後悔する前に一読を!デリケートゾーンの脱毛で注意したいポイント!

2019.01.13
Pocket

近年では、脱毛がブームなこともあり、ワキや足など露出が気になる部位の脱毛を行う方が増えています。
その中で、ここ数年人気が急上昇しているのがVライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)などのデリケートゾーンの脱毛です。
このデリケートゾーンの脱毛を行えば、水着・下着を着てもムダ毛がはみ出す心配がなくなるので安心です。

しかし、デリケートゾーンを脱毛する上で、気をつけなければならないポイントがあるのか気になる方も多いでしょう。
そこで、この記事ではデリケートゾーンの脱毛で注意したいポイントを中心に紹介します。

デリケートゾーンの脱毛で注意したいポイントは4つ

では、デリケートゾーンを脱毛するときや、前後に注意しなければならないことを4つ説明します。

注意点その①:彼氏の反応に気をつけよう!

女性がデリケートゾーンを脱毛するうえで、特に気がかりになるのが、彼氏にどう思われるかという点です。

付き合っている彼氏のためにデリケートゾーンを脱毛した場合でも、人によっては引かれてしまうこともあります。

男性は、デリケートゾーンのムダ毛を綺麗に処理している女性を、「遊んでいる」「手馴れてそう」とイメージする方も少なくありません。
そのため、デリケートゾーンのムダ毛を脱毛する時には、将来のことも考えて慎重に決めることが大切です。

もし、デリケートゾーンの脱毛をするなら、前もって彼氏に伝えておくことをおすすめします。

注意点その②:経血が多い方は要注意!

Iライン(陰部の両側)にムダ毛が沢山ある方は、生理時にムレやすいうえに経血が付着しやすくなります。そのため、Iライン(陰部の両側)の脱毛を実施すれば、ムレや経血の付着などを解消することが可能です。
しかし、毛が経血の漏れを防ぐ役割を果たしていた場合が多く、経血が多い方は横漏れしやすくなることも考えられます。

また、ムダ毛がなくなるとナプキンが直接肌に触れてしまうので、擦れて黒ずみなどの肌トラブルを起こす原因になってしまう可能性も…。
ですからIライン(陰部の両側)の脱毛をした方は、生理用品(ナプキンやタンポン)のサイズ・形・素材を見極めて、自分の体に合う商品を選びましょう。

注意点その③:デリケートゾーンは痛みに敏感!

デリケートゾーンは、神経が集まっているうえに肌が薄くて柔らかいため、痛みに敏感な部位です。
そのため、脱毛施術の際に痛みを生じる可能性があるので注意が必要です。

現在では、脱毛時に痛みが少ないことをうたっている脱毛サロン・クリニックも多数あるので、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

ですが、痛みが少ない脱毛サロン・クリニックを選んだのに、「耐えられないほど痛い」という場合もあるでしょう。
その際は多くの場合、スタッフに相談すれば照射レベルを下げてもらうことができます。

注意点その④:生理中はデリケートゾーンの脱毛は不可!

生理中は、基本的にデリケートゾーンの脱毛をすることができません。

理由としては、生理中の肌は不安定なため、施術により炎症や肌荒れなどの肌トラブルが起きやすいからです。
また、通常時よりホルモンバランスが崩れているので、脱毛効果に影響が出ることもあります。

さらに生理中はもちろん、生理前後の期間もホルモンバランスが不安定な状態なので、脱毛すると肌トラブルになる可能性もあります。

ですからデリケートゾーンを脱毛する際には、自分の生理周期をしっかり理解したうえで、脱毛スケジュールを組むようにしましょう。
現在では、生理周期を予測できるスマホアプリをはじめ便利なツールが沢山あるので、ぜひ利用することをおすすめします。

デリケートゾーンを脱毛するメリットをご紹介!

これまでは、デリケートゾーンを脱毛する注意点を紹介してきましたが、ここではデリケートゾーンを脱毛するメリットを2つ紹介します。

自己処理をほぼしなくて済むうえにケガのリスクが軽減できる

デリケートゾーンのIライン(陰部の両側)や、Oライン(肛門周辺)は目が届かない部位なので、カミソリなどで自己処理をする場合は肌を傷つけてケガをするリスクが伴います。
さらに、ケガをした時に傷口から雑菌が侵入し、毛囊炎になる可能性もあります。

そこで、デリケートゾーンの脱毛をすれば自己処理をほとんどしなくて済むうえに、ケガのリスクを大幅に軽減することができます。

ムダ毛を気にせずファッションを楽しめる

水着や下着を着る際に、ムダ毛がはみ出ていると恥ずかしいですよね。
しかし、デリケートゾーン脱毛をしていれば、ムダ毛がはみ出してしまう心配はありません。
そのため、いろいろなデザインの水着や下着に挑戦することができるので、ファッションを楽しむことができます。

まとめ

デリケートゾーンには、脱毛するうえで注意しておくべきポイントがいくつもあることが分かります。

安易にデリケートゾーンの決めると、後悔することになりかねません。
脱毛後に後悔しないためにも、注意点やメリットをしっかりと踏まえたうえで、脱毛を実施しましょう。