脱毛後の発熱やだるくなる原因って?

2019.04.20
Pocket

脱毛サロン・クリニックで脱毛をした後に「なんだか体がだるい…」「体が熱っぽい…」などの体調不良が起こることがあります。
それらの症状は正しい対応をすれば改善しますが、間違った対応をすると症状が悪化してしまう可能性もあります。

今回は、脱毛後に起きる体調不良の原因と対処法について紹介します。

脱毛後に体調不良…その原因をご紹介!

まず、脱毛後にどうして体調不良になるのでしょうか。実は、それにはきちんとした原因があります。

体調不良の代表的な症状とは?

脱毛サロンやクリニックで脱毛した後に起きる主な体調不良は、体のだるさ、汗が大量に出る、発熱、などが挙げられます。
こうした脱毛後に起こる症状は一過性のものとされており、そこまで心配する必要はないとされています。

しかし、なぜ体調不良が起きるのでしょうか?

体調不良の原因は熱!

脱毛サロンやクリニックではメラニン色素(黒い色)に反応する、特殊な光やレーザーを用いて脱毛を行います。
この光やレーザーを肌に照射すると高温の「熱」が発生するため、脱毛施術後は肌に熱がこもり、軽いやけどをしている状態になります。

もちろん脱毛サロンやクリニックでは、速やかにアイシングをするなどクールダウンを行いますが、体質によってはなかなか熱が下がらないことがあります。
これにより、発熱や体のだるさなどの症状を引き起こすことがあるのです。

体調不良が起きたときの対処法2つ!

だるさや発熱などの体調不良が起こる原因は分かりましたが、体調不良が起きたときはどのように対処すればいいのでしょうか。

脱毛部位を冷却する

前述のとおり、体調不良の原因は「熱」ですので、脱毛後に何らかの体調不良が起こったときは、脱毛部位の熱を冷やして温度を下げましょう。
タオルを水で濡らして、脱毛部位に当てて冷やすことをおすすめします。

ただし、強く当ててしまうと肌が刺激になり、かえって逆効果になる可能性があるので、タオルはソフトタッチで当てるようにしましょう。
また、保冷剤をタオルで巻いて冷やす方法もありますが、冷たすぎて刺激になることや、凍傷の危険性があるので注意してください。

できるだけ動かず安静にする!

体調不良が生じたら、冷却することはもちろんですが安静にも努めましょう。
もし、体を動かすと体温が上がり肌の熱が下がりにくくなるので、風通しの良い場所でゆっくりと過ごすことが大切です。

体調不良を未然に防ぐ方法3つ!

今までは体調不良が起きたときの対処法を紹介しましたが、体調不良が起きないよう予防する方法もご紹介します。

体調を万全にして脱毛施術を受ける

脱毛施術は、肌に与えるダメージが大きいので体調が万全のときに施術を受けるようにしましょう。風邪を引いているときや生理前などは体の免疫力が低下しており、その状態で脱毛施術を受けると、肌トラブルや体調不良を引き起こす可能性があります。
体調が万全でないならできるだけ別の日に予約を変更することをおすすめします。

脱毛前後は薬の服用は避ける

薬の種類によっては、施術に使用するレーザーや光に体が敏感に反応してしまい、赤みや炎症が生じることや、脱毛後の体調に悪い影響を与える可能性があります。
そのため、脱毛前後は薬の服用は控えましょう。

もし、どうしても持病などの関係で服用しなければならない場合は、事前に脱毛サロン・クリニックのスタッフに相談することが大切です。

脱毛前に予防接種を受けるのは避ける!

現在、多くの脱毛サロンやクリニックでは、脱毛前の一定期間は予防接種を禁止しています。

そもそも予防接種とは、病気の免疫をつけるために、毒性を弱めた病原体を体内に投与することです。こうして事前に投与しておけば、病気になることを未然に防ぐことができますが、予防接種をすると倦怠感や微熱などの副作用が起きることがあります。

このように、副作用がある状態で脱毛施術を行うと、体調がさらに悪化する可能性があるので、脱毛前の一定期間は予防接種を受けることが禁止されているのです。

現在、脱毛前の予防接種の禁止期間は、脱毛サロン・クリニックごとに異なりますが、2週間くらい空ければOKというところが多いです。ただし、これはあくまで目安なので、脱毛期間中にどうしても予防接種をしなければならない場合は、事前にスタッフに相談しましょう。

まとめ

脱毛後の発熱やだるくなるなどの体調不良の原因は脱毛するときに使用する光やレーザーから出る「熱」です。そのため、脱毛後「なんだか熱っぽい…」「体がだるい…」などの体調不良になっているなら脱毛部位をタオルで冷やしたうえで安静にするとよいでしょう。

また、脱毛後の体調不良を未然に防ぐために脱毛施術前後は予防接種や薬の服用は避けたうえで、体調を万全にしておくことが大切です。