デリケートゾーンの脱毛に対して【彼氏の本音】を大調査!

2019.03.25
Pocket

これまでは、少しのお手入れが当たり前だったデリケートゾーン(VIO)ですが、近年はデリケートゾーンの脱毛は当たり前になりつつあります。しかし、日本人にとってアンダーヘアがあることが当然だったからこそ、デリケートゾーンの脱毛に躊躇する方も少なくありません。

また、女性側は脱毛したくても彼氏の反応が気になったり、反対されるのでは?と不安になったりすることもあるでしょう。今回は、デリケートゾーンの脱毛に対する彼氏の本音と、抱えている不安を解消する対策法についてご紹介します。

デリケートゾーン(VIO)の彼氏の本音とは?

脱毛で量を減らして形を整えたり、すべてのアンダーヘアを脱毛したりする女性が増えていますが、付き合っている彼氏にどう思われるか気にする方も多いでしょう。

・脱毛したいと知ったら引かれない?
・どんな反応をされるか不安
・ハイジニーナ(無毛)にしたいけど、彼氏に反対されそう
・アンダーヘアをキレイに整えていると、遊んでいると思われない?

このような不安を抱えている一方で、彼氏側はどのような本音を持っているのでしょうか?
彼氏が思っているVIO脱毛の本音で、好意的・否定的な意見をそれぞれ紹介します。

デリケートゾーンの脱毛に賛成派な彼氏の本音

デリケートゾーンの脱毛に好意的、かつ賛成派の彼氏では、次のような本音を持っているようです。

・頑張ってキレイにしてくれたのが嬉しい
・アンダーヘアを整えていると女性としての魅力が増す
・キレイに整ったアンダーヘアは清潔感がある
・デリケートゾーンを何もしないのは引く
・自己処理で傷だらけの方が逆に引く

このように、デリケートゾーンのお手入れを「女性としての身だしなみ」と考えている方は、むしろ脱毛を歓迎する傾向にあります。

賛成派の彼氏の脱毛に対する具体的な意見

デリケートゾーンの脱毛を好意的に受け入れてくれる代わりに、脱毛に対する具体的な理想を持っているケースも珍しくありません。IラインとOラインの脱毛は「完全に脱毛してほしい」という意見がある一方で、「そこまでこだわらない」という意見もあります。

ただし、Vラインの脱毛に関しては、毛量や形などで好みが分かれる傾向が強いようです。

・形は自然なままで量を減らす方がいい
・Vラインの形がきっちり整っていると不自然
・ハイジニーナ(無毛)はさすがに引く

このように、Vラインの脱毛は彼氏によって意見はさまざまあり、自分の好みと合わないことも考えられます。受け入れてくれることは喜ばしいことですが、彼氏の意見も取り入れた方がより良い脱毛ができるでしょう。

デリケートゾーンの脱毛に反対派な彼氏の本音

デリケートゾーンの脱毛に対して否定的な場合、彼氏は次のようなことを思っているようです。

・ハイジニーナは幼い感じがして、性的にも興奮しない
・アンダーヘアがあっても気にならないし、そのままでいい
・処理したあとのチクチクが嫌だ
・脱毛にわざわざお金をかける必要はない

このように反対意見を持つ方は、脱毛をせずに自然なままでいいというのが本音のようです。
お金を使う必要がないという意見があるのは、「デリケートゾーンの脱毛に必要性を感じていない」証拠といえるでしょう。

デリケートゾーン脱毛の不安を解消する対策法

デリケートゾーンの脱毛をしたいものの、彼氏の本音が気になって踏み出せない方は、次に挙げる対策法を実践するのがおすすめです。お互いが納得して脱毛すると、彼氏との関係も良好になるでしょう。

デリケートゾーンの脱毛をするメリットを説明する

反対派の意見を持つ彼氏は、基本的に脱毛をする必要がないと思っています。そのため、脱毛をするとこのようなメリットがある、ということを説明しましょう。

・下着や水着をキレイに履きこなすことができる
・生理時のムレや不快感が軽減する
・自己処理で肌を傷めることがなく、肌がキレイになる
・雑菌の繁殖が抑えられるので、臭いの軽減や性病の予防に役立つ

デリケートゾーンの脱毛をする意味があると理解できれば、脱毛することに背中を押してくれるはずです。

彼氏の意見を取り入れる

デリケートゾーンの脱毛をする場合、自分の好みだけでなく、彼氏の好みの意見を取り入れるのがおすすめです。特に、好みが分かれるVラインはどのような形がいいか、ハイジニーナでも問題ないかをしっかり相談しておきましょう。

また、脱毛中はVラインがチクチクすることがあるため、その件も事前に伝えておくと納得してくれるはずです。

脱毛する前に必ず相談する

何の説明や相談もなしに脱毛をすると、「浮気をしているのか疑ってしまう」というケースもあります。急にアンダーヘアがなくなっていると驚いてしまうこともよくあるので、脱毛をする前に一言相談することが大切です。

一方、「本人のやりたいことを尊重するので相談なしでもOK」、という彼氏もいるようです。とはいえ、脱毛すると報告しておくとありもしない疑いをかけられることがないので、お互いの関係を良好に保つために必要といえるでしょう。

まとめ

デリケートゾーンの脱毛に対する彼氏の本音と、脱毛する前の対策法について、お分かりいただけましたか?

賛成派と反対派で意見が両極端に分かれていますが、デリケートゾーンの脱毛に対する考え方の違いが影響しています。そのため、賛成派の彼氏なら意見を柔軟に取り入れ、反対派の彼氏なら脱毛するメリットを説明することが大切です。

二人の関係に影響を及ぼしかねないので、お互いが納得して脱毛できるように相談してから脱毛しましょう。