医療脱毛と脱毛サロン選ぶならどっち?回数や料金などを徹底比較!

2018.12.16
Pocket

脱毛方法には脱毛クリニックで行う医療脱毛(レーザー脱毛)と、脱毛サロンで行う光脱毛の2つがあります。しかし、医療脱毛と脱毛サロンは回数や料金などが異なるので、どちらにすればいいか悩んだことありませんか?
今回は、医療脱毛と光脱毛の違いを踏まえた上で、回数や料金を徹底比較していきます。

医療脱毛と光脱毛の違いとは?

医療脱毛と光脱毛という2つの方法は、医療脱毛では照射するのがレーザー、光脱毛は光を照射する、という明確な違いがあります。

しかし、レーザーと光はどちらもメラニン色素に反応する性質を持っていることから、脱毛に至るまでのメカニズムは共通です。レーザーと光を肌に照射することで、皮膚の奥にある毛母細胞などの組織にダメージを与えて、毛の再生力を弱らせることで脱毛するのです。

このようにメラニン色素に反応する性質は同じですが、レーザーと光には次のような特性の違いがあります。

レーザーの特性

医療脱毛で使用するレーザーは「単一の波長」であり、毛根や毛母細胞などの毛が成長する組織を、直線的に強いパワーで破壊できます。そのため、少ない施術回数で、高い脱毛効果を得ることができるのです。

脱毛で使用するレーザーは医療行為に当たるので、医師と看護師が常駐する脱毛クリニックのみで受けることができます。

しかし、レーザーの出力が高い分、照射時の痛みを強く感じたり、施術後の肌トラブルが起きたりすることもあります。

光の特性

レーザーが単一の波長であるのに対し、光は「複数の波長」という特性があります。複数の波長ではエネルギーが拡散しやすく、レーザーのように集中した照射ができません。そのため、毛根周辺の組織を破壊するパワーが弱く、脱毛効果も低くなってしまうのです。
光脱毛で満足できる脱毛効果を得るためには、長い期間をかけて施術する必要があります。

ただし、光は一度に広範囲の施術ができることと、レーザーのような痛みがほとんどないのはメリットといえるでしょう。

医療脱毛の回数と料金とは?

医療脱毛は「5回」で効果を感じるケースが多いことから、脱毛プランの回数設定を5回とするクリニックが一般的です。しかし、必ずしも5回で終わるとは限らず、部位によっては5回では足りないことも珍しくありません。

そこで、医療脱毛で「まったく生えてこない」と感じるまでの回数を、部位別で比較すると次のような結果になります。

・ワキ…6回以上
・ひざ下…6回以上
・腕…6回以上
・Vライン…6回以上
・I,Oライン…10回以上
・背中、お腹…8回以上
・顔…10回以上

この回数から分かるように、5回では「ほとんど生えてこないが、産毛が少し残る程度」という感覚です。そのため、自己処理が不要になるまでには、これだけの回数を重ねる必要があります。毛が太いIラインとOライン、出力を弱める必要がある皮膚が薄い顔は、他の部位よりも回数が多くなるのが特徴です。

以下は、リゼクリニックを例にして、5回以上の受けた場合の料金です。

・ワキ6回…21,900円
・ひざ下6回…10,400円
・腕6回…41,600円
・Vライン6回…69,800円
・I、Oライン10回…各71,300円
・背中8回…117,900円
・お腹8回…88,300円
・顔(ほほ)10回…71,300円

この料金は部位ごとに施術を受けた場合の料金となっています。全身脱毛を受けたい場合は、セットプランにするのがおすすめです。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛は、光脱毛よりも脱毛が圧倒的に早く終わるのが大きなメリットです。医師と看護師が施術するため万が一のトラブルに対処できるので、安心して施術を受けることができます。
ただし、パワーが強いので、痛みや施術によるヤケドのリスクがあるのはデメリットといえます。高い脱毛効果を早く得たい方は、料金が高くても医療脱毛を受ける価値があるでしょう。

光脱毛の回数と料金とは?

光脱毛を受けた際に、ツルツルになるまでに必要な回数は次の通りです。

・ワキ…15回以上
・ひざ下…12回以上
・腕…12回以上
・Vライン…15回以上
・I,Oライン…14回以上
・背中、お腹…14回以上
・顔…15回以上

レーザー脱毛と異なり、「〇回で脱毛が完了する」という目安がありません。脱毛効果がレーザー脱毛より低いことから、生えてこないと実感するまでにすべての部位で最低10回以上は必要になります。

そして、光脱毛で人気の「銀座カラー」を例にして、部位ごとに施術を受けた場合の料金はこちらです。

・ワキ…37,600円(デリケートチョイス・1か所脱毛し放題)
・ひざ下、腕、VIO、背中、お腹、顔…各75,200円(スタンダードチョイス・1か所脱毛し放題)

これは1か所ごとのプランですが、全身脱毛や顔、ワキ、脚などのセットプランもあります。よりお得な料金になることもあるので、無料カウンセリングで聞いてみましょう。

光脱毛のメリット、デメリット

レーザー脱毛よりも回数を受ける必要がある反面、脱毛し放題でも低価格で施術できるのは光脱毛の魅力でしょう。痛みも少ないので、肌トラブルが起きにくいのもメリットといえます。

脱毛には毛周期(毛が生え変わるサイクルのこと)に合わせる必要があり、1~2か月に1回のペースで施術を受けます。そのため、生えなくなったと感じるまでは、最低でも2年以上はかかるので注意しましょう。

総合的に見ると、光脱毛は時間がかかっても安い料金で脱毛したい方や、痛くなく肌に優しい脱毛をしたい方に最適といえます。

まとめ

医療脱毛と光脱毛の脱毛効果や回数、料金の違いについて、お分かりいただけましたか?医療脱毛は料金が高いなりに、脱毛効果も早く実感できるのは魅力といえます。光脱毛は痛みが少なく、料金も安いことから、長期間の施術でも苦にならない方に最適です。
それぞれの特徴とメリット、デメリットを踏まえて、自分に最適な脱毛方法を選択しましょう。