抜歯前後の脱毛は要注意!その理由と脱毛できるタイミングは?

2019.04.21
Pocket

脱毛をサロンやクリニックで始めると、1回だけでは終わりません。基本的には、半年から2年くらいは通院し続けることがほとんどです。
そのため、人によっては通院している間に、虫歯や親不知などを抜歯しなければならないこともあるでしょう。

しかし、そこで気になるのが「抜歯前後に脱毛施術の予約がある場合、予定通り受けても平気なのか」という疑問です。
この記事では、抜歯前後でも脱毛できるのかなどを中心にまとめました。

抜歯前後は脱毛できるの?その疑問を徹底検証!

それでは、抜歯前後に脱毛施術はできるのかを見ていきましょう。
結論から言うと、抜歯前後に脱毛施術を受けることはできません。
もし、抜歯前後に脱毛施術の予定があるなら、すぐにかかりつけの脱毛サロン・クリニックに相談して、施術日を変えてもらうことをおすすめします。

しかし、どうして抜歯の前後に脱毛することができないのでしょうか?
その理由は以下の3つがあります。

抜歯をするときに麻酔を行っているから

抜歯をするときは必ず麻酔をしてから行います。麻酔をすると、3時間くらい は口の周辺がしびれてしまい、痛みなどはほとんど分かりません。

麻酔が効いた状態で脱毛施術を受けると、万が一やけどや炎症などが起きても気づくことができず、トラブルになってしまう可能性もあるため、抜歯後に脱毛施術をすることはできないのです。

脱毛後に抜歯すると肌トラブルになる!

脱毛施術は、高温の光やレーザーを当てるので、想像以上に体に大きな負荷がかかり、脱毛後は肌がかなり敏感になっています。脱毛後に抜歯するなどの刺激を与えると、肌トラブルを引き起こす可能性があるのです。

このことから、多くの脱毛サロンやクリニックでは、抜歯前後に脱毛するのを控えるよう注意を促しています。

痛み止めを服用するから

抜歯後には痛み止めなどの薬を出されて服用するように言われますが、ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは、薬を服用した後に脱毛施術を受けることはできません。
なぜなら、薬を服用して脱毛のレーザーや光を照射すると、皮膚の赤みなどの肌トラブルが起きやすくなるからです。

このように、上記3つの理由から抜歯前後は脱毛施術を受けることができません。

抜歯後いつから脱毛ができるの?

それでは、いつから脱毛することができるのでしょう?

抜歯後2週間程度が目安

抜歯後に服用する痛み止めなどの薬は、1週間ほどで飲み終えている場合が多いです。
また、抜歯後に口の中が腫れていたとしても1~2週間経過 すれば元の正常の状態になり、飲食も通常通り取れているでしょう。
そのため、抜歯から2週間程度空ければ 脱毛施術は受けられます。

体調をしっかり確認した上で脱毛施術を受けよう

ただし、上記に挙げた期間はあくまでも目安です。例えば、親不知の抜歯は普通の歯より痛みや腫れが伴うため、症状が良くなるのに時間がかかることもあります。もし、痛みや腫れが引かない状態で脱毛施術をすると体に大きな負担がかかるので大変です。

必ず歯の状態や体調が落ち着いたことを確認してから、脱毛施術を受けるようにしましょう。

虫歯治療中や矯正中の場合は脱毛できる?

現在、虫歯治療中や矯正中の方も多いでしょう。
その場合でも、脱毛施術を受けることはできるのでしょうか?

虫歯治療中でも脱毛は可能!

虫歯治療中の場合、「脱毛するときに歯が痛くならないかな?」と不安に思う方も少なくないはずです。顔に脱毛機の光やレーザーを照射しても虫歯までは届かないので、特に問題なく脱毛施術を受けられます。

ただし、虫歯でも痛み止めなどの薬の服用後や、麻酔を受けた後は抜歯と同じく脱毛施術は受けることはできないので注意が必要です。

矯正中の場合は矯正器具の種類による

矯正中の場合は、顔脱毛以外は可能ですので、腕や脚、VIOなどを脱毛したい場合は特に問題なく脱毛できます。

顔脱毛の場合は金属製の矯正器具を使用している方は、脱毛施術ができないこともあります。なぜなら、脱毛のレーザーや光を当てたときに、その金属が熱を帯びてしまい炎症などを引き起こす恐れがあるからです。

また「私はプラスチック製の矯正器具だから大丈夫」と思っていても、脱毛サロンの中には素材に関係なく矯正器具はNGというところもあり、対応はサロンによって異なります。
矯正中で顔脱毛を検討している方は、カウンセリングのときに自分の矯正器具は脱毛施術ができるか確認することをおすすめします。

まとめ

抜歯前後は脱毛施術を受けることはできませんが、きちんと2週間くらい期間を空ければ安全に受けられます。
ただし、この期間はあくまで目安となり実際には個人差があるので、体調が悪い場合は決して無理をせず、できるだけ体調を整えて脱毛を行うようにしましょう。

虫歯治療中の方は、痛み止めなどの薬の服用後や麻酔を受けた後などは、脱毛施術ができないので覚えておくことが大切です。
そして、矯正中の方は矯正器具の種類によっては脱毛施術ができないこともあるので、事前カウンセリングのときに確認しておきましょう。