医療脱毛と脱毛サロンの併用はできる?賢い併用術とは

2019.04.27
Pocket

脱毛には大きく分けて医療脱毛と脱毛サロンの2タイプがあり、それぞれ方法や脱毛期間、費用が異なります。どちらが自分にあっているのか判断できず、できれば併用してみたいと思っている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、医療脱毛と脱毛サロンを併用することができるかどうかについて、注意点や賢い併用術とあわせてご紹介します。

医療脱毛と脱毛サロンを併用しても問題はない?

結論からいって、脱毛の際に医療脱毛か脱毛サロンのどちらかに絞る必要はなく、併用したとしても問題はありません。
自分にあったものを見つけるために両方とも試してみたいという方のために、まずは両者の大まかな違いについて簡単に解説しておきましょう。

医療脱毛では、脱毛方法には医療レーザーが用いられます。施術回数がおよそ8回と少なく、脱毛期間も1年から2年と短いのが特徴です。ただし、痛みが強く費用が高額になる傾向があります。

一方、脱毛サロンの場合、脱毛方法には光脱毛が用いられるのが一般的。施術回数がおよそ18回と多く、脱毛期間は2年から4年と長くかかりますが、医療脱毛に比べて痛みが少なく、費用も安くすむのが特徴です。

医療脱毛と脱毛サロンを併用する場合の注意点

医療脱毛と脱毛サロンを併用する場合、それぞれ施術する部位を変えることが大切です。

どちらの場合も、毛周期に合わせて脱毛するのが一般的ですから、同じ部位の脱毛に医療脱毛と脱毛サロンを併用すると、同じ時期、同じ箇所に対して何度も施術することになり、意味がありません。そのうえ、肌に対する負担も大きくなってしまいます。
また、医療脱毛と脱毛サロンの両方で全く同じ部位を施術したとしても、それによって脱毛が早く終わるわけでもありません。

医療脱毛と脱毛サロンをどう使い分けるかはその人の自由です。
例えば、少しでも早くワキや膝下、肘下の脱毛を終えたいという方であれば、脱毛期間が短くてすむ医療脱毛を選び、それ以外の部位を脱毛サロンで行うとよいでしょう。痛いのが苦手という方は、施術の際に痛みを感じることが多いワキやVIOの脱毛を脱毛サロンで行い、残りの部位で医療脱毛を選ぶとよいかもしれません。

医療脱毛と脱毛サロンを併用する際、どちらか一方で脱毛が完了したあと、もう一方で同じ部位を脱毛するという方法もあります。医療脱毛と脱毛サロン、それぞれを同時に利用するのでなく、脱毛が一通り完了したら店舗を変えるというわけです。

例えば、脱毛サロンでワキ脱毛を試しても、ムダ毛が残って気になるケースがあります。そんなときは、医療脱毛も試して徹底的に脱毛することで、効果を実感できるでしょう。痛みにも慣れているはずですから、医療脱毛にも耐えやすくなっているはずです。
脱毛サロンで脱毛を始めたけれど、完了するまでに時間がかかりそうだから医療脱毛に乗り換えるという手もあります。

医療脱毛と脱毛サロンを併用するメリット・デメリット

医療脱毛と脱毛サロンを併用することで、それぞれの痛みや効果の度合いを実感することができることでしょう。どちらが自分にあった脱毛方法かもわかるので、その後の店舗選びにも役立つはずです。
また、あとで詳しく説明しますが、店舗を変えてキャンペーンをうまく活用することで、お得に脱毛することもできます。

ただし、医療脱毛と脱毛サロンを併用するとなると、費用が高くなってしまう傾向があります。脱毛サロンでは、比較的低予算で全身脱毛することができますが、医療脱毛を併用すると部分脱毛を利用することになるため、その分の費用が上乗せされることも把握しておきましょう。

医療脱毛と脱毛サロンのおすすめの併用方法

医療脱毛と脱毛サロンを併用するのであれば、お得なキャンペーンを利用するのがおすすめです。

例えば、脱毛サロンでは、ワキやVIOの脱毛が格安でできるキャンペーンや、好きな部位が選べ、リーズナブルな価格で部分脱毛ができるキャンペーンなどを行っていることがあります。クリニックは費用が高額なところが多いですが、最近はお得な割引料金を設定するクリニックも増えていますし、キャンペーンをうまく活用すればかなり抑えられるはずです。

また、別の店舗に乗り換えた場合は、「乗り換え割」が提供されているケースもあります。いろんな店舗で行っているようなので、よく調べてお得に利用できるよう、積極的に活用してみましょう。

まとめ

医療脱毛と脱毛サロンは併用することが可能です。ただし、同時期に同じ部位を脱毛するのは、肌に大きな負担がかかり、効果が高くなるわけでもないのでおすすめできません。脱毛する部位を変えたり、利用する時期を変えたりするのがよいでしょう。
ただし、医療脱毛と脱毛サロンは併用すると、費用が余計にかかることになります。キャンペーンなどをうまく活用しながら、ぜひお得に利用してみてはいかがでしょうか。