アンダーヘアの脱毛ってすべき?女子たちの脱毛事情

2018.06.10
Pocket

アンダーヘアを脱毛するメリットとは?

近年、アンダーヘアの脱毛を希望する美意識の高い女子が増えています。
エステサロンや脱毛クリニックでも、ワキや脚などと同様、VIOラインは抜群の人気を誇るパーツ。

VIOラインとはビキニラインのV、陰部周辺のI、お尻の穴周りのOのこと。さらにVIOラインに生えた一部のムダ毛を処理するだけにとどまらず、VIOラインに生えたアンダーヘアの全てを脱毛するというハイジニーナへの関心も高まっています。
普段は人目にさらされることのない隠れたパーツをきちんとお手入れしておくことによって、女子力もぐんとアップするはずです。

アンダーヘアを脱毛する最大のメリットといえば、下着や水着から黒い毛がはみ出る心配がなくなるということでしょう。脱毛後は、急なお泊りやプールへのお誘いの時にも、慌てふためくことがなくなります。
さらにデリケートなパーツを清潔に保ちやすくなるというメリットもあります。密集して生える剛毛がなくなれば通気性も良くなるので、生理中の不快感や臭い、下着の締め付けによるムレの軽減も大いに期待できます。

アンダーヘアを整えるとスッキリしますが、デリケートなパーツだからこそ無暗な自己処理は禁物です。
VIOラインの皮膚は薄く繊細なので、毛を抜き続けていると毛穴が目立ってしまったり、カミソリで剃り続けていると刃との摩擦で肌に負担がかかり色素が沈着してしまったりすることも。
さらに衛生面に十分に気を配らなければ、大事なところに雑菌が入って思わぬ健康障害を引き起こすかもしれません。
やはりプロに任せるのが安心・安全です。

アンダーヘアを処理するときはどんな脱毛方法が理想的?

エステサロンや脱毛クリニックで採用されている脱毛の施術方法には、主に光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛があります。いずれの方法も、毛周期に従ってお手入れを繰り返し行っていくうちにだんだんと毛が薄くなり、やがて脱毛が完了します。
それぞれの方法にメリットとデメリットがありますが、要望に応じて、自分自身に適した方法でアンダーヘアを脱毛するといいでしょう。

・レーザー脱毛

黒い色に反応するレーザー光線を照射して毛根にある細胞にダメージを与え、毛が生える能力を衰えさせる方法で、医療脱毛として最も頻繁に行われている施術です。
レーザーを照射する脱毛マシンの種類も多く、様々な肌質や毛質に対応しているのが特長です。完了までに必要なお手入れ回数は5~8回で、永続性が高いというメリットもあります。
ただし照射の時に、ゴムでパチンと弾くような刺激を感じることがあります。

・光脱毛

光線を照射して毛根にある細胞にダメージを与え、発毛能力を衰えさせるという点ではレーザー脱毛とほぼ同じですが、光の出力がソフトなぶん肌への負担が少なく痛みもほとんどありません。1回の照射で複数の毛穴に同時にアプローチできるので、施術がスピーディーです。
ただし脱毛効果も緩やかなのでお手入れ回数は10~14回と多めで、通常、粘膜やホクロの上に生えた毛の処理はできません。

・ニードル脱毛

一部のクリニックで採用されている方法です。毛穴に針を挿入して微弱の電気を流し、発毛組織を凝固させて脱毛をします。永続性が高く、脱毛完了までの回数は4~6回。1本ずつを確実に処理でき、生え際のラインの微妙な調整も可能です。
デメリットといえば、激しい痛みを伴うこと。そのためVIOラインをお手入れするとき、人によっては麻酔を使用することもあります。施術時間が長く、料金も比較的高めですが、光やレーザーでは処理しきれないような、白髪、金髪、ホクロやあざに生えた毛もきっちり脱毛可能です。

アンダーヘアを脱毛するときの注意点とは?

通常どこのエステサロンでも脱毛クリニックでも、生理中はVIOラインの脱毛をすることはできません。
生理中はホルモンバランスが不安定でしかるべき脱毛効果が得にくいからというのと、経血が施術器具やベッドに付着すると感染症の恐れがあるからというのが主な理由です。

たとえ月経周期を予測して脱毛の予約を入れていたとしても、予期せぬ時に生理が来てしまうこともありますよね。脱毛のお手入れの日と生理とが重なってしまった時は、予約をキャンセルしなければなりません。そこで注意したいのはキャンセル料。

いかなる場合でもキャンセル料が無料であるところ、例えば前日までにキャンセルしたら無料などと期限と条件を設定しているところ、またはキャンセルは受け付けず行かなくても1回のお手入れをしたことになってしまうところなど、エステサロンやクリニックによってキャンセルに関する約束事が異なるので、あらかじめ確認しておく必要があります。

まとめ

脱毛をする際に注意したいのは、アンダーヘアに限ったことではありませんが、ひとたび脱毛が完了したら後戻りはできないということ。つまり、なくなった毛を再び生えさせるのはほぼ不可能なのです。
お手入れをする前に、一部の毛を残して生え際を整えるだけにするのか、ハイジニーナにするのか、しっかり吟味をしておくといいでしょう。