トライアングル上とはどこの部分?脱毛したほうがいいの?

2018.09.13
Pocket

ここ最近、全身脱毛などを検討する女性は多くなっています。
脱毛をサロンで受けるか、クリニックで受けるか色々見比べて検討すると、ふと目にする「トライアングル上」という文字。
一体、これはどこを指しているのでしょうか。

トライアングル上とはいったいどこの部位のこと ?

脱毛の業界用語でトライアングルといえば、下腹部からビキニラインにかけての逆三角形のことを指します。トライアングル上とはこの逆三角形の上半分のこと、つまり、ショーツを履いた時に上にはみ出てしまう部分のことを指します。

通常トライアングル部分に生えた毛は、アンダーヘアの一部とみなされます。
例えば、脱毛サロン・ミュゼプラチナムでは、アンダーヘアのすべてを脱毛してしまう「ハイジニーナ7・VIO脱毛コース」に、そしてエピレでも、デリケートゾーンをまとめて脱毛できる「VIO・5プラン」に、トライアングルをお手入れパーツとして組み込んでいます。

通常、サロンやクリニックでトライアングル上のお手入れをするときは、使い捨ての紙パンツに履き替えて施術台に仰向けになり、パンツを少し下にずらして行います。
下腹部を人に見せることに恥じらいを持つ人もいるかもしれませんが、曖昧な知識のまま自己処理を続けていると、ストレスを感じた皮膚がメラニン色素を過剰に分泌させて色素が沈着したり、毛穴が目立つようになったりするので、しかるべきスキルを持ったプロに任せるのがやはり賢明です。

女性の脱毛を担当するのは必ず女性スタッフで、プロのスタッフは、たくさんの顧客のあらゆるパーツのお手入れに慣れているので、恥ずかしがる必要はありません。

トライアングル上を脱毛するメリットと、気を付けるべき点は?

トライアングル上の脱毛のメリットといえば、ショーツやビキニからムダ毛がはみ出る心配がなくなることです。
きっちり脱毛しておけば、お泊りやプール・海などへの急なお誘いの時にもアタフタせずに済み、ムダ毛が原因でパートナーを幻滅させることもなくなります。

ただし、せっかくトライアングル上の脱毛をしていても、トライアングル上のそのまた上、つまりへそ下の毛が処理できてなければ、アンバランスになってしまいます。トライアングル上の肌がツルツルでも、へそ下にムダ毛が多かったり、産毛が薄っすら生えていたりすると、その境目が不自然になり見た目に美しくありません。
トライアングル上の脱毛をするなら、へそ周りの毛も同時にきっちり除去しておくといいでしょう。脱毛をするパーツとパーツの境界線が目立たないように、きっちりお手入れしてくれるはずですが、心配な人はカウンセリングの時にスタッフに確認しておくといいでしょう。

トライアングル上のタイプ別おすすめの脱毛方法

トライアングル上などを脱毛する場合、その部分に生えている毛のタイプによって、おすすめの脱毛方法が変わってきます。

ガッツリ広範囲に毛が生えている場合

広いパーツを素早くお手入れできる方法は、光脱毛。サロンで最も採用されているお手入れ方法です。
あらかじめシェービングをしておき、そこに特殊なライトを照射します。ライトには濃い色に反応して熱を帯びるという性質があり、その熱エネルギーで発毛細胞にダメージを与えて毛が生えてこないようにします。明るい色の肌には直接は作用しないので、皮膚への負担が少なく痛みもほとんどありません。

1回の照射で複数の毛根に同時にアプローチできるので、1回ごとの施術がスピーディーなのが特長です。
例えば、ミュゼ・プラチナムの場合、肌のコンディションチェック→ジェルの塗布→ライトの照射→クールダウン→お肌のトリートメントまで、トライアングルの一連のケアの所要時間は20~30分としています。

産毛が多い場合

光脱毛に用いられるライトは濃い色に反応するため、黒い剛毛にはしっかり作用して高い脱毛効果をもたらしますが、比較的色素が薄い産毛への効果は緩やかになってしまいます。そのため、脱毛完了までのお手入れ回数が多くなってしまいます。

産毛の脱毛には、ダイオードレーザーによる施術が適しています。ちなみに、クリニックの医療レーザー脱毛で使われているレーザーには主に、ダイオードレーザー、ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザーというような3タイプのものがあります。
その中でも産毛の処理に対応しているのは、ダイオードレーザーとヤグレーザーです。

さらにその中でも、産毛などの色素の薄い毛に対して大きな効力を持つのがダイオードレーザーとされています。一般的なダイオードレーザーの脱毛マシンには、痛みを最小限に抑えられる冷却システムが搭載されているので、安心してお手入れが受けられます。

まとめ

プロによるお手入れできっちり脱毛しておくのがおすすめですが、トライアングル上だけを単体でお手入れするのは、少し不経済です。
トライアングル上の脱毛のコストパフォーマンスを上げるためには、たとえば、既述のハイジニーナコース、デリケートゾーンコースの中に組み込んだり、また全身脱毛のコースで他のパーツと一緒にお手入れしたりするのがおすすめです。

普段はあまり人目につくことがないトライアングル上ですが、目立たないパーツをきっちりお手入れしておくことで、女子力もぐっとアップすることでしょう。