光脱毛の効果ってどれくらい?レーザー脱毛との違いは?

2018.06.18
Pocket

女性にとって厄介な存在であるムダ毛ですが、自己処理を続けると肌トラブルのもとになります。そんな自己処理から解放されるためには、脱毛サロンに通うことがツルツルの肌になれる近道といえます。
しかし、光脱毛とレーザー脱毛の違いがわからず、どちらに行けばいいかわからない方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は光脱毛とレーザー脱毛の効果と違い、メリットについてご紹介します。

光脱毛とは?

光脱毛はミュゼプラチナムや脱毛ラボなどの、いわゆる「脱毛サロン」で受けることができます。光脱毛の仕組みとは、次のような流れで脱毛効果が表れるようになります。

1. シェーバーで剃った毛に黒い色素(メラニン色素)に反応する光を照射する
2. 毛に光が吸収されて毛根に熱のダメージを与え、毛根を弱らせる
3. 1~2週間ほどすると、毛がボロボロと抜け落ちる
4. 2か月間隔で最低1年以上行うと、毛の再生力を抑制され毛が生えにくくなる

このような光脱毛の仕組みは「不再生脱毛」と呼ばれ、新しく生えてくる毛の量を減らす、また遅らせることを指します。つまり、医療行為であるレーザー脱毛のような、「永久脱毛」の効果とは違うことを覚えておきましょう。

光脱毛の特徴とメリット

光脱毛にはレーザー脱毛にはない、さまざまな特徴とメリットがあります。

光の波長が複数

光脱毛で使用されるライトは「複数の波長」であり、自然の光に近いため四方八方に拡散するという特徴を持ちます。つまり、広範囲への照射ができることにより、1回の施術時間が短くなるのがメリットの1つです。
レーザー脱毛では1回でおよそ10本であるのに対し、光脱毛では1回でおよそ200本に照射できるので効率よく脱毛が受けられます。

光のエネルギーがレーザーよりも弱い

レーザー脱毛に比べて光の力が弱いため、照射による痛みも少なく、皮膚や毛穴の赤み、火傷といった肌トラブルが起きにくいことも特徴の1つです。
その反面、脱毛の効果が得られるまでに、12~18回程度の施術を重ねる必要があります。

また、毛の生え変わりは「毛周期」というサイクルがあり、毛が皮膚の上まで伸びている「成長期」のときに照射しなければ脱毛効果が得られません。次の成長期が来るまでの1~2か月の間隔を取るため、すべて完了するまで2~3年かかるのが光脱毛の特徴です。

産毛でも脱毛できる

産毛はメラニン色素が薄いことが原因で、威力が強いレーザー脱毛では効果が出にくいといわれています。光脱毛であれば産毛にも効果が期待できるため、背中や顔といった産毛が多い部分の脱毛も可能になるのです。

美肌効果がある

光脱毛に使用されている光は、エステで行われていたフォトフェイシャルという施術のものと同じです。
フォトフェイシャルとは、「毛穴を引き締めて肌を明るくする」という目的であったため、顔脱毛はこれと同じ効果が期待できるといわれています。一時期、理容店での顔剃りが人気だったのは、顔の産毛を剃ると顔色がワントーン明るくなり、メイク乗りもよくなるという効果を目的としていました。

しかし、カミソリは肌に負担がかかりやすく、肌荒れなどの肌トラブルを起こしかねません。光脱毛であれば肌への影響が圧倒的に低いため、産毛のない美しい肌を手に入れられるのです。

レーザー脱毛より安い

レーザー脱毛は効果が高い医療行為であるため、光脱毛よりも料金設定が高いというデメリットがあります。
その点、光脱毛はワキなどの狭い範囲は1回数百円というサロンも多く、リーズナブルに脱毛を試すことができます。

レーザー脱毛との違いとは?

光脱毛とレーザー脱毛は似ているように思われがちですが、両者には明確な違いが存在するのです。

照射する波長が異なる

レーザー脱毛で用いられるレーザーは、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーが一般的です。これらは医療従事者しか使用できないことから、医療用レーザーとも呼ばれています。
光脱毛で照射する光は「複数の波長」であることに対し、医療用レーザーは「単一の波長」であることが大きな違いです。

短期間で永久脱毛が可能

脱毛で使用されるレーザーの波長が単一なのは、波長を一つに集中させて照射の威力をより強くさせるためです。つまり、レーザーを照射することで、毛根や毛の成長を司る毛母細胞が破壊され、「永久脱毛」が可能になるのです。
そして、光脱毛よりも脱毛効果が高いため、およそ5~6回の施術で完了するというメリットがあります。

痛みや火傷が起きるリスクがある

光脱毛と比べるとレーザー脱毛は出力が高いため、施術時の痛みや、施術後のほてり、赤み、火傷などが起きるリスクがあります。しかし、レーザー脱毛は医療行為であり、施術は医師が行う決まりになっているのです。
施術時、または施術後に何らかの肌トラブルが起きた場合、症状を医師にすぐ相談できるというメリットがあります。また、アフターケアの保証を設けている脱毛クリニックも多く、万が一何かあったとしても安心して脱毛を受けられるように配慮されているようです。

まとめ

光脱毛とレーザー脱毛の違いについて、おわかりいただけましたか?
光脱毛とレーザー脱毛にそれぞれ違いはありますが、どちらがいいかというと一概に言えず、個人の好みによるところが大きいです。脱毛の効果だけでなく、痛みや火傷のリスクといった側面を知り、本当に自分に合った脱毛方法を選びましょう。