Oラインの脱毛ってエステサロンやクリニックでしてる?それとも自分でしている?

2018.06.05
Pocket

Oラインの毛を整えるメリットとは?

Oラインとはお尻の穴周り数センチのことで、お尻自体は含みません。
ほんの小さなパーツですが、この辺りに生えた毛を処理することによって、見た目の美しさという点においても衛生面においても格段に向上するなど、メリットが大きいとあって多くの女子がお手入れをしています。

Oラインの脱毛をすることによって、下着や水着から毛がはみ出る心配がなくなり、Tバックやセクシーなデザインのビキニなどにも挑戦できるようになります。
またOラインは自分では目にすることができませんが、パートナーからは意外にも見られているパーツ。清潔感のあるイイ女をアピールするためにも、きっちりとお手入れしておきたいものです。

さらにOラインを脱毛すれば、排泄物が毛に絡みつくなどということもなくなり、ウォシュレットやシャワーでも洗いやすくなるので、お尻の穴周りを清潔に保ちやすくなります。そうすれば雑菌の繁殖が抑えられるようになるのはもちろん、臭いやかゆみなどの不快感の軽減も大いに期待できます。

Oラインの自己処理にはリスクが多いって本当?

Oラインは鏡でも使わないかぎり、自分では見づらいパーツです。闇雲に自己処理をしていると、雑菌が入ってしまうかもしれないので危険です。またお尻の穴周りの肌は繊細で、毛を抜いたときに激しい痛みを伴うだけでなくカミソリ負けもしやすいので、Oラインのムダ毛のセルフケアはあまりおすすめできません。
やはりエステサロンまたは脱毛クリニックで、プロによる施術を受けて毛を処理したほうが安心です。

Oラインは、他人に見られると恥ずかしいパーツではありますが、施術を担当するスタッフはあらゆる人のあらゆるパーツのケアに慣れているので、過敏になる必要はありません。
ひとたび脱毛が完了してしまえば、煩わしい自己処理からも解放されて身も心もすっきりします。それまでのほんの少しの我慢です。

エステサロンやクリニックでのOラインの脱毛方法は?

エステサロンやクリニックでは、Oラインだけを選んでピンポイントの脱毛をすることも可能ですが、全身脱毛や、ビキニラインのVや陰部周辺のIとセットになったVIO脱毛のコースで、他のパーツと組み合わせて脱毛することができます。
脱毛方法としては、一般的に光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛3種の脱毛方法が採用されています。

光脱毛とレーザー脱毛は、ともに黒い色に反応する性質があるライトを照射して、毛根にある細胞にダメージを与えて毛の生える能力を奪う方法です。

光脱毛は照射するライトの出力が弱い分効果が緩やかで、脱毛完了までに必要なお手入れ回数は12~15回と多めですが、肌への負担が少なく痛みもほとんどないという魅力があります。

レーザー脱毛は、照射の時にゴムでパチンと弾いたような刺激を感じることがありますが、お手入れ回数が5~8回と比較的少なめで、永続性が高いのがメリットです。

ニードル脱毛は、毛穴に針を挿入して微弱の電気を流すことによって、発毛組織を凝固させて毛が生えないようにする方法です。永続性が高く、お手入れ完了までに必要な回数は4~6回。毛質や肌質を選ばず、光脱毛やレーザー脱毛では難しい粘膜の上に生えた毛の処理も可能です。毛穴ひとつずつを丁寧に処理していくので施術時間が長くなりがちで、ハイコストなのが特徴です。

料金設定は、お手入れ受け放題、回数制、都度払いなどエステサロンやクリニックによって様々で、金額にもばらつきがありますが、一般的にはリーズナブルな順に、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛になります。

Oラインに限ったことではありませんが、脱毛は、少なくはない時間とお金を要する大きな自己投資です。
これらの3種の脱毛方法のメリットとデメリットを十分に理解して比較し、自分に適した方法をチョイスするといいでしょう。いずれの方法でも、毛周期に合わせて繰り返しお手入れを受ける必要があるので、通いやすいサロンやクリニックを見つけることも重要です。

プロによるOライン脱毛の流れや注意点とは?

Oライン脱毛をする場合、予約していた日時にサロンやクリニックに着くと、まず用意されているガウンまたはキャミソールに着替え、使い捨ての紙ショーツを履きます。
そして肌のコンディションなどをチェックし、問題なければ施術開始です。
通常は施術ベッドの上に、ひざを立てて前かがみになった状態で施術を受けます。
ニードル脱毛やレーザー脱毛をクリニックでする場合、部分的な麻酔の使用をリクエストできることもあるので、刺激に敏感だという人はあらかじめ確認しておくといいでしょう。

まとめ

他のパーツとは異なり、VIOラインは生理になった場合はお手入れを受けることができません。
経血が脱毛器具やベッドに付着してしまうと、衛生的でないからというのが主な理由です。
もし脱毛の予約を入れていた日に生理が重なってしまったら、キャンセル、または日時の変更をする必要があります。