足脱毛で着ていくべき服装は?ズボンでも問題ない?

2019.01.21
Pocket

サロンやクリニックで脱毛をする際、脱毛に適した服装があることをご存知でしたか?
もしも適していない服装で施術を受けた場合、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になるのです。

今回は、ひざ下などの足脱毛をする際に、最適な服装についてご紹介します。脱毛後の肌にとって重要なことなので、足脱毛をする方は必見です。

足脱毛に適した服装の条件とは?

足脱毛に適した服装とは、「締め付けない・露出が少ない・天然素材」の3つの条件があります。なぜこの条件があるのかというと、足脱毛の肌トラブル防止に大きく役立つからです。

締め付けは肌トラブルの原因になる

脱毛後のデリケートな肌を締め付けると、それが摩擦となって肌の赤味や炎症、かゆみといった肌トラブルが起こる原因になります。

なぜ脱毛後の肌がデリケートかというと、脱毛のメカニズムが大きく関係しているからです。

脱毛で使用する光とレーザーは、毛のメラニン色素に反応する性質があります。それを照射することで毛根に熱のパワーが伝わり、毛根を破壊して毛の再生力を弱めて脱毛効果を実感できるのです。つまり、脱毛後の状態は肌の奥は熱を蓄えており、いわば「軽度の火傷」を負っているのと同じ状態といえます。

熱を持った肌を締め付けると肌に大きな負担となるので、締め付けのない、ゆったりしたデザインやサイズの服が適しているのです。

露出すると紫外線を浴びるリスクが高まる

スカートなら何でもいい、というわけではありません。足を露出するミニスカートや、ひざ上丈のスカートは、脱毛後の肌が紫外線を浴びるリスクが高くなります。

脱毛後の肌に紫外線を浴びてしまうと、軽度の火傷状態からさらに悪化したり、照射した部分が色素沈着になったりと、肌にとって重大なトラブルを引き起こすのです。

また、日焼けをした肌はメラニン色素が増えている状態であり、その肌に光やレーザーを照射すると、肌のメラニン色素に反応する可能性があります。結果的に火傷のリスクを増やしてしまうので、脱毛中に紫外線は厳禁と覚えておきましょう。

化学繊維は肌の刺激になる

脱毛後の肌は敏感な状態なので、服の形だけでなく素材にも配慮しましょう。ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は肌に刺激を与えやすく、かゆみなどが起こる可能性が高くなります。そのため、綿やシルクといった、肌にやさしい天然素材の肌着や服は脱毛に最適でしょう。

また、特に注意が必要なのは、ヒートテック系の発熱素材の肌着です。
この素材は汗を吸収して発熱する仕組みで、肌に必要な水分が取られてしまい、乾燥が悪化してかゆみや炎症が起きやすくなります。綿素材は汗を吸いますが発熱などの効果はないので、過度な乾燥を防ぐ効果が期待できるでしょう。

足脱毛にはロングスカートが最適

これらの3つの条件をクリアする服装は、「ロングスカート」が最適といえるでしょう。
ロングスカートなら足全体を締め付けないので摩擦の心配がなく、通気性もいいので肌の熱がこもることもありません。

しかし、せっかくロングスカートを穿いたとしても、防寒対策として締め付けるストッキングやタイツを穿いてしまっては意味がありません。

真冬などでロングスカートでは寒いと感じる場合は、肌に刺激を与えにくい「ペチコート」を下に穿くことをおすすめします。ペチコートの素材も化学繊維ではなく、肌にやさしい綿やシルクを選ぶとより効果的といえるでしょう。

足脱毛の施術にパンツは要注意

ロングスカートを持っていない方や、スカートが苦手でパンツしか履きたくない、という方もいるでしょう。しかし、パンツは選び方によって、適しているものと適してないものがあるので要注意です。

スキニーやレギンスなどはNG

足脱毛の施術当日は、スキニーパンツやレギンス、タイツといった締め付けのある服は避けましょう。
足脱毛に適した服装でご紹介した通り、締め付けは肌トラブルの大きな原因になります。普段では問題なく穿けるパンツだとしても、脱毛後の火照った肌には予想以上のダメージを与えてしまいます。

日常的にパンツを穿いている方は、その習慣でついついパンツを穿いてしまうこともあるでしょう。足脱毛を受けるなら、脱毛用にゆったりしたワイドパンツなどを1着持っておくのがおすすめです。

締め付けないパンツならOK

パンツがすべてNGというわけでなく、締め付けのないパンツなら問題ありません。
たとえば、ワイドパンツやガウチョパンツ、カーゴパンツなど、生地が肌に触れないゆったりしたタイプなら足脱毛に適しているといえるでしょう。

また、ショートパンツは肌に触れる生地は存在しませんが、紫外線を浴びる可能性はミニスカートと同様です。摩擦の肌トラブルよりも、紫外線の肌トラブルの方が重症で、色素沈着が起きると簡単には消えません。

脱毛の当日だけはオシャレをお休みして、肌に刺激と紫外線を与えない服装を心がけましょう。

まとめ

足脱毛に適した服装とパンツを穿く際の注意点について、お分かりいただけましたか?
脱毛後の肌は熱を持っており、普段よりも何倍も敏感な状態という意識を持つことが大切です。また、締め付けによる炎症や、紫外線による色素沈着など、起こり得る肌トラブルを知っておくことで服装選びも慎重になるでしょう。

脱毛後の肌をキレイに保つためにも、ロングスカートやワイドパンツを1つ購入しておくことをおすすめします。