脱毛と除毛。その違いって知ってる?

2018.06.23
Pocket

むだ毛処理をする上で、カミソリで剃ることもクリームやワックスで毛をなくすことも全て「脱毛」と位置付けている方が多い事実があります。
厳密に言うと、「脱毛」といえる行為ではありません。私たちは「脱毛」と「除毛」の言葉の違いを知った上で、むだ毛のお手入れをすることが大切です。
ここでは「脱毛」と「除毛」この二つの言葉の違いを探ってまいります。

脱毛とは?

脱毛とは、むだ毛を毛根から取り除く方法を指しています。「抜く」という考え方が一般的ですが、脱毛の定義に関してそれぞれの受け止め方が異なるため、ここでは「永久的・または半永久的の効果を伴うむだ毛処理方法」という括りでまとめました。

光脱毛

毛包や毛根に直接作用する波長の光を照射し、毛根を弱らせてむだ毛を抜く方法です。エステサロンでサービスを提供している他、家庭用の光脱毛器なども販売されています。
脱毛するために照射する光にもさまざまな波長が用いられています。メラニン色素などの黒い色に反応し、熱エネルギーを集中させる波長を用いたIPL脱毛や、毛包と呼ばれる、毛根を包む膜全体を暖めて毛根を弱らせるSHR方式の脱毛法などがあります。

完全に無毛の状態を作るには、IPL脱毛の場合は最低でも2年間、SHR方式では、半年~1年程度の時間が必要です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、メラニン色素など黒色に反応する波長のレーザー光を照射して毛根に熱を加え、細胞を破壊する方式の脱毛方法です。レーザー光ですので、光がピンポイントに到達するため効果が実感しやすいメリットがあります。
レーザー機器は、医療用のものしか使えません。そのため、美容クリニックや皮膚科クリニックなどレーザー機器を導入した医療機関で施術を受けます。
レーザー脱毛の場合は、永久的な脱毛効果が得られるので、まさしく「脱毛」といえることでしょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、電気針脱毛や電気脱毛等といわれることがあります。極細の針を毛穴に刺し入れ、微弱な電流を流して毛根を弱らせます。その場で毛を抜くことができますので、即効性を求める方には最適です。
ただし、針を指す時の痛みがあり、出血を伴う可能性が否めません。毛質によって差が出てしまいますが、10分間で50本~100本程の脱毛が可能です。ただし、100本の毛といっても範囲は狭いので、全身脱毛などには向かない現状があります。

除毛とは?

除毛とは、皮膚の表面から出ている毛を取り除く方法です。一般的には「溶かす」「剃る」「抜く」という方法を取ります。即効性がありますが、一次的なものです。永久的・半永久的な持続する効果はなく、時間が経過するとまた生えてきます。

クリーム

ケミカル成分が含まれたクリームを、むだ毛が気になる場所に塗布することで、生えている毛を溶かすことができます。ドラッグストアなどで市販されているので、手軽な除毛手段として用いられています。
クリームでの除毛の場合、毛が溶ける際に発する臭いがあることが一番のデメリットです。また、うまく溶けない毛が出てくる可能性があります。太い毛の場合、クリームをヘラでこそげ落とした時に毛の断面が目立ってしまうこともあり、「毛穴が目立つ」「埋没毛ができてしまう」というような弊害があります。

カミソリ

肌の表面に生えた毛を剃る方法です。除毛方法では一番ポピュラーで誰もが経験したことがある方法ではないでしょうか。肌を傷つける恐れがあることや、埋没毛の発生につながることもあるため、注意が必要です。

ワックス

ミツロウなどでできたペースト状のワックスを肌表面に塗布し、その粘着力で毛を抜き取る方法です。根元から抜き取れるため、仕上がりが良いのですが、短い毛の場合は抜き取ることができません。また、ワックスのはぎ取り方が悪いと、皮膚も同時にはぎ取ってしまうことがあるため注意が必要です。

毛抜きや脱毛器、ワックスは「脱毛」ではないの?

毛抜きを使って抜くことや、毛をつまんで抜いてくれる「脱毛器」、先述のワックスは「脱毛」とくくられることがあります。もちろん毛を抜くので、カミソリで剃ることやクリームで溶かすことと比べたら、毛が生える速度は遅くなります。
ただし、毛の再生工場と位置付けられる「毛母細胞」は壊されることなく残っています。成長期に毛を抜くことで、一次的に無毛の状態を作ることができますが、毛の生産工場である毛母細胞は生きていますので、時間の経過とともに毛は生えてきます。そのため「脱毛」ではなく「除毛」と位置づけることができます。

セルフケアの脱毛・除毛よりもプロの手で

セルフケアで除毛をする方も多く見られます。ですが、除毛によって皮膚を傷つけるほか、薬剤によってアレルギー症状を引き起こしてしまうというような皮膚トラブルも増えてしまいます。
長期間綺麗な肌を保ち続けたいというのであれば、脱毛エステなどでプロのエステスタッフに施術を依頼することをおすすめしています。プロによる施術の場合、お金も時間もかかってしまうので、敬遠してしまうところもあるでしょう。
SHR方式の脱毛を提供するサロンを選べば、安価な施術料金かつ、短期間で脱毛サロン卒業も夢ではありません。

まとめ

除毛と脱毛の違いについてまとめました。ただし、さまざまな見解があるため、まだまだ除毛・脱毛の区別があいまいとされているところもあります。今回は「永久的に毛を無くせる=脱毛」「一次的に毛をなくせる=除毛」としました。キレイな肌を目指すなら、メリットやデメリットを踏まえ、プロによる脱毛を検討していくことも一案です。