脱毛効果のもちがいいのはサロン脱毛と医療脱毛どっち?

2018.11.13
Pocket

ツルツルすべすべの美しい肌を維持していくうえで、常に頭を悩ませるムダ毛の存在。
「剃ってはまた生えて…」を繰り返す自己処理に嫌気が差して、「脱毛したい!」と考えている方も多いことでしょう。

しかし、脱毛できる場所を考えた時、エステサロンなどで行う「サロン脱毛」とクリニックなどの医療機関で行う「医療脱毛」と、どちらで脱毛した方がいいのか迷ってしまいます。
そこで、「サロン脱毛」と「医療脱毛」のそれぞれの特徴、価格や期間、脱毛効果のもちなどの違いをご紹介します!

エステサロンなどで行う「サロン脱毛」の特徴

広告などでよく見かける「サロン脱毛」では、医療機関で使用できる脱毛機器(強力なレーザー機器)を使用できません。
そのためサロン脱毛では、主にIPL、SSC方式などの光脱毛という脱毛方式で脱毛します。

サロン脱毛のメリットとしては、医療脱毛のレーザーよりも照射パワーが弱いので、痛みが少なく、肌にあまり負担がかからないことです。
また、お得なキャンペーンや通い放題など、独自のコースを設けているサロンが多いので、気軽に脱毛できることもサロン脱毛のメリットといえるでしょう。

反対にデメリットとしては、脱毛効果を実感するまでに時間がかかるので、通う回数が多くなってしまうことです。

「光脱毛」という脱毛方式

サロン脱毛で行う光脱毛は、光を広範囲に照射して毛乳頭の周りのメラニン色素(黒い色)に反応させることで、毛乳頭にダメージを与えて除毛・減毛していきます。
医療レーザー脱毛のように、毛の幹細胞を破壊することはありません。

しかし、先ほど述べたように光脱毛は黒い色に反応するため、日焼けをした肌に照射するとやけどの恐れがあるため、脱毛できない場合があります。

また、毛が生え変わるサイクル毛周期や、毛と毛乳頭が結びついている成長期の毛に対して行わないと脱毛効果が期待できません。
毛周期には個人差があり、身体の部位によっても異なりますが、脱毛効果を上げるために毛周期に合わせて2~3カ月程度は期間を置いて、再び光を照射する必要があります。

このように、時間をかけて何回も光を照射することによって、徐々に毛を減らしていきます。

クリニックなどで行う「医療脱毛」の特徴

クリニックなどの医療機関で行う医療脱毛は、医師の診察があり、有資格者が施術を行うという点が大きな特徴です。
医師が常駐しているので、何かトラブルが発生しても医師による適切な処置をすぐに行ってもらえますので、この安心感が大きなメリットといえるでしょう。

エステサロンなどでは使用できない強力なレーザー脱毛機器を使用するため、脱毛効果が高い分、サロン脱毛に比べて価格が高めなことがデメリットです。
しかし、サロン脱毛よりも少ない施術回数で脱毛を完了できる場合が多いので、長い目で見てみると、サロン脱毛よりも安くすむ場合もあります。

サロン脱毛と医療脱毛のどちらがいいかはトータル的に考えて、検討するのがいいでしょう。

「レーザー脱毛」という脱毛方式

レーザー脱毛は、皮膚や毛髪に含まれるメラニン色素(黒い色)にレーザーを照射して、毛の幹細胞を破壊することで、半永久的な脱毛を可能にします。
脱毛効果が高いので痛みを伴うこともありますが、クリニックによっては麻酔を処方してくれるところもありますので、痛みが我慢できない場合は相談してみましょう。

また、サロン脱毛と同様に日焼けの肌に照射するとやけどの恐れがあるので、脱毛できない場合があります。

レーザー脱毛も光脱毛と同様に、毛周期の成長期にある毛に対してレーザーを照射していきます。
照射パワーが強いので施術回数は少なくすみ、早く脱毛を終わらせることができますが、それだけ肌への負担も大きく、赤みややけどなどの副作用が出る場合もありますので注意しましょう。

脱毛効果のもちは?「永久脱毛」って可能なの?

大前提として、永久脱毛(半永久脱毛)は医療機関でしか行えないという事実があります。
しかし、医療脱毛で行うレーザー脱毛でも、完全に毛が生えてこないという保証はありません。

そしてサロン脱毛で行えるのは、あくまでも「減毛」です。
光脱毛の減毛であっても、何回も照射することによって脱毛効果を持続することが可能です。

サロン脱毛と医療脱毛のどちらを選んだとしても、中途半端な状態で脱毛を完了してしまうと、しばらくした後にムダ毛が再生する可能性も高いので注意しましょう。

脱毛する部位によっても効果が違う

脱毛方式に関係なく、体には脱毛効果が出やすい部位と出にくい部位が存在します。
一般的に、毛が濃くて太いワキやVIOラインなどの部位は、効果が出やすい部位といえるでしょう。

逆に、色素が薄くて毛が細い顔の産毛などは、光やレーザー照射で反応しづらいため、効果が見えづらい部位といえます。
そのため、部位に合わせてコースやプラン、脱毛方式を変えて、サロンやクリニックをかけ持ちする方も存在しています。

まとめ

体質や部位によっても異なりますが、一般的に脱毛効果が高くて目に見えてわかりやすいのは、「医療脱毛」といえます。
しかし「サロン脱毛」でも時間をかけて行えば、ムダ毛の自己処理をほぼしなくても問題ない程度の脱毛効果を得ることが可能です。

最近では、サロン脱毛と医療脱毛のメリットを合わせたような、新しい脱毛方式を採用しているサロンも存在します。
自分自身の体質やライフスタイルに合わせて、サロンやクリニックを選ぶといいでしょう。