脱毛施術がくすぐったくて我慢できない!そんなときの対処法とは?

2018.10.03
Pocket

くすぐったさの感度は個人差が大きく、エステやマッサージでもくすぐったくて我慢できない人も少なくありません。
同様に、脱毛サロンやクリニックで脱毛を受ける場合にも、スタッフに肌を触られたときやレーザーや光照射時などにくすぐったさを強く感じる人も多いのです。

そこで、脱毛時にくすぐったさを感じやすい部位や、場面、具体的な対処法について紹介していきます。

くすぐったさを感じやすい部位

最近は全身脱毛を希望する人も増えていますが、部位によってくすぐったさを感じる度合いが変わってきます。
特にくすぐったさを感じやすい部位について、知っておくと役立つでしょう。

ワキ

ワキは脱毛部位のランキングで常に上位に入る箇所であり、脱毛経験者も大勢います。
よく、ふざけて誰かをくすぐるときにワキをくすぐることが多いですが、それはワキの下に神経が集中していて、くすぐったさを感じやすいからです。

お腹や背中

全体的にムダ毛が多い部分ではありませんが、へそ周りに濃い毛が生えることがありますし、全体的に産毛が生えています。

脱毛サロンやクリニックで主に使われているレーザーや光は黒い物に反応し、濃い毛を処理するときは痛みを感じやすくなりますが、細くて薄い産毛の施術をしているときは、痛みよりもくすぐったい感覚のほうが出やすくなります。

太もも

太ももも、脱毛の人気部位のひとつです。
あまり人に触られることが少ないため、くすぐったさを感じやすくなっています。

くすぐったいと感じる処理

脱毛サロンやクリニックで施術時に行う処理によっては、くすぐったさを強く感じることがあります。

シェービング

光やレーザー脱毛を受けるときは、照射する部分を事前にシェービングする必要があります。

脱毛を受ける前には事前の自己処理が必要ですが、剃り残しがあるなど十分処理できていない場合は、スタッフが電動シェーバーなどを使って処理をしてくれる場合があります。
スタッフに肌を触られているときや、電動シェーバーが当たるときにくすぐったいと感じることがあります。

光やレーザーを照射するとき

光やレーザーが毛根にあるメラニン色素に反応して熱を与えることにより、ムダ毛を処理します。

太く、濃い毛が生える部分などは出力も強くなりますので、若干の痛みを伴うことが多いのですが、産毛のような薄い毛の時は出力も弱くなります。
そのため、痛みというよりもくすぐったい感覚が強くなってしまうのです。

我慢できない時はどうすればいい?くすぐったいときの対処法

せっかく脱毛をしてもらっているのに、くすぐったくて我慢できなくなると脱毛処理がスムーズに進まなくなってしまいます。

そこで、くすぐったくなったときの対処法について紹介していきます。

事前にしっかり処理すること

脱毛サロンによっては脱毛前のシェービングを義務づけており、適切に処理していないときは、罰金もしくはその日の脱毛ができないと決められています。

シェービング時にくすぐったさを感じやすい場合は、事前に自己処理をしっかりと行うようにしましょう。
シェービングをしっかりと行っておくと、シェービング時のくすぐったさを回避できますし、施術時間の短縮にもつながります。

スタッフに伝えておく

脱毛サロンやクリニックのスタッフに、くすぐったさに弱い体質であることを事前に伝ええておくことも手段のひとつです。

脱毛サロンやクリニックのスタッフは、今までにもさまざまなタイプのお客様を脱毛してきた経験がありますので、適切な対処法を理解しているはずです。
くすぐったさに弱いことを伝えておけば、体に触れる時に注意してくれたり、触れる回数を減らしたりといった、対応を取ってもらえるでしょう。

リラックスできるようにする

くすぐったいと思うと体が緊張してしまったり、焦ったりしてしまうため、余計にくすぐったさを強く感じるようになってしまいます。
そんなときは、リラックスすることで、くすぐったさを少しは緩和できるようになるでしょう。

リラックスするためには施術中に深呼吸してみる、スタッフの人と雑談するといった方法が考えられます。

また、脱毛サロンやクリニックによっては、音楽を流す、照明を工夫するなどして、リラックスしやすい雰囲気を作ってくれているところもあります。

脱毛サロンやクリニックを決める際には、何件か無料カウンセリングなどに行き、リラックスした環境が整っているかどうかを確認してみるといいでしょう。

まとめ

くすぐったさが心配で脱毛を受けるのが不安、という人も少なくありません。
くすぐったさを感じやすい部分や、処理、適切な対処法について理解しておくことで、その不安を解消できるようになります。

また、くすぐったさに弱い体質という以外にも気になる点があった場合には、まずは脱毛サロンやクリニックのスタッフに相談してみることをおすすめします。