ブレンド法脱毛って何?ニードル脱毛との違いとは

2018.11.15
Pocket

脱毛方法にはクリニックなどで脱毛する「レーザー脱毛」や、エステサロンなどで脱毛する「光脱毛」などをよく聞きますが、その他にもさまざまな脱毛方法が存在します。

脱毛効果が高くて、ほぼ確実な永久脱毛を可能にする「ニードル脱毛」や「ブレンド法」など、さまざまな呼び名がありますが、いったいどのような脱毛方法なのでしょうか?
それぞれの特徴や違いなどをご紹介します!

「ブレンド法」はニードル脱毛の1種!

ニードル脱毛については後ほど詳しく説明しますが、「ブレンド法」脱毛とはニードル脱毛(美容電気脱毛)の中の1種であり、発毛組織を破壊する方法がほかの種類と異なるものです。

電気分解法の高い効果と、脱毛サロンでも扱える高周波法の利点を組み合わせたのが「ブレンド法」となります。ですので、ニードル脱毛(美容電気脱毛)を脱毛サロンで受けたいと考えた時には、「高周波法」に「電気分解法」の利点も取り入れた「ブレンド法」での施術がおすすめなのです。

レーザー脱毛や光脱毛で脱毛が完了したのに、しぶとく毛が生えてくる部位や眉毛や顔の産毛、指毛などの細かい部位、白髪などを脱毛したい時。
ほかにはレーザー脱毛や光脱毛では施術できない日焼けした肌や黒ずんでいる部位、ほくろやタトゥーのある部分の脱毛方法の1つとして、視野に入れるといいでしょう。

脱毛効果が高い「ニードル脱毛」とは?

クリニックなどで行う脱毛と言えば、「レーザー脱毛」が有名ですが、レーザー脱毛が普及する以前は、「ニードル脱毛」が一般的でした。
その歴史は古く、レーザー脱毛よりも高い脱毛効果が認められており、ほぼ確実な永久脱毛方法といわれています。

ニードル脱毛は、「針脱毛」「電気脱毛」などの呼び方でも知られています。
具体的なやり方は、ニードルと呼ばれる細い針を毛穴の1つ1つに刺し込んで、針に弱い電流を流し、毛根や毛母細胞などを破壊して、ムダ毛を生えないようにする方法です。

「毛穴に針を刺す」という行為は医療行為にあたるので、医師が常駐するクリニックや病院などでしか施術が行えません。
肌トラブルを少なくするために、特殊なコーティングを施した「絶縁針」を使用して施術していきます。

一方、脱毛サロンでは「絶縁針」を使用できないため、「美容電気脱毛」という形で医療行為にあたらない程度の施術を行っている現状があります。

ニードル脱毛のメリット

レーザー脱毛では難しい、眉毛や顔の産毛、指毛などの細かな部位も脱毛が可能です。
また、熱を使わないので、日焼けした肌や黒ずんでいる部位でも脱毛できます。

ニードル脱毛のデメリット

細い針を毛穴の1つ1つに刺し込んで、1本1本処理していくので、ものすごく時間がかかります。
手間と時間がかかるので施術料金も高く、「全身脱毛」などには不向きです。
また、痛みが強く、赤みや腫れ、やけどなどの肌トラブルを起こす可能性もあります。

ニードル脱毛(美容電気脱毛)の種類

細い針を毛穴に刺して電流を流す「ニードル脱毛(美容電気脱毛)」には、いくつかの種類があり、発毛組織を破壊する方法が異なります。

電気分解法

電気分解作用を利用して、毛穴の奥の毛包内に水酸化ナトリウムを発生させて、発毛組織を破壊します。
どんな毛にも効果的ですが1本当たりの処理時間が約1分以上かかる上、高い技術を要するため、医療機関でしか取り扱えません。

現在はほとんど行われていない方法です。

高周波法(フラッシュ法、マニュアル法)

高周波の加熱作用を利用して、発毛組織を凝固させて処理します。
出力の高い「フラッシュ法」と、出力の低い「マニュアル法」の2つのタイプがあります。
出力の高い「フラッシュ法」であれば、1本当たりの処理時間が約1秒以下と早く、広範囲の脱毛が可能です。

技術や時間をそれほど必要としないので、脱毛サロンでも採用されている方法です。

ブレンド法

アルカリと熱の相乗効果で、発毛組織を処理していきます。
1本当たりの処理時間が、約数秒~数十秒と「高周波法(フラッシュ法)」よりは劣りますが、高周波法よりも高い脱毛効果が得られます。
また、毛質を選ばないので縮毛でも施術が可能です。

脱毛サロンで行う「ニードル脱毛(美容電気脱毛)」の中で、最も多く採用されている方法です。

そのほかニードル脱毛には、「ショートウェーブ法」や「スーパーフラッシュ法」などの種類もあります。
脱毛クリニックやサロンによっては、独自の機器や独自の名前で施術を行っているところもあります。

まとめ

強い痛みが伴うものの、脱毛効果が高くてほぼ確実な永久脱毛を可能にする「ニードル脱毛」。

ニードル脱毛を検討している方は、医療機関でしか施術できない「電気分解法」と脱毛サロンでも施術できる「高周波法」のメリットを組み合わせた「ブレンド法」を脱毛方法の最終手段として取り入れることも検討することをおすすめします。
そうすれば、ツルツルすべすべの肌を手に入れることができるでしょう!