女性のもみあげも脱毛できれいな形に!もみあげの理想の形や脱毛回数とは?

2018.09.04
Pocket

自分では見えにくいもみあげは、意外と多くのムダ毛が生えています。脱毛でもみあげの形を整えるだけで顔の印象が大きく変わるため、美に興味がある女性は特に気になる部位でしょう。
ここでは、もみあげを脱毛するときの形の選び方と、脱毛回数についてご紹介していきます。

もみあげを脱毛するメリットとは?

もみあげを脱毛することによって、女性にとって嬉しい3つのメリットがあります。

小顔効果

もみあげ周辺のムダ毛を脱毛すると、フェイスラインがすっきりと見えることで小顔効果が得られます。特に、横顔の印象が大きく変わるので、より美しい顔を手に入れられるでしょう。
ただし、もみあげをすべて脱毛してしまうと、逆に顔が大きく見えてしまいます。もみあげの脱毛とは、余分な量を減らして形を整えるものと認識しておきましょう。

ヘアスタイルが決まりやすい

もみあげが生えっぱなしで髪をまとめると、だらしない印象を与えてしまいます。もみあげを脱毛して整えることで、さまざまなパターンのまとめ髪がよりキレイに仕上がるのです。

ニキビや肌荒れの軽減

洗顔フォームなどで洗顔をする際に、もみあげ周辺のムダ毛が多いと洗い残しが起こりやすくなります。肌に残った洗浄成分がとニキビや肌荒れの原因になるため、もみあげのムダ毛を減らすことで、フェイスラインの肌トラブルを軽減する効果が期待できます。

もみあげを理想的な形にする3つのポイント

もみあげ脱毛は形を整えることが目的ですが、どのような形が良いのかが分からない方も多いでしょう。理想的なもみあげの形とは、以下の3つのポイントから導きだすことができます。

長さを決める

まずは、もみあげの「長さ」をどれくらい残すかを決めましょう。その長さは現在のヘアスタイルによって、適している長さがあるのです。

・ロング~ミディアム…耳たぶの高さまで
・ショート…耳の中心の高さまで

ロングヘアからミディアムヘアの場合、アップにすることを考えたときに長い方がバランス良くなります。逆に、ショートヘアの場合は、短い方が相性良く仕上がるのでおすすめです。

形を決める

長さを決めてから、具体的な形を決めましょう。顔の形や髪型によって差がありますが、女性は「先の丸い逆三角形」が基本の形といわれています。また、基本以外の形にすると印象が大きく変わるので、検討してみても良いでしょう。

・上品な印象…長さは長めにして、自然な形に整える
・かわいい印象…耳の中央から耳たぶの長さで、もみあげの先端を前に持っていく

美容師に相談する

カットをお願いしている担当の美容師に、自分に合うもみあげの形と長さについて相談することもポイントです。自分で形や長さを考えた場合、顔の形や毛質などに適したものが分からない方も多いはずです。また、脱毛は自己処理と違ってすぐに生えてこないので、自己流で失敗すると取り返しがつきません。自分に似合うもみあげにするために、ヘアスタイルのプロである美容師の力を借りてみましょう。

もみあげ脱毛の施術回数とは?

もみあげを脱毛する場合の、おおまかな施術回数は以下の通りです。

・光脱毛…8~12回
・医療脱毛…4~8回

しかし、もみあげ周辺の毛量は個人差が大きいため、この施術回数が正しいと断言することはできません。もみあげは完全に脱毛するか、量を減らして薄くするだけかによって、回数に差が生じることを覚えておきましょう。

もみあげの脱毛方法は何が良いか?

もみあげの脱毛方法は、ワックス脱毛、光脱毛、医療脱毛の3つがあります。それぞれの特徴を知り、どの方法がいいかを判断しましょう。

ワックス脱毛はNG

ワックス脱毛は肌にワックスを塗り、布を当てて一気に引き抜く方法ですが、もみあげの脱毛に適しているとはいえません。顔の皮膚は身体の中で最も薄くデリケートで、ワックスで毛を引き抜くことの刺激で、肌に悪影響を及ぼしかねないためです。

ワックス脱毛はワキや腕、脚といった刺激に強い肌に適した方法なので、顔には絶対に使わないようにしましょう。

光脱毛は美肌効果がある

光脱毛で使用している光は、毛穴の引き締めや美白といった、肌に嬉しい効果があるのが特徴です。顔に光を当てるエステ技法である、フォトフェイシャルが確立しているのはこのためです。もみあげの脱毛をしながらキレイな肌になれるのは、光脱毛ならではのメリットといえます。

光脱毛は医療脱毛より出力が弱く、脱毛効果が表れるまでに施術回数を重ねる必要があります。しかし、出力が弱いと痛みが少ないので、その点をメリットと捉えることもできるでしょう。

医療脱毛は脱毛効果が高い

脱毛クリニックで受けることができる医療脱毛は、レーザーを使用した脱毛方法です。光脱毛よりも照射のパワーが強いため、脱毛効果がより高いという特徴があります。また、脱毛の施術回数も光脱毛の約半分と、速く脱毛が完了することもメリットといえるでしょう。
ただし、光脱毛よりも出力が高いく痛みが出やすい上に、ヤケドのリスクがあることを心得ておきましょう。

まとめ

もみあげを脱毛する際の形や長さについて、お分かりいただけましたか?もみあげを整えるだけで顔の印象が大きく変わるため、形選びは慎重にすることが重要です。もみあげは自分から見えにくい部位だからこそ、美容師やサロンスタッフなど、第三者の目で見て似合う形を見つけましょう。