脇を脱毛すると汗が増える?それとも減る?どっちが本当?

2018.06.13
Pocket

脇毛のないキレイでツルツルの肌に、女性ならば誰しも憧れるものでしょう。
しかし、脱毛をしたことで汗が増える、または減るといった話があることをご存知でしょうか?そこで、今回は脇の脱毛にまつわる、脇汗との関係について詳しくご紹介します。

脇が汗をかきやすいのはナゼ?

脇には多くの汗腺が集中しているため、体の中でも汗をかきやすい部位といえます。そして、次の2つの条件によって、服にシミができてしまうほどの脇汗をかいてしまうのです。

・温熱性発汗

外気温や体を動かしたことで体温が上がったときに、体温調節をするためにかく脇汗のことです。汗は体温を下げる役割を持っているため、汗腺が多い脇に汗が集中しやすくなります。

・精神性発汗

緊張やストレスを感じたときに、手のひらや背中に汗をかいた経験がある人は多いはずです。例えば、仕事のプレゼン、面接、試験といった、緊張を感じるときに出るのがこのタイプです。
人はストレスや不安を受けると交感神経が刺激されて活発になり、大量の汗をかく精神性発汗という状態が起こります。

脇汗が増えると感じる2つの理由

結論からいうと、脱毛が原因で汗が増えるということはありません。
必要のないものと感じる脇毛ですが、皮膚が薄い脇を摩擦から保護する働きと、汗を発散するという重要な役割を担っています。なぜ脇を脱毛すると汗が増えたと感じるのかというと、次の2つの理由が考えられます。

・脇毛がないことで汗を感じやすくなる

脇毛が生えている状態では汗が毛に絡みつくことで蒸発しやすく、皮膚に付着する量が少ないため脇汗を感じにくくさせます。つまり、脇毛がなくなったことで汗が皮膚に留まったり、流れ落ちたりすることで、脇汗がより感じやすくなるのです。

・脇汗を気にし過ぎる

脇汗を気にすることが緊張やストレスへとつながることで、精神性発汗を引き起こすと考えられます。例えば、服の汗染みが目立たないか気にすることや、人よりも脇汗が多いと悩んでいる女性に起きやすいという特徴があります。

脱毛をしても脇汗の量は減らない

脱毛後に汗を感じやすくなるのは確かですが、実際にかく脇汗の量は変わりありません。つまり、脱毛をしたことで「汗が減る」ということはないのです。
しかし、レーザー脱毛を受けたことで、脇汗が作られるエクリン腺を刺激して「一時的に汗が減る」という説もあるようです。

脇を脱毛することでにおいはどうなる?

脱毛後に脇汗が多いと感じるようになると同時に、脇汗のにおいを気にする方も少なくありません。また、においに敏感になり過ぎることもストレスになり、脇汗が増えてしまうという悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう

脇汗のにおいが発生するもとになるのは、脇毛に汗が触れることで繁殖する雑菌が原因です。つまり、脱毛をすることによって、においを軽減できる効果が期待できるのです。

しかし、脱毛後 に脇のニオイが気になるようになった、という人も少なくありません。その場合は脇の毛穴に残っている、「皮脂や垢が酸化」されたものが原因と考えられます。脇の毛穴に白や黒の皮脂のかたまりがないか確認し、ある場合は毛抜きで引き出したり、入浴時に脇をしっかり洗って汚れを溜めないようにしましょう。

脱毛後の効果的な脇汗対策

脇汗を完全に止めることは不可能であるため、脇汗をかいても大丈夫!といえる対策を取るようにしましょう。

・制汗剤を利用する

脇のニオイのもとになる菌の繁殖を抑える、市販の制汗剤を利用することも有効な脇汗対策です。また、制汗剤が持つ「汗を乾かす」働きにより、脇汗の量を調節する効果も期待できます。

・脇汗を取るインナーを着用する

汗染みを服に浸透させない、脇汗対策用のインナーを着用することも効果的な脇汗対策です。
脇の下を覆うように汗取り用のパッドが内蔵され、脇に密着して汗をしっかりと吸い取ってくれます。服の袖ぐりに差し込むタイプの汗取りシートもありますが、インナータイプの方がより効果が期待できるでしょう。

・ストレスを発散する

発汗と密接に関係している交感神経は自律神経の1つで、ストレスによる影響を受けやすいという特徴があります。しかし、ストレスを完全に排除するのは難しく、脇汗をかかないようにする対策は現実的ではありません。つまり、自律神経が乱れやすくなるストレスを溜めず、こまめに発散させるようにしましょう。
また、緊張などから脇汗をかいたとしても、なるべく気にしないようにすることも、脇汗を増やさない対策になります。

・服のにおいケア

脇のにおいの原因は脇汗だけに限らず、「服に染み付いたにおい」が原因であることも考えられます。
生乾きや落ちなかった皮脂が酸化することで、洗濯をしたはずの服でもにおいが気になることもあるでしょう。もしも、においのもとになる服を着た場合、体温で温められて拡散してしまうという事態につながるのです。

服の香り付けが女性に人気がありますが、においを誤魔化すのではなく「消す」ことを重点に置くことがポイントです。特ににおいが気になる服は、色柄物にも使える漂白剤を使い、浸け置き洗いをすると効果的です。

まとめ

脱毛後に脇汗が増えるのではなく、「増えた気がする」のが正しいということをおわかりいただけたかと思います。汗を感じることは確かですが、脇毛がないことでニオイも軽減できるので、総じていえば脇を脱毛する方が良いといえるでしょう。

そして、脇毛の自己処理をすることと比較すれば、脱毛後の汗対策の方がずっと簡単なはずです。脇汗を不快に感じさせない対策方法を実践し、脇毛を気にしなくていい生活を楽しみましょう。