蓄熱式脱毛とは?その効果とメリットデメリットを解説!

2018.11.09
Pocket

脱毛方法の中には蓄熱式脱毛というのがありますが、これまでにない脱毛方法として注目を集めています。あまり聞きなれない名前ですが、どんな脱毛なのでしょうか。
ここでは、蓄熱式脱毛の仕組みや効果、これまでの脱毛との違いやメリット、デメリットまで調べてみることにします。

蓄熱式脱毛とは

蓄熱式脱毛はSHR脱毛とも呼ばれ、これまでの脱毛とは違った脱毛法です。そもそも体毛は、バルジ領域と呼ばれる領域内にある毛包幹細胞によって生み出されます。
このメカニズムを逆手に取って脱毛するのが、蓄熱式脱毛です。

育毛の場合はバルジ領域や毛包部を活性化させますが、脱毛は逆にこの部分の活動を抑えます。これが、蓄熱式脱毛の考え方です。

蓄熱式脱毛にはいろんなメリットがありますので、次に見ていきましょう。

痛みが少ない

脱毛サロン・クリニックで行う脱毛には痛みが伴います。
特に医療用レーザーの脱毛はかなり痛みがあり、途中で断念する人もいるほどです。
対して、蓄熱式脱毛は痛みが少ないので、痛みで脱毛をためらっている人におすすめです。

肌にやさしい

脱毛すると肌トラブルが起きやすくなりますが、蓄熱式脱毛なら肌への影響はほとんどありません。そのため、敏感肌の人でも安心して脱毛ができます。
肌が弱いために脱毛をあきらめていた人でも、蓄熱式脱毛なら安心です。

日焼けも脱毛可能

これまで、日焼けした人や色黒の人は、脱毛が難しいとされていました。
しかし、蓄熱式脱毛なら問題なく脱毛できます。しかも、従来の脱毛のように出力を下げる必要もないので脱毛効果も変わらないため、施術期間が長引くこともありません。

施術スピードがアップ

全身脱毛の場合、これまでの脱毛では3時間以上かかることもありましたが、蓄熱式脱毛だと1時間くらいでできるので、施術時間が大幅に短縮されます。
全裸に近い状態で長時間施術を受けるのは、恥ずかしくて嫌だという人でも蓄熱式脱毛なら安心です。

料金が安い

蓄熱式脱毛は施術時間が短くて済むため、その分料金も安くなります。
時間が短く済めば多くの人に利用してもらえるので、さらに料金が下がって利用する人にとっては大きなメリットとなるでしょう。

今後は蓄熱式脱毛が増える

現在、大手の脱毛サロンはほとんど蓄熱式脱毛を導入しています。
そのため、これから新規開業するサロンは、ほとんどが蓄熱式脱毛になるでしょう。

以前から営業している脱毛サロンで蓄熱式脱毛を取り入れても、それほど安くならない場合があります。
それは、蓄熱式脱毛を導入する前からの料金設定があるので、いきなり安くするわけにいかないからです。

その点、新規に開業するサロンなら最初から安くできるので、さらに利用しやすくなります。

蓄熱式脱毛のデメリット

いいことばかりの蓄熱式脱毛ですが、実はデメリットもあります。
それは、蓄熱式脱毛では脱毛効果がわかりにくいことです。特に全体的に薄い毛の人や、産毛が多い人の場合は、なおさらわかりにくい傾向があります。
それは、蓄熱式脱毛がこれまでの脱毛とは仕組みが違うからです。

これまでの脱毛は毛根に作用するものでしたが、蓄熱式脱毛は毛包に作用します。
毛包の働きを抑えても、毛根は生きているので毛に栄養を送り続けます。そのため、ある程度まで毛は普通に伸びていくので、見た目には何も効果がないように見えてしまうのです。しかし、実際には毛包が破壊されているので新しい毛はもう伸びなくなりますが、毛が抜けるまでは見た目はそのままとなります。

脱毛期間が長くなる?

脱毛効果がなかなか現れないと聞かされると、脱毛が終わるまでに時間がかかるのでは、と心配する方もいらっしゃるでしょう。いくら新しい脱毛法でも、脱毛に通う期間が長くなるのでは意味がありません。

しかし、心配はいりません。蓄熱式脱毛では一度に脱毛処理できる範囲が広いので、脱毛が終わるまでに通う回数を減らすことができます。

従来の脱毛との決定的な違い

毛には毛周期があり、従来の脱毛では毛根としっかりつながっている若い毛には効果がありますが、毛が抜けた休止期や毛が毛根と離れた退行期には効果がないのです。
そのため、従来の脱毛は毛周期に左右される脱毛でした。

つまり、脱毛効果があるのは成長期の毛だけなのですが、全体の毛の中で成長期の毛は3割ほどしかありません。これは、脱毛効果は3割しかないということです。
その点、蓄熱式脱毛は成長期と退行期の毛に効果があるので、その分脱毛効果も高くなります。

まとめ

蓄熱式脱毛は、これまでの脱毛と違う新しい脱毛法です。
従来の脱毛は毛根に作用するものでしたが、蓄熱式脱毛は毛包の働きを抑えて脱毛します。

蓄熱式脱毛は従来の医療レーザーのように痛みがなく、肌荒れもしません。さらに、日焼けや色黒の人でも問題なく脱毛できるうえに、施術スピードが速いので料金も安くなり、脱毛期間も短くできるなどメリットの多い脱毛法です。

ただ、最初は脱毛効果がわかりづらいという難点があります。
このように、メリットデメリットをしっかりと考えたうえで、より自分に合った脱毛方法を選んでみてくださいね。