VIO脱毛の形はどうする?定番やおすすめってある?

2018.07.23
Pocket

VIOとは、アンダーヘアの前面のVライン、脚の間の陰部のIライン、お尻周りのOラインの総称です。その中でもVラインの形をどうするかで、見た目の印象が左右されるといっても過言ではありません。
つまり、自己処理ではいずれまた生えてきますが、次から生えてこなくなる脱毛となると、形選びをどうするかが重要になってくるのです。

そこで、VIO脱毛を失敗させないためにも、数あるVラインの形から適切な選び方をご紹介します。

Vラインの形の種類と 選び方とは?

Vラインの形は主に次の6種類があり、残す幅などは好きにカスタマイズできます。まずは自分好みの形を見つけましょう。

逆三角形

逆三角形型は人気の形で、幅が広いタイプと細いタイプの2種類があります。幅が広いタイプは見た目が最も自然な形なので、はじめてのVライン脱毛に適しています。ただし、前面が細いタイプの下着では、横からヘアがはみ出すことがあります。

幅が細いタイプはほとんどの下着や水着にも対応できるのに、最も自然に近い形であることから人気が高い形です。「いかにも」整えているという見た目に抵抗がある方は、逆三角形タイプがおすすめです。

ナチュラル型

ナチュラル型とは全体の毛量を減らすことで、最も自然な形に整える脱毛方法です。脚の付け根に近い部分はしっかり脱毛をするため、下着からのはみ出しを防ぐことができます。ヘアの量が多く濃い方で、手を加え過ぎない見た目が好みの方に適しています。

卵型(オーバル)

卵型は見た目がきれいに整っていることに加え、違和感のない自然な形であることから人気があります。逆三角形型よりも丸みを帯びた形であることから、女性らしい印象を与えられることもメリットの1つです。

また、人前で脱いでも気にならない形なので、海やプール、温泉などによく行く方にはおすすめできる形といえます。

I型

サイドの部分をすべて除き、中心部だけを残すのがI型の特徴です。極限までヘアを減らしているため、小さい水着や下着でもヘアのはみ出しを防ぐことができます。

自然な逆三角形型と違い、「いかにも」整えているという印象になりやすいというデメリットがあります。ほとんどヘアがなくてもいいけど、無毛にするには抵抗がある、という方にはおすすめの形といえます。また、I型の横幅を広くした、逆さまの台形のようなスクエア型もスタイリッシュな見た目の印象になります。

無毛(ハイジニーナ)

まったくの無毛のことを指すハイジニーナとは、もとは衛生という意味のハイジニーンから生まれた言葉です。ヘアをすべてなくすことで見た目もスッキリするだけでなく、ニオイやムレの悩みから解放されるのが大きなメリットです。また、ヘアを一切気にすることがないので、さまざまな種類の水着や下着を楽しめます。

しかし、温泉など人前で裸になるときに視線を気にする方は、ハイジニーナは避けた方が無難といえます。また、ハイジニーナに興味はあるものの、二度と生えてこないことに後悔するかもしれないと不安に思う方もいるでしょう。その場合は一時的にハイジニーナを体験できる、ブラジリアンワックスを試すことをおすすめします。

デザイン型

一般的な形ではなく、他の人と違った個性的な形にしたい方は、自分好みのデザインにすることも可能です。デザイン型で人気なのは、「ハート型」、丸みを帯びた逆三角形型である「扇型」といわれています。

それ以外にも好きな形をオーダーできるサロンやクリニックもあるので、やりたい形があれば相談してみましょう。残す範囲を大きめにしておくと、後から毛量を減らして形を変えることも可能です。

IラインとOラインの脱毛範囲はどうする?

Vラインだけを脱毛するのではなく、IラインとOラインも合わせて脱毛した方がより自然な仕上がりになります。
特にOラインはすべて脱毛することで、ソング型(Tバック)の下着をきれいに履きこなすことができます。
また、自己処理が難しい部位であることも加味すると、Oラインは無毛にするのが望ましいといえます。

Iラインに関しては、Vラインの形に合わせて脱毛範囲を決める必要があります。
なぜなら、逆三角形型やI形といった先が細い形にした場合、Iラインをすべて脱毛すると割れ目の部分が見えてしまうリスクがあるからです。

それを防ぐためには、Iラインの前部分を少し残し、Vラインの形とつなぐことがポイントです。前面から見ても割れ目が見えず、自然な仕上がりになります。
もしくは、前面を広くした卵型や、大きめの逆三角形型にして、Iラインはすべて脱毛するという方法も良いでしょう。

まとめ

VIO脱毛で見た目の印象を決める、Vライン脱毛の形についてまとめましたが、おわかりいただけましたか?

Vラインをどれだけ残すか、または無毛にするかで、見た目の印象が大きく変わります。脱毛をしてから失敗に気付いて手遅れにならないよう、どのような仕上がりになるかをサロンの方と事前に相談するようにしましょう。