生理後の脱毛はOK?避けたほうがいい生理期間は?

2018.12.30
Pocket

脱毛は2~3か月に1回の間隔で施術しますが、予約日に生理が来てしまうこともあるでしょう。生理中は肌が敏感になっているため、脱毛を受けない方がいいのでは?という意識が働くはずです。しかし、生理後は脱毛に支障がないのでは?と考える方も多いでしょう。

今回は、生理の前後や生理中の脱毛への影響と、脱毛に適している生理周期についてご紹介します。

生理中に脱毛は受けられない?

生理周期は必ずしも一定ではなく、数日程度ずれることはよくあることです。脱毛の予約は1~3か月先になるので、生理周期の微妙なずれによって予約日に生理がくることも珍しくありません。
予約日に生理が当たっても、「すべての施術を断る」というサロンやクリニックはほとんどありません。ただし、デリケートゾーンのVIO脱毛だけは、ほとんどのサロンとクリニックでは「生理中の施術はNG」としています。

生理中はホルモンバランスが不安定な状態で、痛みをより強く感じるようになります。VIO脱毛は生理日以外でも痛みを強く感じるため、施術をするのは適切ではないといえます。また、「経血を介する感染症」のリスクもあるため、生理中のVIO脱毛はほぼ不可能と考えておきましょう。

VIO脱毛を予定していて生理になった場合は、予約をキャンセルして取り直す必要があります。キャンセル料の対応も店舗によってまちまちなので、キャンセルの連絡時に確認しましょう。

また、「タンポンを挿入すれば大丈夫では?」と思う方もいますが、生理中は痛みが増幅しやすいので、施術を受けるのは避けた方が無難です。

生理の前後に脱毛を受けた場合の影響とは?

生理中はVIO脱毛の施術が不可能になりますが、生理の前後で脱毛を受けた場合、どのような影響があるのでしょうか?

生理前は体調が不安定で痛みが強くなる

「無性にイライラする、意味もなく不安になる、日中も眠くて仕方ない」といった体調の変化を、生理前に感じたことが1度はあるかと思います。なぜなら、生理前はホルモンバランスが不安定になることが原因で、心身の不調が起こりやすくなるからです。
そのような症状がひどい場合、「月経前症候群(PMS)」という、女性特有の不調の原因となります。

精神的に不安定な状態で脱毛を受けた場合、脱毛そのものがストレスに感じることも考えられます。また、肌も敏感になって痛みを強く感じやすくなるので、生理前の脱毛は避けることが最善といえるでしょう。

生理の終わりかけは体調次第で脱毛可能

VIO脱毛を除き、生理が終わりかけの状態なら、ほぼ問題なく脱毛できます。ただしホルモンバランスはまだ安定していないので、体調に問題がないか、しっかり見極めることが大切です。

生理周期から見る脱毛に最適な期間とは?

生理周期は個人差がありますが、正常な生理周期は「28~32日」です。この期間で「月経期、卵胞期、排卵期、黄体期」という4つの周期があります。
この中で最も脱毛に適している時期は、「卵胞期」なのです。

卵胞期とは、生理が終わってから排卵までの期間のことで、女性ホルモンの1つである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」分泌量が多くなります。エストロゲンは女性の美しさを作るホルモンであり、「美人ホルモン」という名称もあるほど、女性にとって重要な働きを持つのです。

・肌や髪のうるおいを保つ
・肌にハリやツヤが生まれる
・女性らしい体つきになる
・自律神経の調子を整える
・骨の密度を保つ

このように、エストロゲンは女性の美しさだけでなく、健康を作る重要なホルモンなのです。肌のうるおいをしっかりキープできるので、施術の痛みを感じにくくなる効果があります。
つまり、卵胞期は心身の調子が最もよい状態なので、脱毛を受けるのに最適な生理周期といえるのです。

脱毛に適さない生理周期はいつ?

卵胞期が最適な一方、脱毛に適さない生理周期とは、排卵後から生理がくるまでの「黄体期」です。そこには黄体期に分泌される女性ホルモンの、「プロゲステロン」が関係しています。

プロゲステロンは受精卵の着床から妊娠に至るまでに必要なホルモンですが、その一方で心身の不調を招く原因といわれています。

・だるさや熱っぽくなる
・腹痛や腰痛、頭痛が起きる
・精神的に不安定になる
・ニキビができやすくなる

このように、生理前に体調が変化するのは、プロゲステロンの分泌量が増えることが原因なのです。ニキビができるなど肌の調子も悪い上に、体調そのものもよい状態といえないので、黄体期に脱毛するのは避けることをおすすめします。

まとめ

生理中と生理前後における脱毛の影響について、お分かりいただけましたか?

生理中はVIO脱毛以外なら、脱毛の施術を受けることは可能です。ただし、生理中は肌が敏感な状態なので、痛みを強く感じる可能性があることは承知しておきましょう。
また、生理前は肌も体調も万全とはいえないので、避けた方が無難です。
生理が終わりかけなら体調も回復しはじめるので、生理前と生理中は、なるべくなら予約を変更することをおすすめします。