脱毛後の日焼けはなぜ危険!?理由と対策を徹底解説!

2018.12.23
Pocket

サロンやクリニックで脱毛を受けると、「日焼けはしないように」と言われたことが必ずあるでしょう。脱毛後の肌は普段よりも敏感な状態なので、日焼けの原因となる紫外線を浴びるとさまざまな悪影響を及ぼすためです。
今回は、脱毛後の日焼けで起こるリスクと、効果的な日焼け対策法を解説していきます。

脱毛後の肌が日焼けNGの理由

光やレーザーを照射すると、毛根などの毛が生える組織に熱でダメージを与えます。脱毛効果にとって重要な働きをする熱が、肌の水分を奪ってカラカラに乾燥してしまうのです。その状態の肌で紫外線を浴びて日焼けをしてしまった場合、次のようなトラブルが起こる原因になります。

火傷や炎症を起こす

毛根や毛乳頭などに与えた熱は、すぐに消えずに肌の奥で蓄積することが脱毛効果に繫がります。つまり、脱毛後の肌は熱を持った状態なので、紫外線を浴びると施術した部分が炎症や火傷を起こしてしまうのです。

また、肌のバリア機能も低下するため、毛穴が炎症を起こして赤くニキビのようになる、毛囊炎(もうのうえん)を起こす原因にもなります。シミや色素沈着の原因にもなり得るので、脱毛中は常に紫外線対策が必要です。

脱毛効果が得られなくなる

紫外線を浴びて日焼けした肌が黒くなるのは、過剰に発生したメラニン色素によるものです。メラニン色素は肌を紫外線から守るための、自己防衛という役割を持ちます。

しかし、肌が日焼けしてしまうと、本来は毛に集中するべき光やレーザーが、肌に発生したメラニン色素にも反応するのです。それによって痛みが強く出ることや、施術による火傷を起こすリスクが高まります。
それらのリスクを避けるには、光やレーザーの出力を落とさざるを得なくなるので、適切な脱毛効果が得られなくなるのです。

脱毛後の効果的な日焼け防止対策4選

脱毛を受けている間は、春や夏などの季節は関係なく、日焼けしないように対策することが大切です。そこで、効果的な日焼け防止対策である、次の4つの方法を実践しましょう。

外出時は日焼け止め必須

紫外線が強い春から夏はもちろん、冬場も日差しがきついこともあります。特に、顔や手などの露出する部位を施術している場合、1年を通して日焼け止めを使用しましょう。

脱毛後に適した日焼け止めは、低刺激で簡単に落とせるタイプがおすすめです。また、夏向きの日焼け止めは紫外線カット効果が高い反面、なかなか落ちにくいというデメリットがあります。できるなら洗顔ですぐに落とせて、なおかつSFPとPAの数値が高いものなら安心です。

帽子や日傘などを利用する

脱毛サロンへの行き帰りは、日焼け止めと併用して、帽子や日傘を差して行くとさらに効果的でしょう。

また、紫外線は目から吸収するので、サングラスをかけることも紫外線対策として有効です。サングラスを選ぶ際は、「紫外線透過率(紫外線カット率)」の数字が高いものがおすすめです。紫外線カット効果が高いと価格も高くなりますが、1年中使えるので購入しても損はないでしょう。
また、秋や冬に日傘を差すのは気が引ける場合でも、サングラスならファッションアイテムに変身するので一石二鳥といえます。

日中の外出は避ける

脱毛の施術が終わったら、なるべく紫外線を浴びないために直帰することも紫外線対策になります。施術後の肌はしばらく熱を持っているので、当日だけでなく、数日は日中の外出をなるべく避けましょう。
11時~正午過ぎの時間帯は紫外線が最も強いので、日が傾く夕方に出かける方が安心です。

脱毛後に日焼けした場合のケア方法

目に見えない紫外線だからこそ、ケアをしているつもりでも、「うっかり日焼け」してしまうこともあるでしょう。もしも脱毛後に日焼けしてしまった場合、次のケア方法をすると肌トラブルを防ぐことができます。

日焼けした部分を冷やす

日焼けした肌を冷やすことで、火傷になるリスクを下げることが可能です。

しかし、注意すべき点は、保冷剤などで冷やし過ぎないことです。施術後は熱が毛根に蓄積することで脱毛効果を高めているのですが、冷やし過ぎてしまうと脱毛効果が薄れてしまいます。

日焼けを冷やす際は、清潔な濡れタオルを肌に軽く乗せる程度に留めることが大切です。それでも日焼けが収まらない場合は、すみやかにサロンやクリニックに相談しましょう。

しっかり保湿をする

脱毛後の肌がさらに日焼けをすると、肌のバリア機能が正常に働かなくなり、乾燥が悪化するのです。バリア機能は肌に水分をしっかり与えて保湿すると、肌本来のバリア機能を取り戻すことができます。

保湿をする際は日焼け止めと同様に、低刺激のものが最適です。普段顔に使っているもので十分効果があるので、化粧水と乳液で顔と同じケアを行いましょう。

まとめ

脱毛後に日焼けをするリスクと日焼け防止対策について、お分かりいただけましたか?
脱毛後の肌は熱を持っており、とても乾燥していると意識することが大切です。
保湿や紫外線対策も習慣化できるので、さまざまな肌トラブルを未然に防ぐことができます。また、脱毛効果も低減してしまうので、脱毛後のケアはしっかりと行いましょう。