脱毛後に採血や献血、注射するのは問題ない?

2018.10.26
Pocket

脇やスネなどに生えてくるムダ毛。
今までは、カミソリやシェーバーで処理するのが一般的でした。
しかし近年では脱毛サロンが増え、テレビやネットなどのメディアに頻繁に取り上げられるようになったことで、脱毛サロンで脱毛する人も多くなっています。

そこで気になるのが、脱毛サロンで脱毛した後に採血や献血、注射を行うのは問題ないのかという点です。
現在、「定期的に採血をしている」「できるだけ献血に協力している」という人にとってはとても重要な問題です。

そこで、こちらでは脱毛後に献血や採血、注射をしても平気なのかなどを紹介します。

脱毛後に献血や採血、注射は可能!しかし注意点も・・

一般的に、脱毛サロンではレーザーを照射して脱毛を行います。
そのため「脱毛後、照射したレーザーが血管に影響を与えるのでは?」と心配になる人もいるでしょう。

ですが、脱毛サロンの照射するレーザーは表皮にある毛の部分のみ影響を与えます。
そのため、それより深部にある血管や臓器には影響はないので、脱毛後に献血や採血、注射などを行っても特に問題はありません 。

腕脱毛や全身脱毛をした後は献血や採血、注射を控えよう

このように脱毛後に献血や採血、注射をするのは可能ですが「腕脱毛」や「腕を含む全身脱毛」を実施した後は気をつけなければなりません。
なぜなら脱毛した後はレーザーの熱により肌が乾燥し、表皮がとてもデリケートな状態になっているため肌トラブルが起こりやすいからです。

採血は、腕の皮膚に針を刺して血を採取するので刺激となりますし、特に献血になると血圧測定による圧迫や検査採血などを実施するため、皮膚に大きな負担がかかってしまいます。
そのため、肌の炎症やかぶれを引き起こしやすいのです。

よって「腕脱毛」や「腕を含む全身脱毛」をした後は、注射はもちろん採血や献血は避けた方がいいでしょう。
ただし腕以外の部位の脱毛なら大丈夫です 。

腕脱毛や全身脱毛の前も献血や採血、注射は避けて!

腕脱毛や全身脱毛の後は採血や献血、注射は避けた方がいいということは分かりましたが、脱毛前はどうなのでしょう。
一見、脱毛前なら肌の状態も正常ですし、特に問題無いのではと考える人もいるかもしれません。

ですが、脱毛前も採血や献血、注射は控えることをおすすめします。

なぜなら採血や献血、注射をすると腕に注射跡が残ります。
脱毛サロンのレーザーは毛の黒い部分に反応するのですが、注射跡が黒くなっていると、これにレーザーが反応してしまう可能性があるのです。
それにより、火傷や炎症を引き起こすリスクがあります。

そのため、脱毛サロンでは「注射の前後○日以内は施術NG」としているところが多くあります。
せっかく毎日忙しい中やっとの思いで予約をしたのにもかかわらず、直前に注射をしたことで脱毛を受けられなくなったら時間やお金がもったいないです。

ですから、しっかりと施術をするためにも、腕や全身の脱毛施術をする前も注射などは控えておくことが大切です 。

腕脱毛や全身脱毛をする時は前後1週間空けよう!

では「腕脱毛や全身脱毛の前後はどれくらい控えればいいの?」とお考えの人もいるでしょう。

基本的に、脱毛前後の採血や献血、注射などのNG期間は脱毛サロンによって異なります。
前日がNGの場合もあれば、前後4日がNG のところもあります。

ですが、体への影響や皮膚の負担などを考えると、前後1週間 くらいは空けた方がいいでしょう。
そうすれば安全に脱毛することができます。

腕や全身をセルフ脱毛した後も採血や献血、注射は避けよう!

続いて、自分で腕や腕を含む全身を脱毛した後は、注射などをしても大丈夫なのでしょうか?
セルフ脱毛はサロン脱毛より肌を傷つける可能性が高くなりますので、肌トラブルを防ぐためにセルフ脱毛の直後は注射などを避けた方が無難です。

主にセルフ脱毛を行う時はカミソリやシェーバーを使うことが多く、それにより肌へダメージが与えられます。
そのため肌がかなりデリケートな状態となっており、少しの刺激で肌荒れや炎症を引き起こしてしまう可能性もあります。

ですから、腕や腕を含む全身を脱毛した後は1日から2日 程度肌の様子を見て大丈夫なことを確認してから採血や献血、注射を行うといいでしょう。

まとめ

近年では、脱毛サロンがメディアなどで頻繁に取り上げられ大人気となっています。
その中で脱毛前後の採血や献血、注射などは体にとって悪い影響を及ぼす可能性があるため避けた方がいいでしょう。
だいたい、脱毛前後の1週間程度は控えた方が安全です。

また、セルフ脱毛をした後も採血や献血、注射を避けた方がいいです。
カミソリやシェーバーを使用した場合でも肌へのダメージがあり、肌が敏感になっているので、何らかの刺激があると肌トラブルになる可能性があります。
1日から2日くらい肌の様子を見て特に問題が無いかきちんと確認してからにしましょう。

サロンによっては脱毛前後の献血などのNG期間が記載されていない場合もありますので、
通っているサロンのホームページに書かれていないのであれば、事前に施術スタッフに相談することをおすすめします。