気になる脇の脱毛事情。みんなどうやって処理してる?

2018.05.09
Pocket

どんな方でも「脇の下をキレイにしたい」と一度は悩むものです。「みんなはどんな脱毛をしているのかな?」と疑問に思っても、友達同士で話題にすることは、はばかられることも。誰にも聞けない「脇の脱毛事情」をピックアップしてお届けいたします。

オーソドックスにカミソリで

「お風呂に入っている時にさささっと剃っています」というような回答が圧倒的に多い「シャーバーやカミソリを使った除毛。一番オーソドックスな方法とも言えます。

簡単だから

カミソリはどこにでも売っていますし、気になった時にすぐに除毛できるから便利です。思春期に入り、むだ毛が気になる年齢に差し掛かった子供に対し、親が教える除毛法の一つではないでしょうか。
また、安全性も向上していますし、深剃りしやすいように3枚刃など機能面でもよい商品が販売されています。

他人に見せる場所じゃないからそれで十分

ノースリーブや水着などを着用する機会がないし、脇の下は他人に見せる場所ではないから、カミソリで十分という声もあります。脇の下にできてしまった黒ずみがコンプレックスだから脇の下を見せられない、という本音もチラリと見えます。

でも、こんなデメリットも…。

カミソリでの除毛を続けていると、皮膚の色素沈着が始まり、先述の通り肌の黒ずみが出てしまいます。また、刃物を皮膚に当て続けることで、脇の下に鳥肌のようなブツブツが出てくるようになります。それでも、カミソリを当て続けると除毛しきれない部分や、肌を傷つけてしまう可能性も生まれます。
また、埋没毛と呼ばれる毛先が皮膚の中に埋もれてしまう症状が起こりやすいのもカミソリならではのデメリットです。毛先に雑菌がついたまま皮膚の中に埋もれてしまえば、炎症の原因にもつながります。

脱毛クリームやワックスを使っています

短時間でお手入れができる脱毛クリームやワックスという方法もあります。毛を溶かす成分が入っている脱毛クリームと、温めたワックスを塗布し、乾燥させた後に毛と一緒に剥がして抜く脱毛ワックスなどが挙げられます。

ドラッグストアで購入できるから便利

脱毛クリームは、ドラッグストアやスーパーで購入できます。脱毛ワックスに関しても通信販売などで購入できるので自宅でできる脱毛法として人気です。
特に、脱毛ワックスに関しては、エステサロンメニューとしても提供されていますので、定期的に施術を受けているという方もいるかもしれませんね。

毛穴が目立たなくなって仕上がりがきれい

脱毛クリームは毛穴のちょっと奥まで毛を溶かしますし、ワックスは毛を根元から抜き取ります。だから仕上がりがキレイですし毛穴も目立ちにくくなります。夏場の薄着の時期はもちろん、「明日プールに出掛ける」というようなイベントの前日に思い立って自己処理をしたいという時にもお勧めです。

頻繁に使い続けられない!

ただし、脱毛クリームはアルカリ性の薬剤を使っています。使い続けることでアレルギーへの懸念がありますし、毛を溶かすまでの強い薬剤ですので、皮膚トラブルの可能性も高まります。
脱毛ワックスに関しては「毛を抜く手段」ですので、ワックスを剥がす時には痛みを伴います。使い続けることで、身体が痛みを覚えてしまい、ワックス脱毛に苦手意識を感じることもあります。

脱毛サロンに通い始めました

両脇のむだ毛処理のために脱毛サロンへ通う方も増えています。初めてサロンに通う方は両脇から始めることが多いようです。

両脇だけなら比較的安価

脱毛サロンへの入り口として紹介されることが多い「両脇脱毛」。初回特典としてキャンペーン価格で始められるお店も存在しています。
両脇だけのコースでもSパーツの取り扱いとするサロンがほとんどですので、他の部位と比べて比較的安価で脱毛を始めることができます。

何度でも通えるからよい

毛周期に合わせて通うお店もありますが、SHR方式の脱毛機器を導入しているサロンであれば1ヶ月に1度通えます。5回程通えばむだ毛がほぼ気にならなくなると考えられています。お手入れが完了したその後も、メンテナンス感覚で通えるのも良いところですね。また、両脇程度なら、脱毛サロンの滞在時間は10分程度。SHR方式の施術は超高速で光照射を行いますので、あっという間に終わります。買い物ついでに通えるから便利ですね。

最強の仕上がり

カミソリやワックス、クリームでの除毛は、あくまでも「除毛」です。時間の経過とともにまた毛は生えてきます。都度除毛しなければいけないということは、皮膚トラブルの原因をつくっていることにもつながります。
脱毛サロンでの施術は毛根に働きかけることで、新しい毛が生えにくい状態をつくり上げます。肌もきれいなままで最強の仕上がりが期待できます。

おわりに

周りの方の脇脱毛事情をのぞいてみました。タブー視されてしまうお手入れのことだから、話題にも上がりにくい現状があります。皆さんなら、どんな処理方法を選びますか?ライフスタイルに合わせて、むだ毛のコンプレックスを解消できる方法を模索してみましょう。