全身脱毛なのに対応してくれない部位があるって本当?

2018.08.01
Pocket

今や電車の中吊り広告やアプリのweb広告など、様々な場所で全身脱毛、という単語を目にします。

そもそも全身脱毛とは どのようなものなのでしょうか?
サロンやクリニックなどで利用できる脱毛の中でも、腕だけ、脚だけなどの部分的なパーツではなく、背中など自分での処理が難しい部位も含めた全身を処理してもらえるのが全身脱毛です。

しかし、一口に全身脱毛と言っても、サロンやクリニックによっては処理できない部位があるといいます。
今回はその部位がなぜ脱毛できないのかなどを説明していき、正しい全身脱毛の知識をお教えします。

全身脱毛の部位って?

脱毛とは一般的に、腕・脚・ワキなどとパーツが細かく分けられ、それぞれの部位を選んで脱毛することが可能です。

全身脱毛では、うなじ・肩・ワキ・背中・胸・お腹・腰・腕(ひじ上・ひじ・ひじ下)・手の甲・手の指・お尻・VIOライン・脚(ひざ上・ひざ・ひざ下)・足の甲・足の指と長期間をかけて様々な部位を脱毛することができます。
全身脱毛は、部位ごとに料金がかかる普通の脱毛と違い、一括料金のサロンが多いため比較的お得になっています。

しかし全身脱毛では一般的に、顔のパーツに対応していないサロンが多くあります。
顔も全身同様におでこ・もみあげ・頬・鼻・小鼻・鼻の下・アゴ・アゴ下などの細かいパーツに分けられており、すべてのパーツが非対応のサロンもあれば、小鼻のみオプション(別料金)などの指定があるサロンもあります。

また、こちらもサロンによりますがIラインOラインは非対応のサロンがあるため、注意が必要です。

全身脱毛非対応の部位とは?

全身脱毛非対応の部位 について細かく見ていきます。

脱毛非対応の部位は、主に皮膚が薄かったりデリケートだったりする部分になります。

まぶた…まぶたは皮膚が非常に薄く、フラッシュ脱毛の光を照射する際にまぶたの皮膚だけではなく眼球内の水晶体や網膜まで傷つけてしまう恐れがあるため、まぶたはフラッシュ脱毛非対応となっています。

粘膜のある部分…鼻・Iラインの粘膜部分なども皮膚が非常に薄く、デリケートな部位です。細菌やウイルスなどが侵入しやすく体に異常をきたす恐れがあるため、傷をつけないよう脱毛非対応となっています。

喉元…喉元も皮膚が薄く、さらに甲状腺や血管が集まっています。
傷がついてしまうと体に悪影響を及ぼす可能性があるため、脱毛非対応となっています。

髪の毛…髪の毛を扱う場合、美容師免許が必要となるため、脱毛サロンでの髪の毛の脱毛は取り扱っていません。
さらに、脱毛サロンのフラッシュ脱毛はメラニン色素の黒色に反応して毛根にダメージを与えます。頭皮は毛が集中して生えており、光を照射すると頭皮がやけどする恐れがあるため脱毛ができません。
ただし、おでこの髪の生え際やうなじなどの産毛には対応しているサロンもあります。

色素の濃い部分…上記でも説明した通り、脱毛サロンのフラッシュ脱毛はメラニン色素などの黒色に反応して照射を行います。
そのため、ほくろ・シミ・痣・タトゥー・乳輪などの色素の濃い部分には脱毛処理が行えません。
ただし、サロンによってはシールなどを貼ってほくろなどを隠し、光を照射するところもあります。

サロンによって対応が異なる部位

サロンによっては、全身脱毛に含まれたり含まれなかったりする部位があり、対応にばらつきがあります。

主に顔やうなじ、VIOラインがその部位です。
この部位が全身脱毛に含まれないことがあるのはまず、あまりポピュラーではなく、好みによって脱毛しない人が多いからというのが1つの理由です。
全身脱毛コースに含まないことによって料金を抑えることができ、低価格で全身脱毛を利用することが可能となります。

顔の脱毛においては、鼻の下やアゴなど人気のパーツは多くのサロンで顔脱毛に含まれていますが、眉間や頬などはサロンによって非対応となります。

IラインやOラインなどはデリケートな部位で、器具によっては体を傷つけてしまう恐れがあるため、対応していないサロンもあります。
また、Vラインも下着からはみ出る部分のみをVラインとしているサロンもあれば、毛が生えている部分全てをVラインとしているサロンもあります。

全身脱毛サロンを選ぶ際の注意

上記でも書いた通り、サロンによって脱毛部位などの対応が異なるため、サロンを選ぶ際にはいくつか注意が必要となります。

まず一つ目に、全身脱毛コースに希望の部位が含まれているかどうかです。
自分の脱毛したい部位がコースに含まれていなければ意味がないため、事前にしっかりと確認することが重要となります。

また、希望部位がコースに含まれていなかった場合、追加で脱毛することは可能なのかなども確認が必要となります。

まとめ

全身脱毛と言っても、対応していない部位があり、サロンによって対応が異なることがお分かりいただけたと思います。脱毛を始めてから「思っていたのと違った」と後悔しないよう、広告などに惑わされずに事前にしっかりと下調べをしてからサロンに行くようにしましょう。