話題のメンズVIO脱毛。女性のVIOと何が違う?

2018.08.19
Pocket

男性のVIO脱毛とは?そのメリットやデメリットは?

ハイジニーナ脱毛や、VIO脱毛などという呼び方でデリケートゾーンの脱毛は知られています。女性のVIO脱毛はもはや当たり前のものとなりましたが、男性に関しても脱毛メニューとして提供されるようになりました。

男性のVIO脱毛もその名の通り、男性器周りのムダ毛をなくすための脱毛を指しています。
Vラインはへそ下からビキニライン周り、Iラインは内股から肛門にかけたライン、Oラインは肛門回りを指しています。
ここで指し示すVIOというのは広い意味であり、その中には、男性しか持たない陰嚢・陰茎などの脱毛も含まれています。

メンズ専門のVIO脱毛のメリットは、夏場のムレやかゆみから解放されること、下着のすれや、剛毛があることによって生じる衣服等の生地の傷みや皮膚炎を避けることもできます。また審美性が高まることもメリットの一つです。
恋愛面におけるパートナーへの気遣いや、体毛が濃いことでコンプレックスを抱いている方にも好評です。もちろん、無毛状態に仕上げることや、毛量調整、Vラインのデザインなども可能です。

一方、デメリットとしては、男性が脱毛をすることで「遊んでいる」「特定の嗜好があるのではないか?」というような誤解が生まれやすいことにあります。
また、女性のVIO脱毛と同様に脱毛時の痛みが強く出てしまうようです。他にもサロンによっては、女性スタッフが脱毛を担当することもあるため、男性スタッフが担当するサロンがあるか事前に確認を行う必要があります。

女性のVIO脱毛との違いは?

女性と男性のVIO脱毛の取り扱いはほぼ変わりません。ただし、使用する機器が若干異なります。
男性のデリケートゾーンの脱毛は医療レーザーを使用することが主流ですが、硬く太い毛が多い男性の場合、ニードル脱毛(電気針脱毛)などを提供するサロンも存在しています。

また、男性の毛のために改良された専用の光脱毛器を使用するサロンもあるため、選択の幅が広がっています。

女性の場合、内性器と呼ばれる粘膜部位やそれに近い部位の脱毛をすることができませんが、男性にはそれがありません。そのため男性が一番コンプレックスに思える、いわゆる棒に当たる部位の脱毛も可能です。

外性器にレーザー光やフラッシュ脱毛を施すと、生殖能力に異変があるのではないか?という不安を持つ方も少なくありません。レーザー光は、黒色の色素を持った毛根に熱エネルギーを集中させて、毛を弱らせる仕組みを持っています。
精巣の色素には黒が含まれていませんので、レーザー光を照射することで生殖能力が衰えるなどということはありません。

ただし、光脱毛に関しては、甲状腺がある首周りに照射ができないことと同様、強い光が精巣に与える影響が懸念されます。色素の有無に関わらず、光照射そのものが影響を与える可能性があるからです。不安であれば、医師の下で施術を行う医療レーザー脱毛を選択することをおすすめします。

費用は?どんなサロンでできる?

気になる費用に関してですが、VIOすべて込み・5回程度の施術で10万円台~20万円台となり、単体では4回程度のコースで5万円前後が相場となります。

サロンによっては「半身脱毛」と称し希望箇所をセレクトできるコースや、男性のデリケートゾーンをすべて含めたコースを提供しているところもあります。
また、定額料金 で毎月通えるサロンも存在しているので、自身のコンプレックスに合わせて選択をするとよいでしょう。

男性の脱毛は、男性の受け入れが可能な脱毛サロンやクリニックで施術ができます。ですがVIOの脱毛は、プライバシーが守られるサロンでのみの提供となります。

技術を持ったエステスタッフや医療従事者がいるサロン、定評があるサロンを選ぶと間違いがありません。
ただし、男女問わず通える脱毛サロンやクリニックでVIO脱毛を行うと担当スタッフが女性になるという可能性もあります。男性スタッフを希望する場合は、事前に伝えることをおすすめします。

先にも触れましたが、男性の毛は硬くて太いため施術時に強い痛みを伴います。男性は痛みに弱い傾向にありますので、サロン通いが定着しないこともあるようです。

そのため、とあるクリニックでは、「笑気麻酔」「局所麻酔」「表面麻酔クリーム」 などを使い分けるほか、医師の診断のもとで麻酔を併用しています。そういった対応で、痛みを取り除きながら脱毛を進めることが可能です。痛みに弱い方はあらかじめ、レーザー脱毛ができるクリニックを利用して麻酔を使って脱毛することも一案です。

まとめ

男性専門のVIO脱毛は、光脱毛やニードル脱毛、医療レーザー脱毛など様々な方式が提供されています。不安に感じる方もいるようですが、脱毛によって生殖機能に問題が起こることはありません。男性スタッフだけが在籍するサロンやVIO脱毛に定評があるサロンなど、特徴を探して自分自身が通いやすいサロンを見つけましょう。

またデリケートゾーンの脱毛に関しては強い痛みを伴います。脱毛サロンでの脱毛でも同様に痛みを伴いますので、痛みに弱い方は麻酔が使える医療脱毛などを選択することをおすすめします。
ムダ毛のコンプレックスをなくして快適な季節を過ごしましょう。