脱毛する時の痛み、麻酔を使うと軽くなる?

2018.07.29
Pocket

高い脱毛効果が得られると人気のあるレーザー脱毛ですが、施術時の痛みが強く出るという特徴があります。
痛みがまったくない分、脱毛効果が現れにくい光脱毛と比較して、痛みがあってもレーザー脱毛を選ぶ方も多いでしょう。

しかし、痛みに耐えながら脱毛をすることが、ストレスや苦痛と感じることは避けたいもの。そんな痛みを軽減するために使用される麻酔とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

脱毛の痛みが起こる原因

レーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応すると熱エネルギーが生じるレーザーを照射し、毛の成長を促す毛母細胞や毛乳頭を破壊させます。
それにより、毛の成長を抑制することで、脱毛効果が得られるという仕組みです。

レーザー脱毛で使用されるレーザーは、単一の波長を持つという特徴があります。光脱毛は複数の波長で拡散するのに対し、レーザーは毛に対して集中的に熱エネルギーが与えることができます。

その反面、レーザーを照射するときに、毛根周辺の皮膚にエネルギーが伝わり、輪ゴムを肌に弾かれたような痛みを伴うことがあるのです

特に毛が太く濃い部分ほど痛みが強くなりやすい傾向にあるため、毛が濃くて密集しているVIO脱毛が最も痛いといわれています。こまめに肌を冷やしたり、コミュニケーションを取りながらテンポよく照射したりと、痛みの軽減に努めているクリニックが多いのも事実です。
しかし、痛みの感じ方には個人差があるため、痛みに耐えられない方は、麻酔をオプションで行えるようになっています。

脱毛で使用される麻酔の種類と違い

脱毛クリニックで使用されている麻酔は、主に笑気麻酔と麻酔クリームのどちらかが一般的です。それぞれの特徴と違いがあるため、どちらを使うべきか参考にしてみてください。

笑気麻酔

亜酸化窒素と酸素によって構成されるガスを吸うことで、頭がぼんやりとして、お酒に酔ったような感覚になります。

また、眠気やリラックス効果を誘うことから、脱毛の痛みを緩和する作用が期待できるのです。笑気麻酔は意識が奪われることがないので、施術が終わればすぐに覚醒できます。

脱毛クリニックで実際に笑気麻酔を行う場合、様子を見ながら徐々にガスの濃度を上げていきます。
また、看護師が処置を行ってくれるため、麻酔が効きすぎるというリスクを避けられます。
ただし、妊娠中の方には使用できないため、妊娠をしている可能性がある方は麻酔クリームを選びましょう。

麻酔クリーム

麻酔クリームは痛みが強い部分に直接塗ると、皮膚の感覚が徐々に鈍り、痺れたようになるのが特徴です。塗ってから30分ほど経過すると麻酔効果が現れるため、施術前に申告をして塗る必要があります。

また、比較的速く麻酔効果が切れる笑気麻酔と違い、麻酔が切れるまでに時間を要するのが特徴です。

麻酔クリームはリドカイン(キシオロカイン)という、歯医者で使用される麻酔と同じ成分です。歯医者で麻酔を打ったときと似たような感覚になる、といえばわかりやすいでしょう。

笑気麻酔よりも麻酔効果が高いため、笑気麻酔では効き目が足りなかった場合におすすめです。特に痛みが強いVIO脱毛を行う場合は、麻酔クリームが適しています。

静脈麻酔

静脈に点滴を打つタイプで、いわゆる全身麻酔にあたります。女性向けの脱毛クリニックでは必要のない強度の麻酔ですが、最も痛みが強いといわれる男性のヒゲ脱毛で使用されています。

脱毛で麻酔を使用する場合の注意点

脱毛で麻酔を使用する場合、次のような注意点が存在します。
クリニックで麻酔を受けたいと思っている場合、注意点を知っておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。

麻酔クリームによる身体の影響

リドカイン(キシオロカイン)は汎用性の高い成分ですが、過剰に使用すると中毒になる可能性があります。
そのため全身脱毛では使用できず、特に痛みの強い部分だけにしか使えないので注意しましょう。

また、主成分のリドカインが原因で、アレルギー反応が起こることがあります。これまでに歯医者などの麻酔でアレルギー反応が起きた経験がある方は使用できません。

笑気麻酔に関しては、人体に悪影響を及ぼす成分は使用していません。
ガスを吸っている間に麻酔効果が現れるため、施術後に身体に残る、副作用のような影響はほぼないといわれています。

激しい運動と車の運転はNG

笑気麻酔を使用した当日の激しい運動や、車の運転は避けた方が良いといわれています。副作用ほどの強い症状ではないのですが、少し意識が鈍る感覚が起こる可能性があります。
施術後に麻酔が抜けるまで休めば回復しますが、ケガや事故のリスクを考えると、やらない方が無難でしょう。

クリニックで使用する麻酔の種類に差がある

笑気麻酔と麻酔クリームが一般的ではありますが、笑気麻酔のみ、麻酔クリームのみ、または両方と、クリニックで採用している麻酔の種類に差があります。
例えば、VIO脱毛を受けたい場合、笑気麻酔のみのクリニックでは不安に感じる方もいるかもしれません。麻酔を使うことを前提に考えているなら、公式サイト、または初回カウンセリングで確認することをおすすめします。

まとめ

効果の違いや副作用のリスクなどを知っておけば、脱毛がより快適に受けることができるでしょう。また、医師と看護師が常駐するクリニックだからこそ安心して使用できる、麻酔を取り入れてみることをおすすめします。