女性の口ひげも脱毛できるの?おすすめの脱毛方法を紹介!

2018.09.14
Pocket

ひげは男性特有のものだと思ったら大間違いで、口ひげに悩まされている女性も意外に多いのが事実です。
鏡に映った自分の顔に口ひげが見えないからといって、安心するのは禁物です。

女性なのに口ひげが生えてしまう理由は?

口角上の産毛などは正面から見るとわかりにくいですが、横から見ると意外に目立ってしまっているかも。本人は気付いていなくても、他人の目には明らかに見えてしまう場合もあります。
光の加減などで口ひげは薄っすら浮かび上がるようなことがあっては、せっかくのメイクも台無し。あなたのイメージをダウンさせてしまいかねません。

なぜ女性でも口ひげが生えてしまうのでしょうか?それには主に3つの原因が考えられます。
・女性ホルモンの減少による、男性ホルモンの分泌の増加
・紫外線のダメージから皮膚細胞を守ろうとする防衛反応
・遺伝的な要素

生活習慣を見直すなどしてホルモンバランスの改善を心掛けたり、紫外線を浴びないようにしっかり対策したりすれば、口ひげを薄くすることは不可能ではありません。
しかし、きれいに除去するためには、きっちり脱毛をしておきたいものです。

口ひげを脱毛するメリットとは?

口周りといえば、最も人目につきやすいパーツのひとつ。また口周りの皮膚はデリケートで傷つきやすいので、むだ毛を除去することだけを考えるのではなく、肌が美しい状態で保てるように気を付けなければなりません。

カミソリや毛抜きを使った自己処理を長い間続けていると、皮膚にストレスがかかります。すると肌荒れの症状が現れやすくなったり、メラニン色素の分泌が過剰になって色素が沈着したりといったリスクが高まります。
プロによるお手入れでは、肌への負担を最小限に効率よく脱毛できるので安心です。施術方法によっては脱毛だけでなく、美肌効果が期待できる場合も。

口ひげの脱毛が完了すれば、美肌をキープしやすくなり、化粧ノリが良くなってメイク崩れしにくくなります。
薄い皮膚から黒い毛根が透けて見える青ひげも解消されます。
さらには口周りを清潔に保ちやすくなるので、女子力もアップ!

要望別!おすすめの脱毛方法は?

口ひげの脱毛方法にはいくつか種類があります。
どういった希望があるかで、脱毛方法を選ぶことが出来ますので、それぞれの希望に対しておすすめの脱毛方法を紹介していきます。

痛みに耐えることなく脱毛にしたい!

口ひげが生えている鼻下や口周りの皮膚は、とてもデリケートです。皮膚が薄く骨に近いということもあって、腕や脚と比較すると刺激を感じやすいパーツです。ちょっとした痛みも耐える自信がないという人には、光脱毛がおすすめです。

濃い色に反応する特質がある光を照射して毛根にある毛母細胞にダメージを与え、毛が生える能力を衰えさせる方法です。明るい色の肌には負担が少なく、痛みもほとんどないのが特長です。
1回の照射で広範囲を同時にケアできるので、施術がスピーディーだというメリットも。

光脱毛は、多くの脱毛サロンで採用されているお手入れ方法。サロンによっては照射後のスキンケアにも力を注いでいて、美容成分が凝縮されたローションで仕上げをしたり、潤い成分をミスト噴射したりといったサービスを提供しているところもあります。エステ並みの美肌効果も期待できます。

産毛でも手っ取り早く短期間で脱毛を完了させたい!

産毛は他の体毛と比較すると色素が薄いため、光脱毛のライトに対する反応が鈍く、得られる脱毛効果が緩やかになります。そのため脱毛完了までに多くのお手入れ回数を必要とします。毛周期に合わせて少なくとも12~18回のお手入れを繰り返さなければならないので2年以上の期間が かかってしまうこともあります。

なるべく早く口ひげ脱毛を完了させたい人には、レーザー脱毛が理想です。照射による熱エネルギーで毛母細胞にダメージを与えるという点では光脱毛と似ていますが、レーザーはエネルギーを一点に集中して照射できるためより高い脱毛効果が得られます。

脱毛で主に使用されているレーザーには3タイプあります。
それはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーといった波長の異なる3タイプです。
口周りの産毛を処理したい場合は、ダイオードレーザーを照射する脱毛マシンでお手入れを受けるのが最適です。ダイオードレーザーは光線が色素の薄い毛にもしっかり反応して、6~8回での照射で高い効果を発揮します。

日焼けをしているけれど短期間できっちり脱毛したい!

光やアレキサンドライトレーザーは濃い色に反応するため、メラニン色素を多く含む地黒の肌や日に焼けた肌への照射は不適切とされています。やけどや炎症のリスクが高まるからです。
ヤグレーザーは濃い肌色にも対応していますが、レーザーの威力がマイルドなぶん、脱毛効果も緩やかになります。

日焼けをしているけれど、一刻も早く口ひげ脱毛を終えたいという人には、ニードル脱毛が適しています。
ニードル脱毛とは、毛穴に針を刺して微弱の電気を流すことで発毛組織を凝固させてしまう方法です。1本ずつを確実に処理するので施術時間が長くなってしまい、痛みを伴いますが、永続性が高く、光脱毛やレーザー脱毛と比較すると、最も少ない回数で脱毛が完了します。

どんな毛質や肌質でもきっちり脱毛ができるので、剛毛でも口周りの産毛でも、日焼けした肌でもきっちりお手入れすることが可能です。

まとめ

女性の口ひげは様々な方法で脱毛する事が出来ます。
自分の要望がどれに近いか、どの方法があっていそうか、ということをしっかり検討して最適な脱毛方法を選ぶようにしましょう。