実は意外と知らなかった!脱毛と毛根の関係

2018.08.16
Pocket

医療脱毛と美容脱毛の違い

毛根とは文字通り「毛の根元」にある部分です。若干丸みを帯びており、その先端にある毛乳頭から栄養を取り込み、それを包む毛母細胞へ送りだす働きがあります。

医療レーザー脱毛や、IPL脱毛など一部の美容脱毛は「毛根」に着目したアプローチ法で毛を弱らせ、自然に抜け落ちるように促す方法をとっています。医療レーザー脱毛も美容脱毛も機械が異なるだけで脱毛することに関しては同じだといわれることがありますが、実際には違います。

まずは、美容脱毛に注目しましょう。
のちに詳しく解説しますが、IPLやSSC方式の脱毛は黒色に熱エネルギーを集中させる波長の光を照射し、瞬間的に毛根に熱を加える方法です。
熱が加えられた毛根が徐々に弱り、自然と抜け落ちるというメカニズムです。毛根がダメージを受けますが、これは一時的なものです。一生の脱毛効果を約束することができません。

一方の医療レーザー脱毛は、黒色に熱エネルギーを集中させる波長のレーザー光を照射します。瞬間的に毛根に熱を与えると同時に、毛乳頭を破壊するまでの力を持っています。
これによって毛母細胞なども破壊されるため、半永久的にムダ毛が生えてきません。

この二つの違いは「毛根を破壊するか否か」となります。細胞や器官を破壊する行為は「医療行為」となり、医師の施術または医師の指示を受けた医療従事者が処置を行わなければいけません。つまり、美容脱毛で「永久脱毛」の効果を謳うことをしてはならないのです。

また、光脱毛でも永久脱毛ができるほどのスペックを持った脱毛機器となれば、医療に関する法律に触れてしまう可能性があります。
この二つの脱毛方法違いを覚えておきましょう。

美容脱毛でも違いがあります

一般的な美容脱毛の種類を以下になります。これらの脱毛方法の違いにも着目しましょう。

① IPL脱毛

メラニン色素など「黒色」に反応する光を照射し、毛乳頭や毛母細胞に影響を与えます。毛乳頭などが黒く変化している「成長期」の毛周期サイクルにある毛にのみ効果を発揮します。

② SSC脱毛

IPL脱毛とメカニズムは一緒です。ただし、抑毛効果があるジェルを光の力で肌に浸透させていきます。光と抑毛成分との相乗効果で新たな毛が生えにくくなるという効果を担っています。また、産毛程度の毛も抜け落ちやすくなる効果もあります。

③ SHR方式

先に挙げた二つの脱毛方法と同じ光脱毛ですが、作用する光の波長が異なります。SHR方式の脱毛は、毛包全体を温めて毛を弱らせるという発想から来ています。

毛包の中間点には、「バルジ領域」という部位があり、毛を作るために必要な細胞を作り出しています。このバルジ領域には「色素幹細胞」、「毛包幹細胞」という二つの幹細胞(自ら増殖し、特定の働きを担う細胞に分化する能力を併せ持った細胞)が存在しています。この幹細胞が毛母細胞へ毛を作るための元を供給しています。

このバルジ領域をも温めて弱らせることで、毛を作り出すための元が毛母細胞に届かなくなるため、次から毛が生えることはありません。成長期の毛にとどまらず、バルジ領域がある毛包すべてに作用しますので、毛周期に左右されることなく脱毛効果が生まれるのです。

毛の成長を止めるには、毛乳頭を弱らせることが大切

レーザー脱毛・美容脱毛ともに仕組みはそれぞれ異なりますが、最終的には毛根にある毛乳頭を弱らせて脱毛効果を得るということがわかりました。直接毛乳頭にアタックする方法と、栄養源を断つことで毛乳頭の機能を弱らせる方法が存在します。体に負担が少なく効率的に脱毛ができるのは、SHR方式の脱毛です。

ただし、美容脱毛は「永久脱毛効果」を謳うことも、永久脱毛に近い効果を生み出すこともできません。「光が生み出す熱エネルギーで、今生えている毛を弱らせてなくす」という考え方の下で脱毛を行うと、将来的に毛が生えてきても納得できるはずです。
しかし、すぐに新しい毛が生えてくるわけではありません。

毛乳頭を弱らせる方式の脱毛の場合、バルジ領域が健在であれば数年~十年以上経過したころにまた新しい細胞が生まれ、毛が生えてくるでしょう。

また、バルジ領域を弱らせた脱毛の場合、幹細胞が再び増産されるようになれば、毛乳頭や毛母細胞が機能することができるため、毛が生え始めてきます。もちろん、こちらの脱毛方法でも将来的に毛が生えてくるかもしれないとしか言えません。

こういったことを加味して、脱毛コースが終わった後、数年後にメンテナンスとして光照射を受けることをお進めします。これによって、また毛が生えてこない期間を延ばすことができるのです。

まとめ

ここまで脱毛と毛根の関係について解説してきました。単純に毛根は血管を通じて栄養を受け取っているだけではなく、バルジ領域から幹細胞の供給を受けて発毛が成り立っていることがお分かりいただけたことでしょう。
こうした発毛メカニズムを知り、自分にとってより良い脱毛方法を模索することで、通うべき脱毛サロンを見つけることができます。