肌が乾燥していると脱毛ができないって本当?

2018.07.27
Pocket

脱毛後の肌は乾燥しやすい状態になるため、アフターケアの保湿がいかに重要かは広く知られています。
しかし、脱毛前の肌が乾燥している場合、脱毛の施術が受けられないという事実があることをご存知でしょうか?今回は、乾燥肌がもたらす、脱毛への影響についてご紹介します。

乾燥している肌の状態とは?

肌の乾燥は水分の蒸発を防ぐ皮脂が少ないことと、うるおいを保持する角質層のバリア機能が低下することで起こります。
バリア機能が正常な状態では、うるおいを保つだけでなく、外部からの刺激から守ってくれます。
しかし、バリア機能が低下すると、うるおいを守る細胞間脂質が減り、水分が逃げることで乾燥肌を招くのです。

また、ストレスや睡眠不足が原因で肌のターンオーバーが乱れることが、肌のバリア機能が低下する原因の1つです。日々の保湿はもちろん、ストレスや睡眠不足などの生活習慣にも気を配ることが大切です。

乾燥肌に脱毛ができない3つの理由

乾燥肌に脱毛の施術を行った場合、次のようなデメリットやリスクがあります。脱毛効果にも悪影響を及ぼしかねないため、乾燥肌で脱毛をする方は特に注意しましょう。

肌トラブルが起こるリスクがより高くなる

代表的な脱毛方法である光脱毛とレーザー脱毛ですが、どちらも毛根周辺を熱でダメージを与えることで脱毛する方法です。
その熱が肌の乾燥を招くことから、施術後の保湿対策が重要視されています。
つまり、施術前からすでに乾燥している肌では、脱毛の施術により乾燥が悪化するリスクが高くなるのです。

また、バリア機能が低下している状態の肌にとって、脱毛の施術は刺激を与えることと同じです。そのため、肌の赤みや火傷といった、脱毛による肌トラブルが起こりやすくなります。

施術の痛みが強くなる

バリア機能が低下して乾燥している肌は、脱毛の施術による痛みを強く感じやすくなります。
特に出力が高いレーザー脱毛では、正常な肌でも痛みを感じることが珍しくありません。レーザー脱毛の施術を受けている場合は、特に肌を乾燥させない必要があるといえます。

脱毛効果が弱くなる

脱毛の施術が乾燥肌に与えるリスクを考えると、施術を行わないことが最善といえます。
しかし、予約の都合などでどうしても脱毛したい場合、肌トラブルを回避するためには、光やレーザーの出力を下げるしか方法がありません。
出力を下げるということは、脱毛への効果が薄れるのと同じことです。貴重な1回の施術を無駄にするよりも、乾燥肌の回復を最優先させることが、脱毛効果を最大限に得られることにつながります。

脱毛前に肌の保湿効果を高める3つの方法

サロンやクリニックにせっかく足を運んでも、肌が乾燥していることで断られるのは避けたいものです。
では、脱毛に適した肌にするためには、どのような保湿方法が効果的なのでしょうか?

皮脂が少なく乾燥しやすい部位を念入りに

特に乾燥しやすい部位は表皮が薄い顔だけでなく、ひざやひじの関節部分、脚のすねといった皮脂の分泌が少ない部分に起こりやすくなります。
ひざやすねといった脚の脱毛を予定している場合、前日の保湿を念入りに行うことが大切です。

お風呂上りの保湿が重要

特に肌が乾燥しやすいお風呂上りは、なるべく早急に保湿することで水分の蒸発を最小限に抑えられます。また、顔のスキンケアと同じように、化粧水で水分を与えてから、乳液などで蓋をしてうるおいを保つことが効果的です

顔用のスキンケア製品を買い足さなくても、顔に使っている物をそのまま肌に使用しても問題ありません。
むしろ皮膚が最も薄い顔に適しているということは、ボディー用よりも低刺激で乾燥肌に向いている証拠です。もしくは、乾燥肌用のボディーローションや保湿クリームを使うことも効果的です

施術前のムダ毛処理も要注意

光とレーザーが毛に与える熱エネルギーによる、肌の赤みや火傷などの肌トラブルを避けるため、脱毛の前日、または当日にムダ毛を剃る必要があります。
しかし、その自己処理が原因で、乾燥肌がさらに悪化する可能性があるのです。特にカミソリで剃った場合、毛の流れに逆らって剃ると肌の表面を傷付けてしまいます。
カミソリ後の肌は乾燥の原因となる刺激を受けているため、肌の保湿をしっかりと行う必要があるのです。そのため、乾燥肌のムダ毛処理には振動で毛を浮かせて剃る、電気シェーバーがおすすめです。

ひどい乾燥肌には光脱毛がおすすめ

脱毛効果が高いことで知られる医療レーザー脱毛ですが、レーザーの出力が高いことから、正常な肌でも痛みを感じることがあります。極度な乾燥肌の方はより痛みが強く感じたり、施術自体を断られたりする可能性も否定できません。

つまり、刺激や痛みに弱い乾燥肌は、レーザーよりも出力が弱く痛みも少ない「光脱毛」の方が向いているといえるでしょう。
施術時に塗るジェルに保湿効果や肌を守る効果をプラスし、より肌に優しい脱毛を目指している脱毛サロンは数多くあります。まずは事前のカウンセリングで肌の状態を見せて、脱毛が可能か相談しましょう。

まとめ

乾燥している肌に脱毛の施術を行うことにより、さまざまなリスクがあることをおわかりいただけましたか?
脱毛効果を最大限に得るためには、何よりも乾燥肌の改善を最優先させることが大切です。脱毛前に慌てて保湿をするのではなく、全身への保湿を習慣付けるようにしましょう。