光脱毛とレーザー脱毛の仕組みと効果の違い

2018.07.25
Pocket

脱毛方法として主流になっている光脱毛とレーザー脱毛ですが、それぞれにどのような違いがあるかご存知ですか?
詳しいことを知らないまま選んでしまうと、思ったような脱毛効果が得られなかったり、費用が高くついたりすることもあるのです。
今回は、光脱毛とレーザー脱毛の仕組みと、効果の違いについて詳しくご紹介します。

光脱毛とレーザー脱毛の仕組みとは?

光脱毛とレーザー脱毛のどちらも、脱毛する仕組みは変わりません。光とレーザーは毛の黒い色素であるメラニン色素に反応し、吸収すると熱が発生する作用を持ちます。
その作用により、毛の成長を促す毛母細胞や毛乳頭といった部分に熱によるダメージを与え、弱らせることで毛を生えさせなくさせるのです。

では、なぜ光脱毛とレーザー脱毛と分けているのかというと、それぞれの「波長」に違いがあるからです。

光脱毛の特徴

光脱毛とは主に脱毛サロンで行われている脱毛方法で、照射する光が「複数の波長」を含んでいるところに違いがあります。複数の波長を持つ光は自然光に近く、広範囲に拡散するのが特徴です。

一度に広範囲に照射できることがメリットである反面、光の力が拡散することにより毛根へのダメージが弱くなるのです。

また、脱毛サロンで照射できる光の出力も低いため、脱毛効果が現れるまでに時間がかかるのが光脱毛の弱点といえます。最低でも10回以上の施術が必要になり、脱毛を完了させるまでに2年を要することも珍しくありません。

ただし、照射したときの痛みや熱による火傷といった症状が、レーザー脱毛よりも起こりにくいのはメリットといえます。
脇などの小さい範囲なら数百円程度で施術できるサロンもあり、リーズナブルに受けられる脱毛方法です。

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛の照射は医療行為に当たることから、医師が常駐する脱毛クリニックだけで受けられる脱毛方法です。

脱毛に使用されるレーザーは、「単一の波長」のみを含んでいるのが大きな特徴です。光脱毛と違い、レーザーが拡散されることなく一点に集中できることから、高い脱毛効果が得られます。
そのため、多くの脱毛クリニックでは5~8回程度の施術で、ほぼ脱毛が完了するのが大きなメリットです。

しかし、レーザーそのものの力が光よりも強いため、光脱毛に比べると痛みや火傷のリスクが高くなる傾向があります。「輪ゴムで弾かれた程度」という表現がよくされていますが、痛みに弱い方はレーザー脱毛ではつらいと感じるかもしれません。
また、光脱毛よりも効果が高い分、費用が高額になる場合が多いです。

光脱毛の脱毛効果

結論からいうと、光脱毛で得られる効果は脱毛ではなく、毛が生えるのを抑える「制毛」という効果です。なぜなら、毛母細胞や毛根を「破壊」するのは医療行為であることから、サロンでは脱毛はできないという見解が正しいのです。
つまり、毛の成長を一時的に制限しているため、施術が完了しても再び毛が生えてくる可能性があります。

しかし、 SHR方式の機器を使用すれば、毛が生える元になる毛包幹細胞や色素幹細胞がある毛包(バルジ領域)にダメージを与えることが可能です。
従来の方法ではメラニン色素に反応することから、毛が生え変わるサイクルの「成長期」に施術を受ける必要があります。

また、SHR方式はメラニン色素ではなく毛包に反応するため、毛周期を気にすることなく施術が受けられます。
また、色素のない白髪や、メラニン色素が多い日焼けした肌でも脱毛できるのがSHR方式のメリットです。

レーザー脱毛の脱毛効果

レーザーは単一の波長であるため、毛母細胞や毛根を「破壊」させる強いダメージを与えられます。光脱毛よりも1回当たりの脱毛効果が高いので、1年程度と比較的短い期間で施術が完了するのです。

しかし、レーザー脱毛を受けたとしても、永遠に生えてこないとは言い切れません。レーザー脱毛の定義とは、「減毛状態を長期間維持できる脱毛方法」が、正しい見解なのです。
本当の永久脱毛をするためには、毛に針を刺して毛包に直接熱ダメージを与える、ニードル脱毛だけといわれています。

ただし、ニードル脱毛は痛みが強いことに加え、1本ごとに施術するので広範囲の脱毛は不得意といえます。
つまり、永久脱毛でなくともレーザーで全身脱毛をした方が、費用や時間の面でもメリットが多いといえます。
もしくは、レーザー脱毛を完了しても生えてきた毛だけに、ニードル脱毛をする方法が得策でしょう。

光脱毛とレーザー脱毛、どちらを選ぶべき?

光脱毛とレーザー脱毛はそれぞれにメリット、デメリットが存在します。そのため、自分が優先させたいことを明確にすることで、光とレーザーのどちらを選ぶかの基準にしましょう。

光脱毛でいえば、費用は安く済ませたい、痛いのが苦手、時間がかかっても構わないといった方に向いています。レーザー脱毛の場合、費用が高くても確実に脱毛したい、痛みに強い、なるべく短期間で脱毛を終わらせたいといった方におすすめできます。

光脱毛は時間がかかることから、長期的に見るとレーザー脱毛の方が安上がりになることも。費用対効果を考えるのであれば、レーザー脱毛を選んだ方が賢明かもしれません。

まとめ

光脱毛とレーザー脱毛の仕組みと効果の違いについて、おわかりいただけましたか?それぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で、光とレーザーのどちらを選択すると失敗せずに済みます。そして、高いお金をかけるからこそ、脱毛の違いをしっかり把握しておきましょう。