脱毛の施術を受けてから毛が抜けるまでにどれくらいかかるもの?

2018.06.22
Pocket

一刻でも早く解消したいむだ毛。脱毛サロンに通っているけれど翌日には事前処理した毛が伸びているみたい…。
いつになったら抜けるの?きちんと抜けるの?と不安になっている方に対して、「脱毛サロンで施術を受けた後、毛が抜けるまでの期間」や「きちんと抜けるための裏ワザ」などをまとめました。

脱毛後に毛が抜ける期間

脱毛サロンで光を照射した後に、自己処理後の毛が伸びてきた、という経験を持つ方もいると思います。
IPL脱毛では毛根の黒に反応する光を照射し、熱エネルギーを集める方法、SHR方式では毛根を包む毛包(もうほう)全体を暖める波長の光を照射します。いずれの場合も、毛の「根」にあたる部分にじわじわとダメージが伝わり、およそ2週間かけて毛が抜けやすい状態になっていきます。

脱毛サロンでの施術後に毛が伸びてきたのは、まだ毛の細胞自体は生きているから。処理を続けながら様子を見ていきましょう。生えてきた毛は、毛抜きで抜くと切れてしまう可能性があるので、自然に抜けるのを待ってくださいね。

抜けない毛ってありますか?

IPL脱毛では、脱毛できない毛も存在しています。

産毛や脱色した毛

先にも触れましたが、IPL脱毛は「黒」に熱エネルギーが集中する波長の光を照射します。そのため、産毛のように透明な毛や、脱色して毛を目立たせなくした毛には反応しにくい傾向があります。もちろん、既にメラニン色素が失われている白髪にも反応しません。

IPL脱毛は成長期以外の毛は抜けません

IPL脱毛は「成長期にある毛」の毛根にしか光が集中できないという性質があります。そのため、光照射後に成長期に切り替わった毛などに対しては、そのまま生えてきます。こういったことから、毛周期を考慮して「2ヶ月程の時間をおいて照射をする」ことが推奨されているのです。

毛がなかなか抜けない方へ

脱毛サロンで施術を受けているのに、なかなか抜けないという毛もみられます。それはどうしてでしょうか。

保湿ケアで角質を柔らかく

角質が厚いヒザ下などは毛根まで光が届きにくいため、毛が抜けにくい傾向があります。皮膚の水分量が少ない場合も同様です。
普段から皮膚を柔らかくするために、保湿ケアをすることをおすすめしています。
お風呂上がりなどに保湿系のクリームやローションを脱毛部位になじませて、皮膚に水分が行き渡るようにしていきましょう。

VIOラインは時間をかけて

また、VIOラインは毛根自体が大きく1度の照射だけでは、光照射によるダメージが少ないから抜けにくいということも。照射レベルが上がれば、それだけ発生する熱エネルギーが大きくなるため、痛みを強く感じてしまいます。VIOラインは複数回照射して結果を注意深く見ていくことが大切です。

初めての方は抜けにくいことも

光照射の脱毛が初めての方は、脱毛機器の照射レベルを落としや様子見状態から光を照射しますので、抜けにくいことも考えられます。2回目以降の施術で初回の脱毛効果を聞き取った上で、脱毛機器レベルを変更することが一般的です。じっくり時間をかけて脱毛効果を見出していきましょう。
ただし、SHR方式の脱毛では毛周期の考慮は不要ですので、インターバル期間が1ヶ月と短いのが特徴です。そのためIPL脱毛と比べると早く脱毛効果を実感できます。

即効性ならニードル脱毛

1回の施術で結果が欲しい、という場合は、ニードル脱毛(電気脱毛)が最適です。ただし、費用が高額ですし、毛穴に直接針を刺した後に電気を流しますので、痛みを伴います。
短時間しか処理ができませんので、『1回の施術でむだ毛を全て解決』というわけにはいきません。

SHR方式なら産毛も抜けます

抜けない毛をなくしたい、少ない照射回数で効果を実感したいという場合は、SHR方式の脱毛をおすすめします。
SHRは、毛根を包んでいる毛包に熱を与えますのでメラニン色素の有無は関係ありません。だから、産毛なども抜けやすいと好評です。
また、SHR方式なら毛周期に関わらず1ヶ月に1度の照射が可能です。回数を重ねないと効果が実感できない角質が厚い部位やVIOラインなども集中的に施術が受けられるので、効果を実感しやすいですよ。

じんわり温かいのも魅力

IPL方式の光脱毛は、毛根に光が到達した時に熱エネルギーが発生しますので、痛みを感じる方もいます。中にはやけどのような皮膚症状を発してしまう方もみられます。
一方、SHR方式の脱毛は、毛根を包んでいる毛包に熱を加える方式です。弱い光を連続照射しますので「痛みを感じる」よりも「じんわり温かい感覚」で施術が行われます。

まとめ

光脱毛の場合、照射後にじわじわとダメージを与えて毛が抜けやすい状態を作りますので、施術後は10日~2週間ほど待ってみてくださいね。また、抜けない毛を作らないために普段から保湿ケアをすることが大切。肌の保水量を高めて、毛が抜けやすい柔らかい角質を作ってください。
効果が実感できない場合は、エステスタッフと相談の上、脱毛機器の出力レベルを上げていくことも一案です。