脱毛でフェロモンが減少する!?真相を解明!

2019.01.22
Pocket

ムダ毛レスなツルツル素肌は、現代を生きる女性なら誰もが望むもの。
中でもワキの下は、なんとしても完璧に脱毛処理をしておきたいパーツですが、脱毛することによってフェロモンが出なくなる!?という意見もチラホラ耳にします。
でも、果たして本当にフェロモンと脱毛に因果関係はあるのでしょうか?

こちらの記事ではフェロモンのメカニズムと、本当に脱毛と関係があるものなのかどうか、ということについてご説明していきます!

フェロモン=色気なの?フェロモンのメカニズムってどんなもの?

どことなく色気が感じられる、という意味でよく使われているフェロモン。
普段の何気ない会話の中でもよく耳にする言葉でもあるのですが、具体的にそれがどんなものなのか、と聞かれてもよくわからないという方も多くいらっしゃることでしょう。

では、フェロモンとは一体どんなものなのでしょうか?

意外!?フェロモンの正体は分泌物質

フェロモンとは、少し堅苦しくいえば「動物の体内で生成され、同種の動物になんらかの情報伝達を行っている物質」であるといわれています。

フェロモンには、その役割によって、性フェロモン・集合フェロモン・道しるべフェロモン・警報フェロモンなど、さまざまな種類があることが知られています。

その中で、私たちが普段使っている意味でのフェロモンとは性フェロモンのこと。性フェロモンには、「異性を惹きつける」という働きがあるといわれているのです。

フェロモンはホルモンから作られており、その働きもとてもよく似ているのですが、ホルモンが自分の身体へ働きかけるものであるのに対し、フェロモンは他者へ働きかけるという点で大きく異なっています。

フェロモン=色気があるという意味で使われているのは、フェロモンが「異性を惹きつける」という働きを持っているからなのですね。

人間のフェロモンはワキの下から出ているってホント?

人間も動物に含まれると考えれば、フェロモンを出しているということになりますよね。

しかし人間のフェロモンは、はっきりと目で見てその存在を確認できるものではなく、アポクリン腺から出るニオイであるといわれているのです。

人間の身体には、アポクリン腺・エクリン腺の2つの汗腺(分泌腺)があります。
この2つの汗腺は、それぞれ張り巡らされている場所が異なっています。

エクリン腺が全身に張り巡らされているのに対し、アポクリン腺はワキの下や外陰部など、特定の場所にしか存在しません。
アポクリン腺からは汗だけでなく分泌物も排出されるため、特有のニオイを持つ場合があります。
このアポクリン腺から出る分泌物のニオイが、フェロモンであると考えられているのです。

「ワキの下を脱毛するとフェロモンが減少する」という意見が見られるのは、ワキの下にフェロモンでもあるニオイを出すアポクリン腺が多い、という理由からのようです。

脱毛するとフェロモンは減少する?!フェロモンと脱毛との因果関係に迫る

フェロモンとはアポクリン腺から出る分泌物のニオイであり、アポクリン腺はワキの下などの限られた場所にしか存在しない、ということがわかったところで、今度はフェロモンと脱毛との因果関係について見ていきましょう。

ワキ毛の果たす役割に注目!

脱毛したい!と多くの女性が悩んでいるワキ毛ですが、フェロモンに関していえば、実は意外な役割を果たしています。

ワキ毛には、「肌を刺激や摩擦から守る」働きや、「体温調節を行う」働き、そして「拡散する」という役割があります。

前項で、アポクリン腺から分泌されるニオイがフェロモンの正体である、というお話をしましたが、ワキ毛には分泌されたフェロモンを「拡散する」という働きがあるのです。

ワキ毛を脱毛してもアポクリン腺はなくならない=フェロモンは減少しない!

「フェロモンはアポクリン腺から分泌されているものであり、ワキ毛によって拡散されている」ということは、ワキ毛とフェロモンそのものには因果関係が存在しないということになります。
つまり、ワキ毛を脱毛するとフェロモンが拡散されることはなくなりますが、フェロモン自体が減少するわけではない、といえるのです。

ただし、これはアポクリン腺にダメージを与えない脱毛方法の場合のみ。
医療機関で行われている絶縁針脱毛(ニードル脱毛)は非常に威力があり、アポクリン腺の一部も破壊してしまう可能性があるといわれています。

一般的なサロンでの脱毛やレーザー脱毛では、アポクリン腺までダメージを受けることはほとんどありません。

このようなことから、結論としては「脱毛(※絶縁針脱毛を除く)でフェロモンが減少することはない」といえます。

まとめ

脱毛を希望している女性も非常に多いワキ毛ですが、実はフェロモンを拡散するほか、体温調整を行うという意外な役割も担っています。
けれど、こちらでご説明してきたように、フェロモンが分泌されているのはアポクリン腺からであって、ワキの下やワキ毛ではありません。

ワキをキレイに脱毛しても、フェロモンが減少することはないので、安心してツルツルなムダ毛レスの肌を目指しましょう!