません。残念ながら、予約日当日に生理が来てしまったなどという場合は残念ながら予約をキャンセルしなければいけません。

予約をキャンセルしたくない気持ちも…。

サロンによっては「一度予約変更すると次の予約が取りにくくなる」という弊害も出てしまいます。また、キャンセルフィーがかかってしまうサロンもあります。月額定額制での契約の場合1度施術に行けないとその分の費用が無駄になってしまうこともあるので、できるだけ予約をキャンセルしたくないという気持ちを持つ人も少なくありません。
生理周期を考えて予約を入れることはもちろん、他支店で同様の施術が受けられるサロンを選ぶというような工夫も必要です。

女性サイクルとは?

ここからは、なぜ生理が始まって一週間後に脱毛を受けるのが一番良いのかを説明してまいります。女性には生理を中心とした女性サイクルがあります。時折「痩せタイミングを狙ったダイエット」や「新しい化粧品を試したい人におすすめの時期」などが紹介されることがありますが、これらも生理周期を利用したチャレンジになります。多少専門的な話になりますが、生理サイクルを覚えておくことで脱毛に絶好なタイミングをとらえるだけではなく、ダイエットなどにも無理なくチャレンジできるようになるので便利ですよ。

4つの女性サイクル

女性の体はホルモンの分泌によって4つの時期に分けることができます。

月経期(生理):いわゆる生理の時期。古くなった子宮内膜を排出しまた新しいサイクルに移行するいわばリセットの時期です。
卵胞期:排卵に向けて卵巣にある卵子が成熟していく時期です。
排卵期:成熟した卵子が子宮へ送られる時期です。子宮内膜が厚くなり妊娠の成立に向けた準備がなされます。
黄体期:妊娠が成立しなかった場合、子宮内膜が用をなさなくなるため排泄へ向けた体の準備が始まります。

この4つの体の変化はおよそ28日を1周期として変化が起こります。生理がある女性であればだれもがこのホルモン分泌の変化による体のサイクルが出来上がっています。
タイトルにもある『脱毛を受けるのは生理後の1週間がベスト』という時期は卵胞期に当たる時期です。

そのサイクルを把握する方法は?

生理周期は平均的に28日とされていますが、短い周期の方もいれば長い周期の方も見られます。また、普段の生活では自分の体が「今、卵胞期に移行した」ことに気づくことはできません。厳密に自分自身の生理周期が知りたいという場合は、婦人体温計を用いた基礎体温を測ることをおすすめします。
起床時すぐの体温を測ることで、女性の体のサイクルをグラフ化することができます。基礎体温表に毎日の体温をグラフ記載することや、体調についてメモ書きをすることで、卵胞期への移行や排卵日などの目安を知ることができます。

基礎体温の計測は妊娠を希望する人のためのものというとらえ方がありますが、自分自身の生理周期が把握できていない方にも是非取り入れてほしい方法です。生理周期やサイクルを知ることで「生理が来たからドタキャン」ということも少なくなります。

生理後の一週間がベストの意味

生理後一週間目、卵胞期に入った時期が脱毛を受けるのに一番良い時期です。女性のサイクルの中で一番体調が良いと感じる時期となります。生理中は体がむくんだり生理痛がひどかったりというような時期ですが、生理が終わると体のむくみも取れますし、肌のハリやツヤも上がります。
脱毛を受けたとき、一番毛が抜け落ちやすい時期にもつながりますので、生理が終わった直後に脱毛を受けることをおすすめします。
排卵期から生理が始まる前になると、ホルモンの影響で体を守る態勢に移ります。体がむくむなどの不調が起こりますし、敏感な肌を守るために毛が抜け落ちにくくなるのです。

まとめ

女性の生理サイクルによって「体の毛が抜け落ちにくい時期とそうでない時期」が存在します。ベストは生理がおわったころ「卵胞期」に当たる頃がベストです。自分の体が今どんな時期にあるかを知るためには、手帳に生理があった日を書き記すほか、婦人体温計を用いた基礎体温を計測することが手段として挙げられます。
大事な「1回分」の光照射を無駄にしないためにも、生理周期を上手に利用して脱毛効果を上げていきましょう。