脱毛後に毛を抜くのはNG!その理由を解説!

2018.06.12
Pocket

サロンやクリニックで脱毛を受けても、すぐに毛が抜け落ちるわけではありません。毛が抜けずに見える部分に毛が生えていると、嫌でも目に付いて抜きたくなってしまう、そんな経験をしたことがある方も多いでしょう。
しかし、脱毛後に毛を抜いてしまうと、思わぬデメリットが起こる可能性があるのです。
そこで、脱毛を受けたあとに、毛が生えてくる理由と抜いてはいけない理由について見ていきましょう。

脱毛で毛が抜ける仕組みを知ろう

毛のメラニン色素に反応するフラッシュやレーザーを照射し、発生した熱が毛に吸収されます。その熱が毛根の周辺へと広がることで、次第に毛母細胞を破壊され、自然に毛が抜け落ちていきます。
そのため、フラッシュやレーザーを照射してから毛が抜けるまで、およそ1~2週間程度の時間が必要になるのです。

脱毛後に毛を抜いてはいけない4つの理由

脱毛後の肌と毛穴はとてもデリケートな状態で、毛を抜いてしまうとさまざまなトラブルを引き起こします。そこで、毛を抜くことがいけない理由とは、一体どのようなことなのでしょうか?

・脱毛の効果がなくなる

光やレーザーを照射したあと、毛母細胞が破壊されることにより通常であれば1~2週間ほどするとポロポロと毛が抜けていきます。
しかし、抜け落ちる前に自分で抜いてしまうと、毛母細胞が破壊さずに、脱毛の効果が減ってしまうのです。

・脱毛を受けられなくなる

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、毛根から毛が生えている状態でなければ照射しても脱毛効果が得られません。つまり、毛抜きで抜いてしまうと毛根が残っていない状態になり、脱毛の施術を受けられなくなってしまうのです。
サロンやクリニックの施術前の自己処理で、「毛を剃る」ことが決められているのもこのためです。

・脱毛の期間が延びることも

脱毛後に抜け落ちない毛を抜いてしまうと、毛周期のサイクルが崩れてしまいます。つまり、成長期のタイミングが不揃いになり、「効果がでる毛とでない毛」ができることで、脱毛の期間が延長される可能性が高くなります。

・色素沈着 や肌荒れをする恐れがある

毛根や毛母細胞にレーザーを照射するときに、毛穴や肌にも刺激が加わっている状態です。無理やり毛を抜いてしまうと、その刺激が原因で色素沈着や、細菌による肌荒れを引き起こす可能性があります。

脱毛しても毛が抜けないのはナゼ?

脱毛後の毛が抜けるときはすべての毛が一度に抜けるわけではなく、条件によっては抜けない毛ができることがあります。抜けない毛がなぜ起こるのかを知っていると、抜くことなく冷静に対処できるでしょう。

・細い毛や産毛は脱毛効果が出にくい

フラッシュ脱毛の場合、出力が弱く設定しているため、色素が薄い細い毛や産毛に照射しても効果が出にくいことがあります。ただし、現在は産毛にも対応できる、新たなフラッシュ脱毛も登場しています。
同じくレーザー脱毛も出力が高いため、メラニン色素が少ない産毛などの細い毛は、効果が出にくいと思われがちです。しかし、産毛にも脱毛効果が期待できる種類のレーザーもあり、自己処理が難しい背中や二の腕には、レーザー脱毛がおすすめといえます。

・出力が弱く設定されている

フラッシュ脱毛は光の出力が弱く痛みが少ないため、痛みに弱い方にはおすすめの脱毛方法といえます。しかし、出力が弱すぎても脱毛の効果が得られず、すぐに毛が生えてきてしまうのです。
フラッシュ脱毛を行うサロンでは、申し出があれば出力の強さを変更してくれることが一般的です。普段と同じペースで毛が生えてくる場合は、出力の調節をしてもらうようにしましょう。

・毛周期のタイミング

毛が抜けてから生えるまでのサイクルを毛周期といい、脱毛はその中の毛が生えている「成長期」にする必要があります。しかし、成長期の毛は全体の2~3割といわれており、施術をしたときに成長期ではない毛もたくさんあるのです。
また 、成長期の毛を見極めることは不可能に近いため、脱毛を受けたあとに毛が生えることは珍しいことではありません。

・3週間以上抜けないなら施術ミスの可能性あり

部位や毛周期などの条件によって差はありますが、通常であれば2週間ほどすると毛が抜けていくものです。
もしも3週間を経過しても毛が抜けないようなら、サロン側の施術ミスの可能性が考えられます。この場合はフラッシュやレーザーの照射もれ、またはフラッシュの出力が弱すぎて脱毛効果が出ていないという2つの原因のどちらかであることが多いです。
おかしいなと思ったら、サロン側に確認してみることをおすすめします

脱毛後の自己処理は電気シェーバーで剃る
抜けるまでの2週間の間に、どうしてもその毛をなくしたいという場合は、肌への刺激が少ない電気シェーバーで剃るようにしましょう。脱毛後の毛穴や肌は敏感な状態なので、できるだけ刺激を与えない方法がベストです。

まとめ

脱毛を受けるためには、事前処理をして予約をしてサロンに出向く必要があり、その労力が終わるまで続きます。1回1回の施術の効果を無駄にしないためにも、アフターケアを正しくすることがとても重要です。
決して毛は抜かずに抜けるまで我慢する、もしくは電気シェーバーで刺激を与えないように剃ることを厳守しましょう。