脱毛中にカミソリでムダ毛処理してはダメだった!その理由とは?

2018.08.03
Pocket

脱毛サロンやクリニックに通い始めたとしても、1度や2度施術を受けただけではムダ毛を完全になくすことはできません。しばらくすると新しいムダ毛が生えてきてしまうため、気になってカミソリなどで自己処理を行う方も少なくないと思います。

しかし、誤った自己処理を行ってしまうと、脱毛効果を十分に得られないほか、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。ここで脱毛中のNGな行動を知り、正しい自己処理のしかたを学んでいきましょう。

やってはいけない自己処理方法とは?

脱毛サロンやクリニックで光脱毛やレーザー脱毛などの施術を受けている場合、やってはいけない自己処理の方法がいくつかあります。

まず、普段のムダ毛処理で一番多く使用されていると考えられるカミソリでの自己処理は避けた方がいいといえます。カミソリを使用するメリットとしては価格が安く気軽に手に入るため、気になった時にすぐムダ毛処理ができるという点が挙げられます。処理したい部分にシェービングフォームなどを塗り、カミソリを滑らせるだけでムダ毛処理ができるという手軽な点も、利用者が多い理由の一つではないかと考えられます。

しかし、カミソリを使用して自己処理を行うと、肌を傷つけてしまう恐れがあります。特に、毛の生えている向きに逆らってカミソリを滑らせる逆剃りは肌を傷つけるリスクが高まり、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が大いにあります。
多くの脱毛サロンやクリニックでは、肌トラブルが起きている状態の部位では施術を断られることがあります。そのため、脱毛期間中のカミソリを使用した自己処理は避けた方が賢明といえるでしょう。また、脱毛期間中でなくてもカミソリを使用して自己処理を行うと、色素沈着などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。肌の負担になってしまうため、できるだけ行わないことをおすすめします。

正しい自己処理の方法は?

では、脱毛期間中にムダ毛が気になってしまう場合はどうしたらいいのでしょうか?

おすすめできる唯一の方法は、電気シェーバーを使用したムダ毛処理方法です。この方法は多くの脱毛サロンやクリニックでもおすすめされています。実際に脱毛処理を受けに行った場合も、電気シェーバーを使用するよう指示されるのではないかと思われます。

電気シェーバーを使用してムダ毛処理を行う場合、肌への負担は最小限に抑えることができます。そのため、電気シェーバーは最も肌に優しい自己処理方法といえます。電気シェーバーにはフェイス用、ボディ用やデリケートゾーン用など様々な用途に合わせて商品が展開されています。価格も手ごろなため、一つ持っておいて損はないと考えられます。

脱毛を行う前の自己処理方法

多くの脱毛サロンやクリニックでは、施術の前にある程度ムダ毛を処理 していく必要があります。
例えば、メラニン色素に反応する光を照射して施術を行うフラッシュ脱毛では、ムダ毛が伸びた状態では毛根まで光が届かず、完全に脱毛処理を行うことが難しくなってしまいます。また、黒い部分全てに反応して照射されるため広範囲に光が当たってしまい、皮膚のただれ、赤みややけどなどの肌トラブルの原因となる可能性があります。こういったトラブルを避けるためにも、施術前の自己処理は重要となります。

自己処理のタイミングとしては、施術当日は避け、その前日や2~3日前に行うことがベストといえます。施術の直前に自己処理を行ってしまうと、埋もれ毛などを引き起こしてしまい脱毛効果が十分に得られなくなってしまう恐れがあります。
また、カミソリ負けなどの肌トラブルを起こしてしまうとサロンやクリニックで施術を断られてしまう可能性もあります。そのため、肌トラブルが落ち着くまでの期間を開けることができる2~3日前の自己処理をおすすめします。

次に、自己処理するべき範囲ですが、ワキ脱毛やすねの脱毛など部位単位での脱毛の場合は、その部位全てを自己処理する必要があります。
しかし、全身脱毛などで自分の手の届かない場所はどうしたらいいのでしょうか?これはサロンやクリニックにもよりますが、手の届く範囲は全て処理していく必要があります。万が一、剃り忘れてしまった場合には施術時間が伸びてしまったり、シェービング代を請求されたりすることがあります。または、施術そのものを断られてしまう可能性もあります。

手の届かない場所のシェービングへの対応はサロンやクリニックによって異なるため、事前に下調べをしておく必要があるでしょう。

まとめ

カミソリを使用した自己処理方法には、様々なデメリットがあるということを理解していただけたかと思います。
これらのリスクを知ったうえで、それでも気になるという場合は自己処理を行っても構いません。しかし、効率的につるつるすべすべでムダ毛のない肌を手に入れるためには、正しい自己処理方法を知ったうえで行うことをおすすめします。