産毛に効果大!おすすめの脱毛法をご紹介します

2019.04.19
Pocket

顔や背中などの産毛を脱毛サロンやクリニックで脱毛してもらいたいと、考える方も多いのではないでしょうか。しかし、口コミなどを見てみると、産毛をはじめとした細い毛は脱毛効果が少ないという声もあります。

このような口コミを目にすると、脱毛するのが不安になってしまいますが、脱毛サロンやクリニックで綺麗に産毛脱毛することが可能です。ただし、産毛脱毛は脱毛サロン・クリニックにある脱毛機や脱毛方法によって、効果の出方や効率が変わってきます。

そこで今回は、産毛脱毛するメリット・デメリットを説明し、産毛の脱毛方法(脱毛機)を効果があるものと効果が薄いもので比較します。
これから産毛脱毛を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

産毛脱毛をするメリット・デメリット

産毛脱毛にはたくさんのメリットがありますが、細くて薄い産毛でも役割があるので脱毛するデメリットもあると言われています。
ここでは、産毛脱毛のメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

産毛脱毛のメリット4つ

産毛を脱毛することには、以下のメリットがあります。

・肌のトーンが明るくなる
体に生えている産毛は、1本1本細いですが色は茶色~黒ですので、産毛が肌を覆っていると肌のトーンが暗くなってしまいます。
産毛を脱毛すれば肌のトーンが明るくなり、透明感を得ることができます。

・化粧のノリが良くなる
化粧のノリが悪いとお悩みの方は、産毛が原因になっている場合が多いです。
産毛があることにより、ファンデーションなどの化粧品がきちんと肌に密着せず、化粧のノリが悪くなることがあります。
産毛脱毛をすると化粧のノリが良くなり、ファンデーションなどが馴染みやすくなります。

・自己処理が必要ない
脱毛して産毛が生えてこなくなれば、自己処理をする必要はありません。
自己処理による肌へのダメージが無くなる上に、産毛処理に費やす手間や時間を大幅に減らせます。

・ニキビ予防も期待できる
余分な皮脂や汚れは産毛に絡まりやすく、それらが毛穴に詰まってニキビの原因になることもあります。
しかし、産毛脱毛をすると毛穴が引き締まり皮脂や汚れが溜まりにくくなるので、ニキビの予防効果が期待できます。

産毛脱毛のデメリット2つ

反対に、産毛脱毛には以下のデメリットがあります。

・肌へダメージを受けやすくなる
産毛は寒さやホコリ、紫外線などの外部刺激から肌を保護する役割があります。
そのため、肌を守る機能がある産毛が無くなると、肌にダメージを受けやすくなる可能性があるので注意が必要です。

・肌が乾燥してしまう
産毛には肌の水分が蒸発するスピードを遅くする働きがあるので、肌の乾燥を防ぐ効果があります。
しかし、脱毛により産毛が無くなることで肌が乾燥してしまい、肌トラブルが発生することも考えられるので気をつけましょう。

産毛脱毛の方法(脱毛機)を徹底比較!

産毛脱毛の方法(脱毛機)は大きく2つに分けることができ、産毛脱毛に効果があるものと効果が薄いものがあります。
ここでは、産毛脱毛の脱毛方法(脱毛機)を脱毛サロンとクリニックに分けて比較します。

クリニックで行われるレーザー脱毛の脱毛機4つ

クリニックで実施されるレーザー脱毛には主に4種類の脱毛機があり、それぞれ効果の出方が異なります。

・アレキサンドライトレーザー
現在、日本国内のほとんどの脱毛クリニックで使用されているレーザー脱毛機です。
メラニン色素(黒い色)に反応するレーザーを照射しながら毛根を死滅させる仕組みで、主に剛毛に効果があると言われています。そのため、毛が細い産毛に対する効果は薄いようです。

・ヤグレーザー
これはアレキサンドライトレーザーと脱毛の仕組みは同じですが、波長がかなり長いため、肌の奥深くまでレーザーが届きます。
ワキやVIO、脚などの毛深い部位に効果を得やすいですが、その一方で産毛にはあまり向いていません。

・ダイオードレーザー(ショット式)
ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーと仕組みは同じで、黒い色に反応する高出力のレーザーを照射して脱毛します。照射時の熱は200度以上と高く、施術時に強い痛みを伴うことが特徴です。
こちらも黒い色に反応するタイプなので、薄い産毛の脱毛には向いていません。

・ダイオードレーザー(蓄熱式)
ダイオードレーザーは肌全体に約60度の低温の熱を与えて、毛根細胞に栄養を供給するバルジ領域を破壊する脱毛機です。
他のレーザーのように黒い色をターゲットにしてないため、薄い産毛に対しても施術を行うことができます。したがって、産毛脱毛をお考えの方はダイオードレーザーがおすすめだと言えるでしょう。

脱毛サロンで行われる光脱毛の脱毛方法3つ
脱毛サロンで行われている光脱毛の脱毛方法は主に3つの種類があるので、それぞれ紹介していきましょう。

・IPL脱毛
現在、もっとも一般的な光脱毛方法で、多くの脱毛サロンで行われています。
基本的な原理はレーザー脱毛のアレキサンドライトレーザーとほぼ同じで、黒い色に光を照射してダメージを与えて脱毛する仕組みです。
そのため、色が薄くて細い毛だと効果が出にくいので、産毛の脱毛には不向きです。

・S.S.C脱毛
毛の成長を抑えるジェルを塗り、その上から特殊な光を照射して毛根にダメージを与える脱毛方法です。痛みが苦手な方のために考案された脱毛方式で、ほとんど痛みを感じることなく施術を受けることができます。
また、光とジェルの相乗効果により、産毛の脱毛効果もある程度期待できます。

・SHR脱毛
SHR脱毛は毛根より浅い位置の毛包に熱を加え、ダメージを与えることで脱毛を行います。
今までの黒い色に反応して脱毛する脱毛方法とは異なり、毛包にアプローチする脱毛方法なので、肌が黒い方や金髪の方はもちろん産毛にも脱毛効果がかなり期待できます。
そのため、産毛脱毛をしたい方はSHR脱毛がおすすめでしょう。

効果のある脱毛方法(脱毛機)を導入しているサロン・クリニック

産毛脱毛する場合はクリニックならダイオードレーザー、サロンならSHR脱毛が最適なのは分かりました。最後に、これらの機器を導入しているお店を紹介します。

ダイオードレーザー(蓄熱式)を導入しているクリニック

以下のクリニックが挙げられます。

・リゼクリニック
リゼクリニックはダイオードレーザーを導入しているクリニックで、サービスが充実していることが特徴です。例えば、予約キャンセル料と剃毛料が無料な上に、増毛化・硬毛化などの症状が出てしまった場合には、1年間の追加照射を無料で行ってくれます。
このようにサービスの質が高く、高い脱毛効果が得られるので産毛脱毛におすすめです。

・レジーナクリニック
レジーナクリニックは、全身脱毛(顔とVIO除く)5回コースが189,000円で受けられます。
クリニックの全身脱毛5回の料金相場は25~30万円くらいなので、比較的リーズナブルな価格設定だと言えるでしょう。

また、クリニックでは全身脱毛を完了するのに1年~1年半くらいはかかりますが、レジーナクリニックなら最短8ヵ月で完了します。できるだけはやく全身脱毛を終わらせたいという方は、クリニックの中でも短期間で脱毛完了が期待できるこちらをチェックしてみてはいかかでしょうか。

・城本クリニック
城本クリニックは全国27院、30年以上の歴史と実績のある美容専門クリニックです。
経験豊富な医師がすべてのお客様に満足していただけるよう、安心を重視して施術を行います。
24時間メール相談を受け付けているので、気になる方は公式HPから気軽に問い合わせてみましょう。

SHR脱毛を導入しているサロン

これには、以下のようなサロンがあります。

・ストラッシュ
ストラッシュは、脱毛サロンの中でも低料金で脱毛施術が受けられることが特徴です。
例えば、全身脱毛6回95,760円、眉間脱毛初回500円など、あっと驚くプランが多数用意されています。
さらにストラッシュは、月額制、パック制、都度払い制と支払方法がたくさんあるため、自分の都合に合わせて支払方法を選ぶことができ、とても便利です。

・ラココ
ラココは、全身脱毛(顔とVIOを含む)5回コースが69,000円、顔とVIOを除いた全身脱毛5回コースが49,000円とかなり安いので、通いやすくなっています。
もし、費用を抑えて全身のSHR脱毛を受けたいならラココがおすすめです。

まとめ

産毛脱毛をすると、肌のトーンが良くなるなどのメリットがありますが、肌が乾燥しやすくなるなどのデメリットもあるのでしっかり覚えておくことが大切です。

また、産毛脱毛の仕組みや効果を良く理解しないままで、サロンやクリニックを選んでしまうと、思ったより効果が得られないということにもなりかねません。
産毛脱毛に関してきちんと理解した上で、一番効果のあるダイオードレーザーやSHR脱毛を導入しているサロン・クリニックを選ぶとよいでしょう。