顔脱毛を受けるとニキビや肌荒れができるって本当?噂の真相とは

2018.11.17
Pocket

自分で思っている以上に目立つ顔のうぶ毛ですが、自己処理で十分だと思っている方も多いですよね。
しかし自分で処理すると、カミソリで肌を傷つけたりして肌トラブルを引き起こす要因になってしまうこともあります。

そんなときにおすすめなのが、顔脱毛。
顔のうぶ毛がなくなれば、化粧ノリが良くなったり顔全体のトーンが明るくなったりと良いことずくめです。

しかし「顔脱毛を受けるとニキビや肌荒れができる」という噂もあります。
その噂のせいで、顔脱毛を受けるのに尻込みしている人もいるのではないでしょうか?

本記事では、噂の真相とその理由、顔脱毛を受けた後にニキビや肌荒れが起きた場合のおすすめの対処法などをご紹介します。

顔脱毛でニキビや肌荒れを起こすのは本当?

顔脱毛でニキビや肌荒れが起きるという噂は、事実です。
しかし、顔脱毛をすれば必ずニキビや肌荒れが起きるというわけではありません。
ここでは肌荒れが起きる原因を、脱毛の仕組みと共に見ていきましょう。

脱毛の仕組み

一般的に、脱毛サロンやクリニックで行われている脱毛は、光脱毛とレーザー脱毛です。
光脱毛であってもレーザー脱毛であっても、熱エネルギーを照射して毛根を破壊するという仕組みは同じで、その熱エネルギーは、光脱毛だと約70℃、レーザー脱毛だと約200℃にもなるといわれています。

この光とレーザーは黒い色に反応する性質があるため、肌には反応せず毛根にのみ反応しますが、毛根がそれだけ高温になっていれば、周りの肌にも影響が出てもおかしくありません。
実際に、毛穴や肌には大きな負荷がかかっているのです。

顔脱毛で起こる肌荒れ

顔脱毛によって起こる肌荒れは、主に3つあります。

1つ目は、ニキビ。
熱エネルギーが与えられることにより肌の新陳代謝が高まり、好転反応が起こってニキビができることがあります。
もともとニキビ予備軍のようなものがあることからできるニキビなので、いつもできるニキビと同じだと考えてよいでしょう。

2つ目は、毛包炎や毛嚢炎。
照射によって毛穴に傷が付いてできるのが、毛包炎や毛嚢炎です。
これは、焼き切られた毛根の燃えかすが毛穴につまることでも起こります。
白くぷつぷつとした毛包炎や毛嚢炎はニキビと同じに見えますが、原因や対策は全く違うので注意しましょう。

3つ目は、赤みやかゆみ。
毛穴が照射によってやけどをし、その腫れが表面に出て赤みやかゆみに繋がることもあります。
日焼けで赤くなりやすい人は、赤みやかゆみも出やすい傾向にあるので注意しましょう。

顔脱毛を受けた後にニキビや肌荒れが起きた場合のおすすめの対処法とは?

顔脱毛を受けた後にニキビや肌荒れが起きてしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?
ニキビや肌荒れが起きた場合のおすすめの対処法を、肌荒れの症状別にご紹介します。

ニキビができた場合

ニキビができてしまった場合、大切なのは保湿と規則正しい生活リズム、バランスの良い食事です。
ニキビはホルモンバランスの乱れが原因なので、生活を改善していれば自然と治りますが、早く治したいのであれば病院に行って薬をもらうのも一案です。

毛包炎や毛嚢炎ができた場合

毛包炎や毛嚢炎になってしまったときは、すぐに病院に行きましょう。
ニキビと見た目は似ていますが、ホルモンバランスの乱れが原因のニキビに対し、毛包炎や毛嚢炎の原因は肌の常在菌であるブドウ球菌の感染です。

抗生剤を飲んで、抗炎症剤を塗ることですぐに良くなりますが、セルフケアではなかなか難しいので病院に行くことが大切です。

赤みやかゆみが出た場合

赤みやかゆみが出たときは、保湿と冷却を徹底しましょう。
軽度のやけどなので、肌に刺激を与えないようにしながら冷やして保湿をしてください。

顔脱毛を受けた後にやってはいけないこととは?

顔脱毛を受けた後にニキビや肌荒れを起こさないため、また起きてしまった肌荒れを悪化させないためにやってはいけないことは全部で4つあります。

1つ目は、飲酒。
アルコールには、体を温める作用があります。
熱を帯びてダメージを受けた肌は冷やすことにより整いますが、アルコールによって温められると血行が良くなり赤みはひきません。

2つ目は、日焼け。
日焼けは、肌にダメージを与えます。
顔脱毛で多少なりともダメージを負った肌に、さらにダメージを与えると回復が遅くなります。

3つ目は、入浴。
こちらも血行が良くなってしまうため、おすすめできません。
シャワー程度なら大丈夫ですが、長風呂や半身浴はやめておきましょう。

4つ目は、ニキビや毛包炎、毛嚢炎をつぶすこと。
早く治したいと思って、つぶしてしまう人も多くいます。
しかし、つぶすことで手や指の雑菌が傷口に入り、さらなる化膿を引き起こしてしまいます。
また、これが色素沈着の原因になることもありますので、必要以上に触らないようにしましょう。

まとめ

顔脱毛の後に、ニキビや肌荒れが起きてしまうことはあります。
しかし、やってはいけないことを守り、早めに病院に行って最適な治療を受ければ長引くことなく治すことができます。
ニキビや肌荒れを恐れずに顔脱毛にチャレンジして、キレイな素肌を手に入れましょう!