家でムダ毛の自己処理は危険?簡単にできる自己処理に隠された落とし穴とは…

2018.04.30
Pocket

あなたはどのようにムダ毛を処理していますか?
自宅でのセルフケアはリーズナブルですが、面倒なだけでなく、リスクも伴います。
闇雲な自己流の方法を長年続けていると、毛穴はもちろん周辺の皮膚にも少なからぬ負担がかかってしまい、様々な肌・毛穴のトラブルが発生してしまうかも。

取り返しのつかないことになって、「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないためにも、自己処理のリスクを十分に理解し、賢くムダ毛にサヨナラしましょう!

その自己処理、危険かも!処理方法別にトラブルを徹底解説 !

毛抜き

1本ずつをケアするので時間と根気が必要な作業ですが、間引きをして、生え際のラインをきれいに整えることができます。
ただし毛根や皮膚に与えるダメージは軽視できません。強引に毛を引っこ抜くわけですから、何らかのトラブルが発生してしまうのは当然といえば当然ですよね。

毛を抜くと、皮膚と毛穴がわずかながら傷つきます。そこで発生しがちなのは、埋没毛と毛のう炎です。

埋没毛は、抜いた毛穴の上で皮膚が塞がってしまい、毛が閉ざされた皮膚の中で成長する症状のことをいいます。薄い皮膚から黒いポツポツが透けて見えるようになり、見た目の美しさが損なわれてしまいます。
しばらく放置していれば、毛が膜を破って伸びて自然に解消される場合もありますが、悪化すれば皮膚科での治療が必要になります。

毛のう炎は、毛穴の毛包部分が黄色ブドウ球菌に感染して、ニキビに似たようなブツブツができてしまうことです。ブドウ球菌は日頃から皮膚に存在している常在菌ですが、無謀な抜毛によってバリア機能が低下した皮膚は感染リスクが高くなってしまいます。悪化すると化膿してグジュグジュしてしまうことも。
こちらも、美しい肌とはお世辞にも言い難い状態に。

カミソリ

広範囲を短時間で簡単に処理できますが、カミソリの刃は毛を除去するだけでなく、皮膚の一番表面にある角質層をも傷つけてしまいます。

角質層は、水分を保持して皮膚の乾燥を防ぎ、バリア機能を正常に働かせるといった重要な役割を担っています。その角質層がダメージを受ければ、肌が乾いて赤みを帯びてヒリヒリしたりといった肌荒れが発生しやすくなります。つまりカミソリ負けの症状です。

またバリア機能が低下すると外的刺激に過敏になり、その防御反応としてメラノサイトが大量に発生し、色素が沈着してしまうことも。特にワキやビキニラインのように、皮膚が薄くデリケートなパーツは色素沈着しやすいので要注意です。
ひとたび定着してしまった色素の除去には、レーザーによる治療などが必要になります。

さらに毛抜きで処理する時と同様、埋没毛のリスクがあることもお忘れなく。

毛抜きやカミソリによるムダ毛処理は、ただの一時しのぎでしかなく根本的な解決策ではありません。毛はまた生えてくるので、エンドレスで繰り返す必要があります。
毛抜きとカミソリを用いた手軽な自己処理を続けたい場合は、使用する用具を消毒するなどして清潔に保ち、また処理後は肌をしっかり保湿するように心掛けるといいでしょう。

家庭用脱毛器

黒い色に反応して毛母細胞にダメージを与える光を照射し、毛が生える能力を低下させます。
毛抜きやカミソリのように即効性はないものの、コツコツお手入れを続けていれば、毛が薄くなったと実感するのも夢ではありません。

ただし、お手入れできる毛質、脱毛効果、痛みの有無などは、機種によってかなりの差があり、高性能で安全性にも優れている家庭用脱毛器は安価ではありません。
そして難しいのは毛周期の見極め。

毛の成長期に照射することによってより高い脱毛効果が得られますが、タイミングを逸すると効率よく脱毛できなくなります。
また体のパーツによっては、照射漏れをすることなくきっちりケアするのは至難の業。誤射による火傷にも注意が必要です。

ムダ毛処理をするのは、キレイになりたいという要望を叶えるためでしょう。
毛を取り除いてしまいたいと躍起になるあまり、肌のことを思いやらないと、せっかくの努力が水の泡にならないばかりか逆効果になってしまいかねません。
肌へのリスクを伴う自己処理を、一生続けるつもりですか?

プロによるお手入れで脱毛するのが理想的

ムダ毛除去と美肌効果の一石二鳥の効果を得るためには、脱毛サロンやクリニックで脱毛するのが賢明です。
毛穴に電気を通して発毛組織にダメージを与えるニードル脱毛、光線を照射して熱の作用によって発毛能力を衰えさせる光脱毛・レーザー脱毛など、プロによるお手入れ方法は様々。
専門のスキルを習得したスタッフの指導の下、毛周期に合わせた効率の良いお手入れが受けられます。

プロが行う脱毛の施術も肌へのリスクがゼロという訳ではありませんが、医療系の脱毛クリニックには医師が必ず常駐し、大手の脱毛サロンでも外部の医師と提携している場合が多いので、トラブルが生じた時は、迅速で的確な処置を受けることができるので安心です。