脱毛は何回したら効果が出る?クリニックとエステでも差はあるの ?

2018.05.24
Pocket

なぜ1回のお手入れで毛がすべてなくならないの ?

クリニックでの医療レーザー脱毛も、サロンでの光脱毛も、1回施術を受けたからといって、すべての毛がなくなるわけではありません。
レーザー脱毛も光脱毛も、メラニン色素に反応する特質を持った光線を用いて毛が生える能力を衰えさせます。脱毛したい部位に照射することによって、黒い毛根に光線が反応して熱を発し、その熱エネルギーによって毛乳頭を破壊するのです。毛乳頭といえば、毛を作る毛母細胞に酸素や栄養分を送る重要な役割を担う器官。その毛乳頭がダメージを受けると、毛母細胞が正常に機能しなくなって、毛が生えてこなくなるという訳です。

毛には成長の周期があり、成長期・退行期・休止期を繰り返しています。
そのうちレーザーや光の脱毛効果が発揮できるのは、通常は成長期の毛のみ。成長期にある毛は体毛全体のうち約20%なので、1回の照射によってアプローチできる毛は、多くても1/5のみということになります。
脱毛完了までに、照射のお手入れを繰り返し行わなければならないのはそのためです。

どうしても即効性にこだわるのであれば、毛根ごと抜き取ってしまうブラジリアンワックスという解決策もありますが、持続性がないので、ツルツルの肌をキープしたいのであれば半永久的にお手入れを続けなければなりません。
レーザー脱毛や光脱毛は即効性こそありませんが、照射を繰り返し行ってひとたび脱毛が完了してしまえば、再発毛する可能性が極めて低いので、ムダ毛に悩む人にとっては最良の解決策といえるでしょう。

脱毛効果が実感できるまでの回数に差があるのはなぜ ?

一度照射のお手入れを受けると、レーザー脱毛の場合は1~2週間後に、光脱毛の場合は約2~3週間後に毛が自然に抜け始めます。そして自己処理がほとんど不要になるほど毛が薄くなったと実感できるまでには、レーザー脱毛では2~4回、光脱毛では5~6回のお手入れ回数を要します。
脱毛完了までに必要な総回数は、毛質や部位によっても異なり、個人差もありますが、レーザー脱毛が5~8回で光脱毛が12~15回が目安です。
つまりクリニックで受けられる脱毛のお手入れのほうが効果を実感しやすく、短期間で脱毛が完了することになります。

レーザー脱毛と光脱毛とのの間に効果の差が生じるのは、レーザーと光の出力の強さの違いが原因です。
レーザーは光線の出力が強い分、高い脱毛効果が得られます。レーザーを照射するとき、部位によってはゴムでパチンと弾いたような刺激を感じることがあります。皮膚への負担も比較的大きくなってしまうので、レーザー脱毛機器を扱って施術を担当することができるのは、医療資格保持者に限られています。

一方光脱毛は光線の出力が弱い分、脱毛効果も緩やかですが、皮膚への負担が少なく痛みもほとんどありません。一度の照射で広範囲をケアすることができるので、1回当たりの施術がスピーディーだというメリットもあります。施術の担当者にも、特定の資格の取得が義務付けられているわけではありません。

脱毛効果が実感できる回数ももちろんですが、レーザー脱毛と光脱毛のそれぞれのメリットとデメリットを比較してから、お手入れ先を選ぶようにするといいでしょう。

どうすれば脱毛の効果を実感しやすくなるの ?

レーザー脱毛、光脱毛、いずれの方法でも、毛の成長期にタイミングを合わせることによってより高い効果を得ることができますが、さらに3つの点に気を付けることによって、お手入れの効果を最大限に引き出すことが可能になります。

保湿

乾燥した肌はバリア機能が低下しているので、お手入れ前に肌の潤いが不足していると診断されてしまうと、レーザーや光の出力を下げてお手入れが行われることも。
しっかり保湿ケアをしておくと、脱毛後の赤みやヒリヒリ感などの肌トラブルを予防でき、さらに照射をした毛穴から毛が抜けやすくなるので、より高い効果が実感できるはずです。

紫外線対策

日焼けした肌は、レーザーや光が発生させる熱を吸収しやすくなるので、やけどや炎症のリスクが高まります。この場合も、出力の低いレーザーや光を照射するお手入れで、高い効果が得られなくなるかもしれません。
また脱毛のお手入れを受けている肌はデリケートでシミやソバカスができやすい状態になっているので、紫外線を浴びないように心掛けましょう。

間違った自己処理をストップ

レーザーや光は毛がない状態では反応しないので、無理やり毛を抜いてしまうと、お手入れの施しようがなくなってしまいます。毛穴に細菌が入ってしまうリスクも高まるので毛抜きはNG。またカミソリで剃ってしまうと肌をバリアする角質層までもが傷ついてしまい乾燥が進行しやすくなるので、こちらもNGです。
お手入れ前に自分でシェービングをしなければならない時は、電気シェーバーを使用するのがおすすめです。