脱毛したらワキガになる?ワキガの人は治るって本当?

2018.05.15
Pocket

脱毛後にワキのニオイがキツくなったように感じる方や、その逆の人などそれぞれの意見があります。実際にワキガとはどのような症状なのでしょうか。また、脱毛とワキガに関係はあるのでしょうか。ワキガのことがネックになって脱毛をすることに躊躇している方もいるかもしれませんね。ワキガと脱毛についてまとめました。

そもそも、ワキガとは

「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれる疾患です。体質が関係すると言われていますが、医師による見解もそれぞれです。

汗と雑菌が変化したしたニオイ

汗はエクリン腺とアポクリン腺という2つの分泌腺から分泌されます。特にアポクリン腺から分泌される汗は、脂肪酸やアンモニアなどの成分を含んでおり、空気に触れることでニオイに変わります。また分泌された汗に雑菌が繁殖することでさらにニオイが強まります。エクリン腺とアポクリン腺を持っている人間である以上、単純に誰しもがワキガを持っていると捉えることができます。その理由として肉や脂分の多い食卓となる、欧米人のほぼ100%がワキガを持っているとされています。体質によって脂肪やアンモニア成分が強い汗を分泌する傾向にある人がワキガ体質と呼ばれることがあるようです。

毛は関係なし

ワキガの原因をご覧になった方はお気づきのことでしょう。実はワキガとワキ毛は無関係です。後で詳しくまとめてまいりますが、体毛の役割には汗を蒸散させる働きもありますので、ワキの下に生える毛もこれらの働きを全うしていることが考えられます。

体質が影響します

先にも少し触れましたが、ワキのニオイは体質が影響します。中でも食生活に左右されると考えられており、日本人は脂肪分が少ない菜食・白身魚などを食べる機会が多いためワキガを持った方が少ないとされています。体質的に消化が悪いという方や、ファストフード中心の食生活という方はワキガにかかりやすいとされています。また強いストレスにさらされている方や、睡眠不足など生活習慣が整わない方もワキガにかかりやすいと考えられています。

脱毛とワキガって関係あるの?

毛とワキガは無関係とはいいましたが、ワキガと脱毛に関するウワサは本当なのでしょうか?

脱毛後ワキガが治ったという方は…?

体毛は、体温調節をするために汗を蒸散させる働きがあります。エクリン腺は皮膚の表面につながっていますが、アポクリン腺は毛穴から汗が分泌されるようにできています。脱毛をすることで、毛根部に繁殖するニオイの元となる雑菌がなくなるため、「ワキガが治った」ように感じるのかもしれません。

脱毛後ワキガになったという方は…?

脱毛後ニオイがキツくなったと感じる方は、体毛がなくなり、汗の蒸散機能が失われたために起こったのかもしれません。蒸散されないまま、ワキの皮膚に汗が付着しムレることが原因と考えられます。脱毛前より汗が多くなったと感じるのもこのためでしょう。
毛穴に汗やほこりがたまり、雑菌が繁殖することでワキガのニオイが気になるようになったと考えることが正しいかもしれません。また、一部の医師は、脱毛行為によって、アポクリン腺が活性化しワキガが発生するのではないかと考えていますが、こちらも学術的には明らかにされていません。

ワキのニオイを防ぐためには…?

脱毛前・脱毛後それぞれのワキのニオイは日頃のケアによって防げます。

都度汗ケアをすること

ワキのニオイは空気にさらされることと、雑菌が繁殖することで発生します。制汗剤をワキに塗布するほか、汗をかいたら都度、汗ふき用のウェットティッシュで拭きとるなどの対策を施しましょう。食品添加物などで使われる重曹を脇の下にすりこむことでも効果があります。たったこれだけの対策でも、ニオイを限りなく減らすことができます。

ワキガに対する根本的治療を行うこと

ワキガが気になり過ぎて、精神的に参ってしまうことも多々あります。脱毛してコンプレックスを克服してもなお、ニオイという新たなコンプレックスに悩む方は、皮膚科で根本的な治療を始めることをおすすめします。かつては、切開してアポクリン腺を吸引するなどダウンタイムが必要な大がかりな手術が主流でしたが、現在では、傷が少ないレーザー機器を使用した治療が一般的です。また、軽度の場合などには医薬品を塗布する程度で状態を落ち着けることもできます。断続的な治療が求められますが、注射による薬剤注入法も効果があります。皮膚科医に相談をしてみましょう。

生活習慣を改めること

元々ワキガ体質(家族がワキガだ・湿った粘着タイプの耳垢だなど)の方でも、生活習慣を改めることで、ワキガのニオイを軽減できます。ワキガは、日頃の食習慣が影響することがあります。肉類中心の生活から野菜中心の生活に改める、ニンニクなどニオイの強い食べ物を控える、飲酒を控えるなどを実践しましょう。
また、睡眠時間が少ない、ストレスフルな生活だという方もワキガのニオイを強めてしまう一因となります。睡眠時間を十分に確保することや、ストレスを緩和させるための対策をするなども検討していきましょう。

おわりに

ワキガは体質の関係から発生する症状で、脱毛とは全く関係がないことが分かっています。日本人は体臭に敏感ですが、日頃のケアで十分にニオイを抑えることができます。脱毛をすることで体毛が持つ機能を失うわけですから、いつもと違うニオイの感覚が生まれるかもしれません。まずは、制汗ケアなどを導入していきましょう。