永久脱毛は本当に毛が生えてこなくなる?「永久脱毛」について徹底解説!

2018.06.16
Pocket

剃ってもすぐに生えてくるムダ毛は、「永遠に生えてきて欲しくない」と誰しも思うものです。そんなムダ毛の悩みを解消できると希望を抱き、永久脱毛をうたっている脱毛クリニックに通う女性も多いはずです。
しかし、クリニックで永久脱毛さえすれば、果たして一生毛が生えてこない肌になれるのでしょうか?

永久脱毛の定義とは?

アメリカの団体、AEA(米国電気脱毛協会)が発表した「脱毛施術1ヶ月経過後に毛の再生率が20%以下」が永久脱毛の定義といわれています。嚙み砕いていえば「脱毛を受けたあとに、再び生えてくる毛が少ない状態を維持できる」という意味です。
つまり、もともとの定義が「施術後に毛が生える可能性がある」ことを加味しており、永久脱毛は毛が生えないものと断定していないのです。また、日本では永久脱毛に関する基準は存在しないため、「永久=一生」という認識のズレが生じていると考えられます。

永久脱毛はレーザー脱毛が鉄則

永久脱毛の定義に当てはめて考えると、レーザー脱毛を受けた場合に永久脱毛が可能になるといえます。

・レーザー脱毛のメカニズム

脱毛とは、毛のメラニン色素に反応する波長を持つ光やレーザーを照射し、毛根などに熱を与えて毛が生えるのを抑えるという仕組みです。
また、毛の成長を促進させる「毛母細胞」にダメージを与えないと、毛が生えるのを防ぐことができません。レーザー脱毛で使用されるレーザーは波長が単一でパワーが強く、毛母細胞をはじめ、毛根や毛乳頭といった組織にも熱ダメージが加わります。
つまり、脱毛サロンの光脱毛よりも、毛を再生させなくする効果がより高いため、永久脱毛とうたわれているのです。

・レーザー照射は医療行為

レーザーを照射することは、法律で定められたれっきとした医療行為です。
なぜなら、レーザーはホクロやシミ、あざの除去といった、脱毛以外の治療目的で使用されていることもあるためです。医療行為と認定されるということは、高い効果があるだけでなく、高度な技術を要求されるという証拠といえます。
また、医療機関である脱毛クリニックでは、施術はすべて医師が行っているため、肌トラブルなどが起きたときに迅速に対応してくれます。

・レーザーの種類で効果が異なる

脱毛クリニックで使用されるレーザーにも種類があり、レーザーが届く深さによって効果が異なります。

・アレキサンドライトレーザー…日本人に適したレーザーで、多くのクリニックで使用されている

・ダイオードレーザー…アレキサンドライトレーザーよりも皮膚の下に届くため、産毛などの細い毛にも効果がある

・Nd:YAGレーザー…さらに深く届くので特に太く深い毛根に効果があり、施術回数も少なくなる

メラニン色素の薄い産毛は効果が出にくい部分ですが、レーザーの種類によっては完全なる全身脱毛が目指せるのです。

脱毛サロンで永久脱毛は不可能?

脱毛サロンはレーザー脱毛に比べて費用が安く、手軽に脱毛を体験できるとして人気があります。しかし、脱毛サロンで使用されているのは光(フラッシュ)であり、レーザーとはまったくの別物なのです。

・光脱毛の不再生脱毛とは?

脱毛をする手順や仕組みは、レーザー脱毛とほぼ変わりません。しかし、照射する光は複数の波長を持つため、毛の1本1本に対する熱エネルギー量がレーザーよりも少ないのが特徴です。

つまり、永久脱毛に必要な条件である、毛母細胞にダメージを与えられません。光脱毛の脱毛効果とは、一時的に毛の再生力を抑制する「不再生脱毛」が正しいのです。

・施術回数を重ねることが必要

端的にいえば光脱毛で永久脱毛は不可能といえますが、サロンに通い続けて施術回数を重ねれば、同じような効果は期待できます。光脱毛はレーザー脱毛に比べて痛みもなく、火傷などの肌トラブルが起きにくいのがメリットです。

そのメリットを優先させたい方は、光脱毛を地道に続けることも永久脱毛を目指す1つの方法といえるでしょう。ただし、施術回数を重ねると料金がそれだけ加算されていくため、通い放題などの定額制を選ぶことも重要です。

最終手段はニードル脱毛

ニードル脱毛は本来、逆さまつ毛を抜くために誕生した、一生毛が生えない「本当の永久脱毛」ができる唯一の方法です。
毛穴に細い金属の針を毛根まで刺し、高周波や弱い電気を流して毛包を破壊するという仕組みです。かつては毛根以外の部分まで電気が流れることが原因で、火傷や色素沈着が起こることがありました。それを防止するために、現在では針先以外に電気を通さない「絶縁針」を使用することが一般的です。

完全なる永久脱毛ができる反面、1本ごとに施術する必要があるため、途方もない時間が必要になります。つまり、レーザー脱毛や光脱毛を受けたあと、それでもなお生えてくる毛に対して、ニードル脱毛は有効な手段といえるでしょう。

まとめ

永久脱毛についてまとめましたが、おわかりいただけましたか?
永久脱毛とは永遠に毛が生えないものではなく、長期間毛を生えなくさせるという認識が正しいのです。そして、脱毛のやり方さえ工夫すれば、永久脱毛のような効果を得るのは不可能ではありません。
毛が生える可能性がゼロではない、という正しい認識さえ持っていれば、いざ毛が生えてきたとしても冷静に対処できるようになるでしょう。