人気のあの子は○○も脱毛している⁉おすすめの脱毛部位を解説

2018.04.04
Pocket

脱毛をしてツルツルの肌になれれば、女子力が格段にアップすること請け合い!
リスクの多い自己処理ではなく、プロに任せれば、より高い脱毛効果が期待できます。
脱毛サロン&クリニックには、まとめてお手入れができる全身脱毛コースと、好きな部位だけを選べる部分脱毛コースがあります。

全身脱毛は全身の多くのパーツを網羅するので、施術時間が長くなり、費用もおのずと高価になってしまいます。気軽に脱毛を始めるなら、まずは特に気になるパーツや自分で処理するが難しいパーツだけをお手入れするのもいいかも!

プロに任せて安心のおすすめ部位は?


ムダ毛のセルフケアには、激しい痛みや肌質の劣化など、なにかとリスクがつきもの。
やはりプロに任せるのが賢明です。サロンやクリニックでのおすすめのパーツをピックアップし、その理由と、脱毛するメリットをご紹介します!

サロン&クリニックでも人気NO.1:ワキ

電車の吊革を持つとき、上段に陳列された商品を取るときなど、ふとした時に気になってしまうワキ。薄着になるシーズン前に、脱毛の需要が急増します。
カミソリや毛抜きを用いて簡単に自己処理できるパーツですが、ワキは皮膚が薄くデリケートなので要注意です。

カミソリの刃との摩擦や、力任せで毛を抜き取ることによってできる毛穴にわずかな傷によって皮膚がストレスを感じると、自己防衛反応からメラトニンが過剰に発生するので色素沈着のリスクが高まります。ひとたび色素が沈着してしまったら、美容皮膚科などでの施術が必要になるので避けたいもの。
プロにお手入れを受ければ、脱毛と黒ずみ解消の一石二鳥の効果が期待できます。

人目に付くパーツだからきっちりお手入れを:顔

カミソリで剃ると、肌の表面にある角質層にダメージがかかってしまいます。
角質層は水分をキープして肌を潤し、バリア機能を高める重要な役割を担っています。その角質層が傷ついてしまうと肌が乾燥し、肌荒れや色素沈着などのトラブルが起こりやすくなります。

人目に付きやすいからこそ、きっちりとプロにお手入れしてもらうといいでしょう。
お手入れが完了すれば、化粧ノリも良くなるはず!

自己処理が困難なパーツはプロにお任せ:VIOライン

ビキニラインのV、陰部周辺のI、お尻の穴周りのOのラインは、皮膚が薄く、衛生面にも十分に気を使う必要があるパーツなので闇雲な自己処理はNG。

他人に見られると恥ずかしい部位だからとプロによるお手入れをためらう人もいるようですが、メリットはたくさん。ひとたび脱毛が完了すれば、ムダ毛が下着や水着からはみ出る心配がなくなるだけでなく、下着の締め付けによるムレや臭いの軽減にも役立ち、デリケートなゾーンを清潔に保ちやすくなります。

人気急上昇中!VIOラインをさらにスッキリ:ハイジニーナ

ハイジニーナとは、VIOラインに生えた毛をすべて除去してしまうことです。
一般的なVIO脱毛は、ビキニラインの生え際を整えてお尻や陰部にかかる毛のみを処理するのに対し、ハイジニーナは1本残らず、すべて除去してしまいます。

毛がない方が衛生的だという考えからヨーロッパやアメリカではエチケットとして一般的に行われていますが、日本ではまだ少数派。
ただ近年、モデルやタレントが、ハイジニーナにしていることを公言したことから関心が集まり、人気が高まっています。毛がなくなればこんなにも快適なのかと実感する人も多いので、おすすめです。

各部位のおすすめ施術方法は?


サロンやクリニックで採用されている脱毛方法には、光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛があります。それぞれのおすすめ部位に適したお手入れ方法を紹介します。

ワキ脱毛に適した施術方法

長年の自己処理で黒ずみが気になっている人は、光脱毛の中でも特にIPL方式がおすすめです。シミ・ソバカスの解消を目的とするフォトフェイシャル治療にも用いられる光を照射するので、脱毛・美白のWの効果が期待できます。

医療用レーザー脱毛もおすすめです。レーザーを照射すると、代謝が活発化させて肌のターンオーバーの正常化を促すとされています。古い角質が排泄されやすくなり、沈着した色素が目立ちにくくなる効果もあります。

顔脱毛に適した施術方法

常に人の目にさらされるパーツなので、炎症や火傷のリスクを回避するためにも、なるべく低刺激の脱毛がおすすめです。光脱毛で、肌への負担を最小限にとどめながら、じっくり時間をかけてムダ毛を除去するのもいいでしょう。

多くの脱毛サロンでは、毛の処理だけでなくスキンケアにも力を入れています。施術後の保湿トリートメントなども充実しているので、要チェックです。

VIO脱毛に適した施術方法

痛みに敏感なパーツなので、光脱毛でじっくりお手入れというのも賢明ですが、Iラインの粘膜部分に毛が生えている人には、粘膜の上に生えた毛の処理もできる医療レーザー脱毛やニードル脱毛がおすすめです。医療レーザーやニードル脱毛は、永続性が高いのも魅力です。痛み対策としては、クリニックでは麻酔の使用が認可されているので、相談してみるといいでしょう。