お腹・へそ下も脱毛できる?何回ぐらいで効果が出るの?

2018.09.16
Pocket

ワキや腕ほどではないものの、へそ周りのお腹の毛が気になっているという人も意外と多いのではないでしょうか?
ここでは、そんなお腹やへそ周りの脱毛について、説明していきます。

お腹・へそ下は脱毛すべきか?そのメリットは?

へそを囲むように産毛がぎっしり生えていたり、へそ下から下腹部に向けての一直線上に毛が生えていたりと、毛質や生え方には個人差があります。
しかし、へそ出しルックになったときやビキニを着たときに、ムダ毛が見えてしまうのはNGです。せっかくのオシャレも台無しで、イメージダウンにつながりかねません。
お腹やへそ周りの毛を気にしている方は、自己処理で済ませている方も多いでしょう。
しかし、毛を抜いたり剃ったりといった自己処理は、一時しのぎでしかないだけでなく、肌質劣化の原因にもなりかねません。

へそ内部は皮膚が薄くデリケートなのでお手入れができませんが、へそ周り、へそ下などのお腹の毛は、もちろんサロンやクリニックで脱毛することが可能です。
プロによるお手入れでお腹・へそ下の脱毛をすることは、効率よく安全にケアできるというメリットがあります。
肌をいたわりながら、より確実に毛をなくすためにはプロによる脱毛が理想的でしょう。

効果が実感できるまでの回数は、施術方法によって異なる?

一般的に行われている脱毛方法は、主に3種類あります。
いずれの方法でも、1回でお手入れが完了する訳ではありません。回数には個人差がありますが、毛周期のサイクルを見てお手入れの回数を重ねていくと、徐々に毛が薄くなり、やがて毛が生えてこなくなるのです。

効果が実感できるまでの回数、脱毛が完全に終了するまでの回数は、お手入れ方法によって異なります。
お腹やへそ下に限ったことではなく、全身のあらゆるパーツに共通していますが、通常は脱毛効果や施術時の痛みが少ない方法ほど多くのお手入れ回数を必要としています。逆に脱毛効果が高く、刺激が強い方法だと少ない回数で脱毛が完了します。

それぞれの脱毛方法にメリットとデメリットがあります。ですので、それらをきっちり理解して自分の毛質・肌質、要望にマッチする方法をチョイスすることが脱毛成功の必須条件です。

光脱毛

脱毛したい部位に光を照射する方法です。
SSC方式、IPL方式などがあり、照射の前にジェルを塗布する場合としない場合があります。
いずれも光の熱エネルギーで発毛組織にダメージを与えて毛が生えないように作用させるものです。

照射に用いられる可視光線には、濃い色に反応するという性質があるので黒い毛の根元に作用します。そのため、明るい肌色には負担が少なく痛みもほとんどないのが特長です。
一度の照射で広範囲に対して同時にアプローチできるので、お腹周りやへそ下などの大きなパーツでも素早くお手入れができます。

刺激が少ない分脱毛効果は緩やかで、毛が薄くなったと実感できるまでには6回から8回、脱毛完了までには12回から18回 の照射を要します。
光の性質上、色素が薄い毛への反応が低いため、産毛の脱毛完了までには回数がさらに増えてしまうこともあります。

医療レーザー脱毛

脱毛したい部位にレーザー照射をして、その熱エネルギーで発毛を促す細胞にダメージを与えるという点では光脱毛に似ています。
ですが、レーザーはエネルギーを1点に集中させることができるので、より高い効果を得ることができます。
皮膚への刺激は光脱毛よりも強く、部位によっては痛みを感じることもありますが、お腹やへそ下のような脂肪が比較的厚いパーツは痛みを感じにくいとされています。

クリニックでは主にヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーなどの波長の異なる3タイプのレーザー光線が使用されています。
黒くしっかりした毛にはアレキサンドライトレーザーが、産毛のような色素のやや薄い毛にはダイオードレーザーが、そして日に焼けた肌の人にはヤグレーザーによるお手入れが適しているとされています。

様々な波長のレーザー照射ができるように複数の脱毛マシンを導入しているクリニックも多いので、あらかじめ確認をしておくといいでしょう。
お手入れ回数の目安として、医療レーザー脱毛の効果が実感できるのは3、4回、脱毛完了までには6回から8回ほどとなります。

ニードル脱毛

ニードルとは針の意味で、その名の通り毛穴に針を挿入して電気を流し、発毛組織を凝固させて毛が生える能力を衰えさせる施術方法です。

日本では最も歴史のある脱毛方法ですが、施術中の皮膚への刺激が強く、1回当たりの施術時間が長く高額となります。そのため近年では、光脱毛やレーザー脱毛にシェア率の高さを奪われてしまっています。

しかし、1本ずつを確実に処理でき永続性が高く、あらゆる毛質・肌質に対応しているので一部からは根強い人気を誇っています。
3種類の脱毛方法の中で最も少ない回数で済むので、手っ取り早く確実にツルツルの肌になりたいという人に適した方法です。早い人では2~3回で実感ができ、5~6回 で脱毛が完了します。

まとめ

お腹・へそ下を脱毛するメリットや脱毛方法などについて説明してきましたが、いかがでしょうか。

人目を気にせず水着を着たい、おしゃれを楽しみたいという方にはお腹やへそ下のムダ毛処理はかかせないでしょう。
ぜひ参考にして、自分に合った脱毛方法を探してみてください。