VIO脱毛は痛いって本当?痛みを軽くする方法ってある?

2018.07.17
Pocket

VIO脱毛が痛い理由

IPL脱毛や、医療レーザー脱毛の場合、黒色に熱エネルギーを集中させる波長の光を照射する仕組みで脱毛します。毛根に熱が集中した結果、毛が弱り根元から抜け落ちます。
SHR方式の脱毛機器が発する光は毛包全体を温める種類のものです。毛包全体に熱エネルギーを集め毛根から毛を弱らせる考え方に基づいています。

両ワキの毛とVIOラインの毛を比較してみましょう。いずれも太い毛ではありますが、VIOラインの毛の方が濃く硬い毛です。毛の太さから考えると、毛根もしっかりとしていると考えることができます。
もちろん、毛根を包み込んでいる毛包も大きく表面積が大きいと捉えて構わないでしょう。

しっかりとした毛根に瞬間的でも大きな熱エネルギーが集中します。
また、表面積が大きい毛包にもじんわりとした熱エネルギーが集中します。これが痛みとなる原因です。ワキと比べるとVIOラインは毛量も多いので、熱エネルギーが集中するために痛みにつながりやすいと考えることもできます。

それと、もう一つ理由があります。VIOライン周辺には感覚神経 が集中しています。
そのため、痛みをダイレクトに感じやすい傾向もあります。これらの理由を合わせると「VIOは痛い」という理由も納得できるのではないでしょうか。

VIO脱毛をする意義があります。

「痛い思いをして脱毛をする意味はある?」「美を追求するためには痛みは必要!」などVIO脱毛に関して様々な意見があります。VIOラインを脱毛する意味について考えてみましょう。

元々、体毛は「体のウィークポイントを守る」役割を担っています。人間はそこまで研ぎ澄まされてはいませんが、体毛は感覚器の一つとしても成り立っています。
体を守る役目を持った体毛ですが、頭髪はおしゃれや身だしなみの観点からもキレイに整えます。体の露出が多い部位も身だしなみとして剃毛や脱毛をしますよね。ではVIOは?

恋人ができた、結婚を意識しているという方がVIOラインをキレイにしたいと考えることはもちろんのこと、おしゃれな下着や水着をしっかり着こなしたいという気持ちから興味を持つことが多いはずです。

セルフケアがなかなか難しい部位なので、脱毛によって毛量を減らす・なくすことを優先させることが一番簡単な方法だと言えます。

また、生理中のムレや処理の煩わしさからも解放されます。普段の時でも体の形にそったデザインの衣服も着用しやすくなるようです。

脱毛サロンでの施術によって全て毛を無くすことに対して羞恥心を持つ方もいます。
もちろんデリケートゾーンの毛をなくすための脱毛ではなく「毛を減らす」ための脱毛ができるサロンがほとんどです。
エステスタッフと相談をしながら自分自身が目指す「VIOライン」の形をつくり出していきましょう。

痛みを和らげる方法ってある?

VIOラインの脱毛には意味があることが分かったけれど、「脱毛時の痛み」からは逃れたいと誰もが思うことでしょう。痛みを和らげる方法があれば実践しながら脱毛していきたいと考えることも自然な流れです。

医療レーザー脱毛は、医師の処方の元でVIOラインにも使用できる麻酔クリームを塗布し痛みを遠ざけています。残念ながら美容脱毛ではこれができません。
もし痛みに弱くVIOラインの脱毛時の痛みが我慢できないのであれば、医療レーザー脱毛ができる美容外科や美容皮膚科での施術を選択することも一案です。

VIOラインの脱毛は、生理サイクルによって「痛みを強く感じる時」と「そうでないとき」が別れるようです。特に生理が始まる1週間前あたりからは神経が過敏になっているため痛みを強く感じるようになります。

また、生理が終わった直後から排卵期までの期間は神経の興奮状態も治まるため、脱毛時の痛みを感じにくくなるようです。そのため、VIOラインの脱毛は生理の終了直後に行うことをおすすめします。また、皮膚の乾燥が強いと光照射に痛みを強く感じるようです。

VIOラインの皮膚は薄く柔らかいため、肌が乾燥状態にあれば熱エネルギーの発生時に痛みにつながりやすくなります。保湿ケアを丁寧に行うことも一案です。

痛みが強くて我慢できない場合は、スタッフに必ず伝えましょう。光照射レベルを下げてくれる他、ショット後には冷却時間を長く取り、皮膚のヒリヒリ感などがなくなってから次のショットを打つ配慮などを行ってくれます。これだけでも安心できるのではないでしょうか。

痛みに対する不安が募ると、緊張し体がこわばってしまいます。体がこわばることも痛みを増長する一つの要因です。身構えることはせずリラックスした気持ちで脱毛を受けましょう。

VIOラインは触られることや見られることも恥ずかしいので、どうしても緊張してしまうという声もありますが、エステスタッフは専門的な教育を受けている方ばかりですので、手慣れています。だからこそ安心して委ねてくださいね。

ただし痛みへの不安が大きい方や、痛みが引き金でパニックを起こしやすい方はVIOラインの脱毛は避けた方が良いでしょう。サロンでカウンセリングを受けながら決定していくことをおすすめします。

まとめ

VIOラインは痛みが強いと言われていますが、痛みのレベルには個人差があるようです、また生理サイクルとも関係があるようなので、予約日を調整しながらVIO脱毛をしていきましょう。また脱毛時には緊張をすることで痛みが増長されてしまうこともあるので、リラックスした気持ちで施術を受けてくださいね。